忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
1  2  3  4  5  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相葉さんのプロフィールのところに、
嵐のレギュラーと志村どうぶつ園!の出演情報しかなかった時期、
というのは、わりと長い。
けれどソロで長期のレギュラーを持っているということは、
考えればすごいことで、それは他のメンバーにはなかったもので、
だから相葉さんは長年嵐のバラエティ担当だった。
深夜番組で見せる相葉さんの神がかった破壊力が、
どうぶつ園で培われたものかといえば、ちがうと思うのだけれど。

その一見さみしいようですごいような感じでもある、
ふわっとしたプロフィールを、相葉さんがどう思っていたのか、
知る由もないけれど、ずっと興味深いことだった。

いつだったか、相葉さんが「もうひとつバラエティを持ちたい」
と言っていると教えてくれたのは翔くん。
あれは衝撃だった。相葉さんにそんな野望があっただなんて。
そんなら是非持たせてやりたいよ、ねえ!と思ったあの日から、
多分、5年くらいは経ったのだろう。
今年、実に朗らかに「相葉マナブ」が始まった。
一世一代の優遇番組に見える。

私は相葉さんがバラエティに向いていると思ったことはなくて、
それを先日、大野担の相方にぼやいた。
「バラエティやらせるなら大野さんのほうがずっといいと思うんだよね」
そう私が言うと、
「大野さんはだめだよやる気がないもの。相葉さんにはやる気がある」
と相方はさらりと答えた。

やる気。

相葉さんはバラエティがやりたい。相葉さんはロケが大好き。
願えば叶うなんてことは言わないけれど、
あの人は才能よりもやる気でいまあの場所にいる。
センスはないけれど長年コツコツとやってきた努力が実り始めている。


ということだけ書いて、31歳のお祝いの言葉にしようと思っていたのですが、
ついに相葉さんの初主演映画が決まってしまいました、ね。
しかも犬童一心監督だってよ。すげえじゃねえか!!

主演映画の仕事もいつかは肩書きのためにやらされるんだろうと覚悟はしていましたが、
まあ恵まれたことです(一世一代の優遇まだあったね!)。

「黄色い涙」のとき、犬童監督が一番興味なかったのって相葉さんだと
ずっと思っていたんですよね。だからファンとして文句を言うとかじゃなくて、
実際、あの頃の相葉さんが役者として面白みがあったかと言えば絶対にない。
じゃあ、今はどうかと考えて、犬童監督の感覚で相葉雅紀がどうか。
うーん、微妙なんじゃないか? なんかさ、相葉さんて文学的な解釈がないもの。
私が勝手に想像する犬童監督の気持ち。
でもとにかくきれいに撮って頂けるんだろうなあと期待しています。
なんだかファンタスティックでかわいい映画になりそうだしな。

とか言いつつ、私は今朝からずっと「涙の流れ星」レコーディング風景を思い出し、
深夜の不機嫌で眠たそうな犬童監督と、演奏を絶っっ対に間違えられない緊迫の相葉、
の図を思い出しています。

アコギの弦がカタいなんて泣き言はもう言いません。
成長した姿を見せてやればいいのです。
来年の映画完成を楽しみにしています。

これからの相葉さんがますます輝いていけますように。
31歳のお誕生日と、初主演映画決定、おめでとうございます。
PR
では、参ります。

去年は投票期間が終わってからのエントリだったのですが、
今年はいち早く決めて皆様にご報告する!
と意気込んで3日くらいで決めたはずなのに、
エントリ書くの遅い! 意味ない!

