忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
1  2  3  4  5  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

auと嵐の契約が終わったのだそうです。

最初に聞いたときは寂しくていやだったのだけれども、
落ち着いて考えてみたら、感謝の言葉しかありません。

去年の年間CMランキングみたいなので嵐が五人とも上位に入っていて、
えらい世の中だわい、などと思って眺めていましたが、
CM嵐旋風の先駆けは間違いなくauだったと思うのです。

嵐がauのイメージキャラクターに決まったとき、本当に嬉しかった。
今振り返って考えてみても、あのときの嵐は未熟だったと思います。
もちろん、嵐の人たちもファンもいつだって嵐が大好きだったけれど、
世間的な認知度でいったらまだまだこれからといったところ。
今でこそ嵐の人気に乗っかる企業媒体は多いけれど、
2008年1月の時点でauが嵐にしたことは、乗っかるというよりも援護射撃に近かった。
4月からの冠番組スタートが決まっていて追い風ではあったけれど、
その先行投資は英断。嵐に懸けてくれたという印象が強かったのです。

最初の頃はシーズンが変わるたびに契約更新されないんじゃないかと
心配したこともありました。
何にしてもそうだけれど企業が広告を打つというのはシビアなことだし、
実際、嵐がどれだけauに貢献出来たかといったらそれほどでもないんじゃないかな。
確実にニーズがある商品だからこそ、携帯を売るって難しいことですよね。

それが丸4年続いたんだって。
すごくないですか、ねえ。

初めて渋谷の駅前に大きな看板がお目見えしたときのこと。
ニノがマリモもとい、まんまるなauの庭にちょこんと座ったポスター。
嬉しくてずっと眺めていました。
それまでに嵐の大きな看板を見たことがなかったわけではないけれど、
渋谷のあの場所は特別だと思っていたし、それが毎回嵐で更新されるんですよ。
感動したんだよなあ。

個人的に特筆すべきはドキドキしながらauに乗り替えたことです。
特別キャリアにこだわりもなかったものの、
好きなタレントがイメージキャラクターになっただけであっさり替えてよいものか。
バカじゃないの。ああでも、溢れ出るパッションを抑えきれない…!
完全なる茶番でしたけどね。俊巡することさえ楽しかったの。

最近、スマートフォンに買い替えたのですが、
最初に買ったW61Pはトイレに落としたり、ぶち壊したりしながらも、
保証で安く新品に替えてもらいながら3年半使いました。
キャプテンが最初に宣伝担当した機種。 大好きでした。
関連記事「au落ちしました」を参照

それから、たくさんのタイアップ曲がリリースされましたね。
そのどれもが愛される嵐楽曲としてファンの心に残りました。
初期シリーズから比べるとCMを作る人たちも嵐の特質をよく探ってくれて、
面白い作品をたくさん見せて頂きました。本当にたくさん。
ギネスに挑戦一日60タイトル!とか言い出したときは、
本当にバカかと思ったけれど、良い思い出です。

私は2009年冬シリーズが一番好きだったです。
白バックの中で五人はしゃぐやつ。シンプルなのに魅力的で格好よかった。
メーキングが特に好きでね。想い出話をし出すとキリがないんですけどね。

山手線の車内で嵐広告に囲まれるドキドキ感。
仕事帰りのふとしたときに嵐の人たちが携帯持ってこっちを見ていたり。
ドラマでもないのに、嵐五人が東横線ホームをジャックする壮観。
KDDIデザイニングスタジオの外壁が初めて嵐になったときの感動。
毎月集めたパンフレット。
なんと智さんの着メロが配信されたこと。
にのあいが渋谷の駅前にでかでかと掲げられたこと。
地方へ行っても変わらない嵐祭り。

今は慣れてしまった街中の当たり前の風景を、
auと一緒にひとつひとつ喜んで来たんですね。
本当に楽しかったです。

来週のMusic Lovers にもうあの人たちは流れないのだなあ。

4年間、お疲れ様でした。
auスタッフの皆さん、嵐を育ててくださってありがとう。


*2008.1.28〜2012.1.15
PR
別々のタイミングで複数の人に、私がフラゲしていることに驚かれました。
「ネットで買っても、ちゃんとフラゲ出来るんだね!」って。
支払いさえ完了してればちゃんとフラゲは出来ます。
むしろ、どんなに遅く帰ってもポストに放り込まれてるから大丈夫。
代引きにすると、持ち帰られちゃって不在票が差し込まれるんですよ(私信)。

