忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相葉さんピンで二度目の登場CUTです。
前回は2007年9月号ということで、テーマもその続きだとか。
関連記事「『CUT』9月号」を参照

『ロード・オブ・ドッグタウン』ってのを私も知らないので、
相葉さんのこと、あんまり笑えないんだよな。
相葉さんがGAPコラボでモデルやるっていうんで、
メンバーにもいじられていたことを覚えています。
(TimeコンのMCか何かで。木の幹に寝そべるポーズを実演)

あの号は個人的にも結構思い出深くて、
ジーンズ一本買い足したいと思っていたからGAPのを買う!
って言って買ったやつは今でも重宝しているし、
あいばCUT登場記念! つって、会社の後輩から貰った
RESTERODSのパンツはアラシゴトのテンションを上げるために、
相変わらず役立っています(見えないおしゃれだいじ)。

あれから二年。相葉さん、意外と老けたよな〜と思ったんですけど、
見返したら前回もロン毛がぼっさぼさ(でも可愛い)で意外と老け顔であった。

上田氏は前々から相葉さんの根っこの部分を探ることに心を砕いていて、
何かきっかけさえ掴めれば核心に迫ろうとする心意気がすごく伝わります。
ひとつ例を挙げるなら、「実は嵐のブレーンは相葉なのでは?」という質問を
したときのことがすごく印象的。(CUT/2007年6月号「嵐の欠席裁判」)
それはないです。って他のメンバーに一蹴されたのだけれども。

だから、テキストの最後の方、「笑っていればいいことがあるかと思って」
の件に辿り着けたのは、結構してやったりだったんじゃないかと。
この発言は相葉さんの定番だけれど、要は寂しい人の言葉なんですよね。
ここから切り崩したい展開でテキストは終わってしまったけれど。
でも、やっぱり相葉さんはネガではなくポジだと思うんだよな。
多分、外野が考えるほどそこに深い意味はないというか。
ただ、そういう発言と相葉さんの持つ寂寥感が、見る側に想像の域を与えてしまうだけで。
それが相葉さんの魅力のひとつだし、沼でもあると思うんですけど、
相葉さんが愛情たっぷりに育て上げられた史実には精神的な保証がある。
上田氏がテキストをそこで括ったのは、その先に特別は不幸はなかったと、
暗に示しているような気がしました。
実際、相葉さんにそういう展開は今後もないと思う。
でも、もし…みたいな変な煽りを残し続けるのが相葉さんの特殊能力なんだぜ。
PR
ついに、「!」が三つ並びました。びっくりしたあの日から早2年。
今年は第二位ということで。おめでとうございます。

この勢いに乗って、うっかり二位飛ばして一位になったりしたら
どうしようと危惧していましたが、順当にいってくれて良かったです。
下手に一位になったら疑わし過ぎてなんか嫌だったので。
ベストジーニスト賞の総投票数自体、年々減少傾向にあるようなので、
もはや喜んでいいんだかよく分からないけれど、
相葉さんはやっぱり実力があると思っているので、素直に嬉しいのです。

私のメモによると、
2007年→2008年→2009年の順に、
相当票数がざっくり数で、140.000→68.000→70.000という流れ。
それに対して相葉さんの票が、3.200→5.900→8.500となっておりますので、
なかなかのいい数字だなと思っています。これが例え組織票でもな。

さあ、来年はいよいよ…!
というわけには、多分いかないので、とりあえず第二位キープでどうだっ。
いいとこ、そんなもんだろう。頑張れ、謙虚に現状維持!

関連記事「ベストジーニスト!」を参照
関連記事「ベストジーニスト!!」を参照
マイガールとエムガールって、何の因果なんでしょうね。
連日、相葉さんエントリをすることも珍しいのですが、
景気が良くて何より。本当に祭りですよね。
そして、エントリするかは別として来週もこの祭り続くんだぜ。
すごいことです。

我が家には「Mgirl」が今日届きました。
蜷川先生が何やら張り切っていらっしゃったようで、
相葉さんをベタ誉めするんだよ。
蜷川実花は嵐に絡むようになって私の中の印象が本当に変わりました。
実年齢とかではなく、感覚的な意味で良く言えば大人の女性。
悪く言えば下世話なおばさんだなと。前回も似たようなことを書いたけれど、
今回はより一層そう感じました。ファンの子たちの期待に答えられるように、
と張り切って下さるのはいいんだけれども、
そういう私情は、見る側にとってはときどき邪魔になったりするので、
心の中で思えばいいんじゃないかなと。
だって、ああこれがツボだと思われてるんだってつい頭に浮かんでしまうのが、
ちょっとシャクじゃないですか。そうじゃなければ素直に見れたかもしれないものを。

ずっと前に、友達が呟いていたことがありました。
「相葉ちゃんの写真集が出たらいいのにね〜」って。
「せっかくあんなにスタイルがいいのにもったいないよ」って言うんです。
嵐としてではなくソロで写真集ってそんなバカな…と笑っていたのですが、
実際、こういう仕事が来るとほとんど写真集が出たようなもんで、
しかも正当なモデル仕事で、バカって言ったおまえがバカだって話です。
相葉さんにこんな仕事、あんな仕事が来たらいいなって考えたこともあったけど、
いつしか、もう何でもいいな。欲は出さないからあの人にとっていい仕事と
思えるものがあれば、それが一番だなと思うようになりました。

そしたら、あっという間にモデルの話もドラマの話もきれいに決まってね。
なんて、前置きはいいとして。せっかくなので、撮られる相葉さんについて。
書いてみようと思います。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2020-021 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 prev 01 next 03