去年の私はちょっとイカれたテンションで長文を書き殴っておりました。
アラフェスへの必死さがよく伝わります。
関連記事はこちら「アラフェス2012開催&リクエスト投票!」
まあでも、今年もまた結構な長文ですけれどね。


第一回アラフェスを経て思うところは追々書くつもりであるものの、
とにかく自分の推し曲は極めて不利だったことが結果としてよく分かりました。
ということだけ、前提としてまず書いておきます。

だから今年は報告を急ごうと思ったのでした。
不利なのであれば、味方を増やすしかない!!
いや、味方が作れると本気で思っているわけではないです。
でも、このへんの曲なら結局何が入っても嬉しいんだよなーっていう、
アラウンド感てあると思うんですけれど、そういうアラウンド仲間が、
たまたまこれを読んで、迷ってたしじゃあ、みたいなことになったら
儲けものだな! というエントリです。儲けものエントリです(2回目)。


さて。長いけどたたみませんよ。

去年のリクエスト受付方法がJohnny's webであったことは、
結果的に間口が広過ぎるんじゃねえかと常々思っておりました。
Johnny's netのほうでFC会員ログインして投票出来たらファンの純度も高いし、
いろんなデータベースを引っ張ってこれるのだろうし、
嵐の人たちがどういう方向性でセットリストを考えるにしても、
便利なのではないかなと思っていたのだけれど、変更はありませんでした。
私はそういう投書をファミリークラブ様に送ることを怠ったし、
送ったらそれが反映されるわけではないけれど、やっぱり送っていないから、
つまりそういう改善がされなかったことはこの際受け入れよう。むー。

でも、嵐側も思うところがあったらしく、
シングル、アルバム、カップリング部門から各3曲→各10曲に増え、
ソロ部門まで設立されましたね。計35曲も!選べる!わあ!

今年の諸情報としてはまず、
松本さんがパリとロンドンへ勉強に行ったそうですね。
それがコンサートのどのような部分に活きるのかはよく分かりません。
だいたい、去年の相葉大野松本ニューヨーク遠足の成果はどこに出たのだ。
別にいいけど。

あと、ジュニアの子たちが付くかどうか今年は情報は出ていない(ですよね?)。
だから去年のようにソロのバックにメンバーが付くか定かではありません。
去年あれだけウケたし、どうせソロはまたみんなでやるんでしょ?
というちょっと強引な想定を含めて、リクエストを考えることに。

そして、今年最大の特徴はポイント制の導入!
1位=10pt~10位=1pt という数字設定が付いております。
10曲選ぶのだって大変なのに順位を付けろだなんて、嵐のオニ!
とあらぶることなかれ。これはある意味チャンスかも知れません。

例えば、1番好きだけどわりと人気がありそうだと判断したAという曲と、
5番目くらいに好きなんだけど明らかに人気が低そうなBという曲があったとします。
そしたら、あえてBを第1位(10pt)にして、Aを第5位(5pt)くらいに下げておく。
という、自分の1番好きな曲=第1位の考え方ではない投票をすることで、
結果的にAもBも両方上位に食い込ませることが出来る!(かもよ!)

Rumyさん、素直に好きな曲に並べときゃいいじゃないすか?
などと突っ込まれそうですが、あたしゃー必死なんだす。

ちょこざいな作戦だと分かっていても、
バカ正直に勝負したってどうせ負けるんだ!
え? リクエストは勝ち負けじゃない? 知ってる! でも負けない!
というテンションでもって、ない脳みそフル活用して考え抜くわけです。
顔を真っ赤にして、頭を沸騰させながらリクエスト投票することこそ、
アラフェスの醍醐味じゃないですか! ね!

リクエストが始まって早々、相方とファミレスで会議をしました。
会議といっても戦略会議ではなく、私が迷いに迷って半ベソをかきそうになったときに
すかさず支えてもらう会議、つまりお守り会議。相方、ありがとう。

まずは去年と同じように、アルバムから好きな曲を洗い出す作業。
見て、メモ。




「『野性を知りたい』なんて誰が入れると思う?」
早速相方に突っ込まれる。
「てか、ファーストはやめときな無駄だって」
手厳しい。なんて残酷な相方なんだ。
私がファーストアルバムが一番好きだって知ってるくせに!
「だって捨て駒はイヤなんでしょう?」
斜線を引く。シャー。私だって素直なんである。

その後、ライブ映像を再生することである程度満足出来ると思う曲は除外しました。
例えば、いざなうのジャングルメドレーとか、「RIGHT BACK TO YOU」とか。
この曲踊ってくれるなら入れるのに〜とかいうのもこの際ナシ!