もう俄然気になって仕方ないのは、二宮さんの靴下なんだけれども、
そこには多く触れないことにするとして。
あの人たちが前乗りまでして葉山へ向かった理由は、ただ歩くだけだったのか…!
なんかもっとこう、はしゃぐのかと勝手に妄想していた自分が痛い。
でも、あえて言おうじゃないですか。もうっ、葉山を無駄遣いしてー。
浜辺にだって降りたことは分かっているんだい。
いっそスタジオレコ収録風をずっとぐるぐるしていてくれても良かったです。

嵐の過去映像でも、レコ風景というのはちょいちょい出て来ますが、
今回のは本物じゃないにしても、録音マイクの前で歌うというシチュエーションが
とても好きです。歌うときにそれぞれの癖が出るので。
しきりに手を前へやる翔くんとほとんど動かないキャプテンの対比など。
当然、真似をして楽しいのは翔くんです。最近特に私の中で流行っています。

うたばんのときにすっかり書き忘れていたのですが、
キャプテンソロのときに、松本さんがハモリ役なんですね!
私のツボは断然そこです。「Re(mark)ble」でもそうだったけれど、
松本さんがああいう地味だけどすごく大事な仕事をするのっていい。
私、最近こそそうでもないけれど、以前からずっとキャプテンファンの
人たちに囲まれて育った子なので、カラオケでキャプテンファン的に
おいしいフレーズはまず人に譲る習慣があるんです。
そもそも、相葉さんとキャプテンのユニゾンって実は少なくて、
相葉さんが歌ったら次のフレーズはキャプテンっていう流れも多い。
うまく出来てる、私的に。
だから、この曲に関しては率先して松本さんの係になります。
ハモリたい。絶対にハモリたい。マスターしますから。

会報でバカコンビも言ってたけれど、この曲は大サビがあって良かった。
あのメロがないと、なかなか地味な曲でしたからね。
メンバーも一番体が動いて何より。キャプテンはやっぱり動かないけれど。
相葉と笑い合うんじゃなかったのか。
前回のうたばん(明日の記憶)のとき、
嵐&芸人コラボが実は楽し過ぎて仕方なかったのだけれど、
どうしても自分の文章力ではその気持ちを表現し切れない。
何を書いてもダメだ…と若干凹み、結局何も書けなかったのでした。
ただ、今まで観たうたばんトークで一番面白かったと言いたい。
せっかく二回目が来た今、その一言だけは残しておきたい。
前回、尋常じゃない数のチャプターを打ったもの。
こんな短いスパンで調子こくかと懸念した二回目も、
やっぱり面白かったので満足です。負け負け〜。

但し、二回目を観て最近もやもやしていたことが自分の中で
明確なもやもやになったことがあります。
嵐ちゃん然り、TBSはなしてあんなに翔さんを陥れるので?
今、世間で翔さんはどんだけ堅いイメージなんですか。
翔さんのダメ晒しって、そんなに推せますか。
ファンはいい加減、軌道修正した方がいいんじゃないかって
思っているようなところもあるんですけれど、まだいきますか。
翔さんが周知のダメキャラに昇格して早…二年?
もういい加減、新鮮味も薄れていると感じるのは気のせいでしょうか。
それでも一定水準のクオリティを保っているのはさすがだと思うけれども。
ダメな翔さんは大好きだけれど、あんなに追い打ちで推されると気が引けます。
翔さんの皮をそんなにむいてどうする気だ。
日テレは多分、そろそろ違う路線で攻めて来るんじゃないかしら。
まさかの二宮落としとか。あそこならきっとやれる。
それが正しい攻め方なのかどうかは別として。

ちなみに、「Everything」に振りが付いててちょっと嬉しいです。
わーい。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09