忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
1  2  3  4  5  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうアップするタイミングが今更どころじゃないんですけれど、
せっかく観て来た公演ですし、書きます。
ただ、もうほとんど覚えてないんですよね。細かいところ。
札幌に関してはオーラスの勢いに記憶がほとんど飛びました。
なので、MCメインであとは色々書きこぼしたりしていることを、
この日に限らずメモという形で残そうと思います。

*訂正をしました(7/19)
PR
札幌の余韻になんかちっとも浸らせてくれない勢いで、
嵐の活躍は快進撃を続けるわけですけれども、
待て北京、待て24時間テレビ…私にもう少し時間を下さい!

札幌初日のレポを上げる気ではいるのですが、
オーラスの衝撃が強過ぎて、もうあんまり覚えてないのが正直なところ。
せめてMCくらいは記録に残しておきたいと思いつつ、
先に陶酔気味の思い出記事をひとつ。

このツアーが発表になる前から、今年の夏は遠征をしようと決めていました。
私は「きたえ〜る」という会場の名前が大好きなんですけれども、
嵐がこの会場を使うのは、今年が最後になるかも知れないね〜なんて
悠長な話をしていたら、あっさり札幌ドームに箱替えになってしまって、
あたしの「きたえ〜る」が…!
なんて行ったこともない会場に想いを馳せていました。
それがほんの4ヶ月ほど前の話です。
たったその程度前には「嵐がアリーナクラスの会場でコンサートをやる」という感覚が、
まだデフォルトとして自分の中に存在していたんだと思うと、
あの頃が懐かし過ぎてたまりません。そこに疑いの余地なんてなかったのだから。
いや、ちょっとはあったか。

かろうじて、本当にかろうじてだけれども、
ドームに比べたら断然小さい規模の嵐コンを経験したときのことを思い返すと、
当たり前のように嵐が近くにいたんだなと思わざるを得ないのが正直なところ。
去年の夏、まだまだ経験出来るはずだった横浜アリーナ公演が、
東京ドームに変更になったとき、愕然とした自分がいたことも事実です。
それまでに何度も小さい会場で嵐と一緒に楽しい時間を過ごして来た人たちが、
寂しい思いをしたこと、やるせない思いを抱えたこと。
何か、嵐ファンの間に儚い夢が散ったような空気が流れたこともよく覚えています。

だから五大ドームとかいって、早くドームに慣れちゃいなよ!
みたいなこのツアーを受け入れていいのか?
という疑問はなきにしもあらずではあるものの、
じゃあ、実際にどうだったの? と自分に問えば、
そりゃあもう、超x2楽しかったよーー!!!!
っていうのは、公演が終わる度に大興奮でエントリしていた記事からも
伝わっただろうと思います。

いや、いいんですよ嵐はドームでも。
嵐コンがドームになることを誰が気にしているって、
今やそれはファンではなくむしろ嵐本人たちだったりするのだし。
嵐は本当に凄かったと思います。ドームもモノにする勢いが、半端なく。
初めてのドーム公演のときに「だって、ドームだよ?」なんて、
いつまでもモジモジしていたあの五人は何だったのかと思うくらい。

冒頭になんでアリーナクラスの話を書いたかって、
嵐がドームを完全制覇していたことを目の当たりにして、
あれがちょっと前までアリーナクラスでやっていたアーティストだなんて、
信じられないなって言いたかっただけです。
それを思い出して、改めてびっくりしてしまったというか。
本当にちょっと前の話なんですよね、嵐が小さい会場でやっていたというのはね。
しつこい言いまわしですけれど、本当に凄いなって思える公演でした。
でも、それを実現させたのは本人たちの力量もさることながら、
ファンの人たちの勢いと想いだったんだろうなと素直に思えます。
嵐ファンって本当に熱いなと、私が入ったどの会場でも同じように感じました。
札幌オーラス、私の席の並びに「ドームでも伝わるよ」ってうちわに書いた人が
いたという話を伺いましたが、つまりはそういうことなんでしょう。

私が見つけた嵐ファンの楽しいメッセージを紹介します。
帰りの新千歳空港で。ちょうど七夕だったんで。






書いた人、勝手に載せちゃってごめんなさい。
たまたまご本人さんがここ見てるなんて偶然があったら仰って下さいね。

それで、だからつまりはそういうことなんでしょう。
というのは、こういうことなんだと思います。




最後に、今回は本当にたくさんの方々に助けて頂きました。
ここでお礼を言わせて下さい。
ちょっと内輪ですが、すみません。

思わぬ名古屋初日のチケットを声をかけて下さった人。
まさか名古屋二日目も!チケットを譲って下さった人。
大混雑の名古屋ドームで人の波を掻き分けて会って下さった人。
頑張ったけど、残念ながら会えなかった人。
名古屋の夜を共に過ごした人。
にのあい好きだからという理由で激戦の東京初日を誘って下さった人。
絶対に入れないと思ってた奇跡の東京二日目に連れて行って下さった人。
私の誕生日に素敵なメッセージをくれた人。
東京公演前の貴重な時間を割いて会ってくれた人。
札幌公演のチケットを丁寧に受け取ってくれた人。
札幌は…もうお世話になり過ぎて書ききれないくらいだ!!
本当に本当にありがとうございました。
おかげさまで泣けるくらい思い出のいっぱい詰まったツアーになりました。

それと、誰よりもメッセージをちゃんと読んでくれた松本さん。
目の前に来ると一番テンションが上がる最高に愛しい翔くん。
8連うちわでピースかよ…と呆れながらもピースしてくれたニノ。
予想通り、ピースを乱れ打ちしてくれたキャプテン。
お得意の満面くしゃくしゃ笑顔で手を振ってくれた相葉さん。
最っ高だぜ!!

あと、たくさんコメントを下さっているみなさん。ありがとうございます。
ここまで溜めてしまったらせっかくなのでゆっくりお返事させて頂きます。
もしまだコメント頂けるようならそこはご遠慮なく。

ああ、もう陶酔気味の記事はここまでにしよう。
こういう記事も振り返れば悪くないかも知れない。
ARASHI Dream A Live お疲れ様でした!いえい!!
とりあえず、記憶が鮮明な方から順に。
まだ書きこぼしている部分もあるけれど、こんなもんでしょうか。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-121 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 11 next 01