それと、自分が過去にコンサートで経験した曲は除外する傾向にあります。
まず、TimeはあのDVDでほぼ完璧! ドリアラはアルバムとして好きだし、
映像化されてないので入れたいところですが、意外と記憶が鮮明だったりして。
やってくれたら嬉しいんですけどね。他の皆様に託すことにしました。
最近のアルバム3作もかなり好きなんですよ。でも、やっぱり記憶に新しいし、
DVDがあれだけきちんとリリースしているとどうしても除外の傾向に。

懐古厨じゃないです! 決して懐古厨じゃないんです!
でも、私のリクエストを見たらそう思われても仕方ないだろう。

あの曲をいつかコンサートで聴いてみたい。
そう思うのはどんなファン歴の人でも一緒だと思うのですが、
だから、私は私なりにファンになった頃からの夢があるのです。
ただ、それだけなんです。

ということで、Rumyのアラフェス2013リクエスト曲はこちら!


<アルバム編>
01.身長差のない恋人
02.Walking in the rain
03.ランナウェイ・トレイン
04.The Bubble
05.いま愛を語ろう
06.テ・アゲロ
07.どんな言葉で
08.Raise Your Hands
09.ROMANCE
10.途中下車

<シングル編>
01.HORIZON
02.We can make it !
03.PIKA☆NCHI
04.曇りのち、快晴
05.MONSTER
06.時代
07.きっと大丈夫
08.A・RA・SHI
09.言葉より大切なもの
10.SUNRISE日本

<カップリング編>
01.二人の記念日
02.NA! NA! NA!
03.春風スニーカー
04.コイゴコロ
05.恋はブレッキー
06.揺らせ、今を
07.OK! ALL RIGHT!いい恋をしよう
08.僕が僕のすべて
09.ever
10.wanna be...

<ソロ曲編>
いつかのSummer
Naked
秘密
Take me faraway
夢でいいから


アルバム曲を中心に、コメントいたします。

01.身長差のない恋人
02.Walking in the rain

まずこの2曲を比較しますとね、両方大好きなんですけれど、
「身長差のない恋人」のほうが人気が低いと予想しているんです。
「Walking in the rain」は「Walking in the rain」担てのが存在する。
知っている範囲に少なくとも3人はいます。「Walking in the rain」担。
ですが、言うても現在の嵐ファン全体の傾向で考えると、
間違いなくどちらも人気ない! ので、高ptを付けざるを得ないのです。
この2曲が1番目と2番目に好きだから推す! のとは違います。
ただ、このどちらがかかっても泣きます。大号泣です。
特に「Walking in the rain」はイントロなしのど頭サビがかかった瞬間、
頭が真っ白になること山の如しです。
「身長差のない恋人」はあのぐーぱーの振りがやりたい。何度でも言うけど。

03.ランナウェイ・トレイン

で、私がこの夏イチオシなのがこの曲になります。
希望としては序盤のまだ明るいうちにやって頂きたい。
冒頭から国立の空に翔くんのハッハッハッがこだまする様子を想像してください。
堪らないでしょう? 堪らないでしょう? ぎゅううううってなるでしょう??
ちなみに、この曲の逸話としてプレゼンしておきますと、
「ランナウェイ・トレイン」はヌーノ・ベッテンコートという名ギタリストが
レコーディングに参加していますが、光栄でニノが大変喜んだというエピソードあり。
生バンド的にもすごく合う。気持ちいい楽曲。ニノも嬉しい。
推しであると共に、でもこの曲ちゃんと思い出してもらえれば、
結構支持を得るほうの曲だと思っているので、安定の3位でドン。

04.The Bubble

これは相当迷いました。入れることは決めていたものの、
何位にすればいいのか見当が付かなかったから。
要するに、大野担にこの曲がどの程度支持されているのか予想が付かなかった。
相方(大野担)に問うてみても、曖昧な返事ばかり。
大野担には、踊り担、歌声担、顔担、手担、性格担、あるいはフレディ担と、
趣向を挙げ始めたらキリがなく、それぞれバラけるだろうとの予想。
しかも、歌声担に絞り込んだとして「The Bubble」しかない! ってわけでもない。
深い! 深いよおかあさん!! ということで、不安が表れた結果の4位。
ちなみに、「The Bubble」は How'sコンでも幻の曲だったんですよね。
こんな山々しい楽曲、このまま葬り去ってしまうのは、
もったいないおばけもびっくりだよ!

05.いま愛を語ろう

去年もリクエストしました。大好きな曲。
ただ、これは結構地味だし必ずしもコンサートでやらなくてもいいと言われれば、
反論出来ず。なので、推したいけど推しきれずの5位ってところでしょうか。
でもこれバラード系でありつつも、ラップがかなり効いている、
類希な楽曲ですよ。夜空の下で奏でたらさぞ気持ちがよかろうと思います。

06.テ・アゲロ

まあ、セクシーセニョリータ諦めきれず。ということで。
テ・アゲロはここでやっておかないともう日の目を見ることがないだろう。
本当はDVDの映像で満足出来ているんですが、野外ディスコしたいなあ!!
という叫びと共に6位。あと「テ・アゲロ」担も密かに多いと期待して。

07.どんな言葉で

この曲も大野さんに歌わせるならどれにするシリーズですよね。
そのシリーズの中で、私は「The Bubble」と「どんな言葉で」を選んだわけです。
アウトロのワケノワケノワケを生で聴きたい!!
どーしてもワケノワケノワケ! 鮮烈ゾーン!! したい!!!

08.Raise Your Hands

これは無理だろう、と思っています。ただ、捨て駒とも思っていない。
今年はなぜかARASHICから全然絞れなくて。最後まで唸ってました。
メモを見て頂くと分かるのですが、ARASHICからは、
先程書いた「ランナウェイ・トレイン」とこの曲以外に、
「Ready To Fly」「キャラメル・ソング」「超2ありがとう」を選んでいて、
気付いたらほとんどが事実上のソロ曲でわあ!つって。
じゃあ、3曲とも仲良くさよならだなっていう思考で切りました。
超2ありがとうも翔くんの曲中笑い声担としては心残りだったのですが、
笑い声的には「ランナウェイ・トレイン」に託せばいいじゃないということで。
ただ、「Raise Your Hands」は結構振りが多くてコン的にも楽しいのと、
みぎのっほう!ひだりのほうっ!をやりたくてやりたくて。

09.ROMANCE

Oneは「夏の名前」が一番好きなのですが、一昨年?叶ったので、
今回は「Overture」を思い出しつつ悩みました。
けれど「Overture」はさすがに捨て駒かなと思い、すぐに諦めて
「ROMANCE」に絞るのはラクだったのですが、
万が一「Overture」やったら神ね。発狂ものね。やるならオープニングね。
「ROMANCE」は本当に爽やかで夏空にぴったりの良曲。
嵐の人たちもこの路線ひとつ入れたいんじゃないかと勝手に。

10.途中下車

もしかしたら、入るかも知れないけどどうだろう、の1曲。
「ROMANCE」同様、嵐の人たち好みの選ばれやすい曲だと思いつつ、
「ROMANCE」よりは強いだろうという予想の10位。
まあ、9位と10位に入れるのはコン的にはちょっと弱めだけど、
良曲ですよねーというアピールするポジションですよねということで。


ちなみに、私がアルバム曲で一番好きなのは「JAM」です。
でも、いざなうオープニング映像があまりに完璧なので、
あえて入れません! という話は去年させて頂きましてそれは今年も同様です。
ただ、今年はなんとなく「JAM」が入りそうな予感がするのですよね。
それはそれでもちろん万歳です!

相葉さんの「ONLY LOVE」は去年同様、相葉担の皆様に託します。
あの人、ウラアラマニアのシークレットトークで、
いつもセットリストからこぼれる話を「ONLY LOVE」でしてましたけど、
いつもこぼれる件の曲は「Hey Hey Lovin' You」のほうね。
しかもまんまのオレフェスに入れて中途半端に叶えやがってよう。
なので、流れ的に「ONLY LOVE」も今年は強いんじゃないかと予想しております。

カップリングは1位に冬の曲入れてごめんなさい。
「二人の記念日」by 翔潤(しつこい)
これは捨て駒と言われようとやっぱり入れないと諦め切れなかったです。
でも、Timeのうらあらしのときに歌ったのも夏だったしと思い出して。
今年強いのは「コイゴコロ」ですよね。
これは大野さんのおかげでまさかのブレイク。

ソロ曲はまあこんなものでしょう。
私のベストオブソロ曲である秘密が去年「Gimmick Game」に流されたことは、
この際なかったことにしてさしあげようじゃないか。アラフェスが2回あってよかった。
みんな!「秘密」はニノと一緒に踊ってなんぼだよ! 今から振り練だよ!
国立で7万人秘密祭りだー!(大野調)
大野ソロはわりとどれでも良かったのですが(Rain担はおなかいっぱい)、
「Take me faraway」はDVDに残ったのが国立バージョンだったという理由から。
あの振りはちょっと簡易版で大野さんがあまり踊らない。
ドームでやってた完全版がすげえ踊ってたわけでもないですが。
ちなみに、相葉ソロは「いつかのSummer」にしてみましたが、
一番好きなのは「楽園」です。でもここはどうしたって「いつかのSummer」になるわな。
国立でヒューヒューコールでい!!(大野調)


いっぱい書いてみました。
去年も書きましたが、結局はみんな好きな曲を入れるんです。
でも、時々は他人の意見に惑わされたりして、それがまた楽しい。
冒頭に味方を増やすとか書きましたが、本当に味方なんて増やせると思っていません。
だいたい新しいファンの人たちがもうなんだかよく分からないレベルで
たーくさんいて、Johnny's webで誰でも投票出来る仕組みなわけですから、
私が投票したような曲はきっと塵のような存在です。
この曲今年は来るかもなんて予感もただの気のせいです。

でも、このエントリを読んでやっぱり他人の意見聞くのも面白いなあとか、
ああ、こういう曲に入れる人がいるんだなあとか思って頂けたら嬉しいです。
そしてうっかりRumyに影響されたりしたら儲けもの(3回目)。

締め切りまであと約10日。
国立の空にあなたの大好きな曲が鳴り響きますように。

お疲れ様でした!!!


追伸:シングル新曲はリクエストしなくても、アラフェスあるいは、
次のツアーで嵐側が勝手にセットリストに入れてくるに1まっぱかぴ。
今更ですがあけましてとか、旧正月ですねとか、早いものでとか、
体よく切り出すセリフを見繕おうとしたこともありました。
しかし時はすでに7月。もはや何を言っても回収し切れません。

半年ぶりです!ご無沙汰しております!
ブログを辞めようだなんて一度も考えたことありません!!

またアラフェスの季節が巡って参りましたね。
いよいよ書かずにはいられません。
いろいろ思うところを、少しずつ更新していきたいと思います。

近況としましては、昨日3度目となったワクワク学校に入学してきました。
日曜の一部だったのですが、残念ながら松本さんの夢は見られませんでした。

翔くんに「卒業したけどまた来ちゃった人!?」と聞かれて手を挙げる段では、
隣にいた相方と「まるで落第したみたいだ」と言って笑いました。
今年も大切な相方と隣同士で入学することが出来まして本当にありがたいことです。
誰よりも真剣にノートを取り、誰よりも真面目に取り組んだつもりです。
私の座っていた列の端っこの人たちがはしゃぎ過ぎてがんがん椅子を揺らすのなんて、
ちっとも気にならないほどにね。なんつって授業中はゆ・ら・さ・な・い!
溜まってしまった3年分のレポートもいずれこちらに残せればと思っています。

と言いつつ、今日はとにかくアラフェスの選曲に浮かれきっておりました。
アラフェスについてはこの一年かけて自分の中で消化すべき課題がたくさんあって、
それらもぶちまけつつ、真摯に夏が巡るのを待ちたいと、そんな風に思います。

ぼちぼちお付き合いくださいませ。
付き合ってくださるお客様がいると良いのですが。
いや、ひとりででも喋るけどね。

取り急ぎ。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 08 next 10