忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
907  904  903  902  901  900  898  899  897  896  895 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もう三話だ! はやい!

土曜日の夜が出かけていることが多くて、
なかなかリアルタイムで観ることが出来なくて悔しいです。
土曜のアイバちゃんとやらも全然お祭り参加出来なくて。

ええと、何から書きましょう。
とりあえず、三週間くらい前の私が一生懸命書いたテキストが、
誰にも読まれずに泣いているので、アップしたいと思います。
観る前と観たあとと、感想が変わっていないのです。
以下、三週間くらい前の私です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

三毛猫シリーズをやると決まったとき、
相葉さん本人もすかさず本屋へ原作を買いに走ったとのことですが、
なんだ主役もヲタもまずやることは変わらないんだなと思いながら、
わたくしものろのろと只今二作目の途中を読んでいます(その後読み終わった)。
一作目の「推理」を読み終わるくらいがキャスト発表のスポットが流れる頃で、
三毛猫シリーズに関してちっとも知識のなかった私でも、
少しは概要を掴むことが出来ていたので、
テレビの前でわくわくしながらスポットを待っていました。
相葉さん演じる片山刑事のキャラクターを把握してみて思ったことは、
キャスティングした人が本当にすげえなあということです。
相葉さんが片山くんを演じている姿が手に取るように分かるのです。
なんなら私はあのドラマをすでに見終わった、くらいの気持ちになりました。
読めば読むほど、相葉さんにぴったりの役だと思っています。
雰囲気だけじゃなくて、演技のさじ加減(技術)的にもしっくりくる。

キャスティングとは、狙いが成功してこそセンスがあると言うべき
なのかも知れませんが、私はファンとして相葉さんに冒険を求めないし、
最近話題の原作ならいざ知らず、わざわざ赤川次郎の小説を持ち出して
相葉雅紀を拾うなんて、なんだかおしゃれな人だなあとさえ思っています。

片山兄弟は揃って英国風の衣装を着る設定だそうですが、
あの、いわゆる「背広」と呼びたくなるような野暮ったいジャケットを
相葉さんに着せることも含めて、見通していたのだろう。
最近のドラマは衣装に力を入れる傾向があるのですね。

片山くんは女性恐怖症という設定だと聞いて、
最初は女の子と絡みないのかつまんなーい、と思っていたのですが、
本人の事情は棚に置いて、原作の片山くんはやたらと女の子に好かれるのですね。
「推理」ですと、ヒロインの雪子ちゃんとチュッチュチュッチュばっかりで、
なんだよ全然女性恐怖症じゃないじゃないかいいぞもっとやれ!
と思ったところでぼんやり彷彿するものがあります。
そう「忘れられない人」のアダム。また肩すかしですねわかります。

まあ、チッスはないにしても、何気にモテるという設定はなかなか興味深いので、
毎回ヒロインがゲスト的に変わって、やれ片山くんを追いかけ回してくれると
いいなあというのが、私の理想展開です。
メインキャストが片山家の人々に寄ったのでいい流れだと思っているのですが。

妹の晴美ちゃんは可愛い女優さんで何よりです。
まさかの藤木直人さんが兄ヒロシという、これはオリジナルキャラなんですね。
ちょっと意外な展開でしたが、何やら楽しく頑張っていらっしゃるとのことで、
安心力も高く素晴らしいことです。

関ジャニ∞の大倉くん扮する石津刑事も出てくるということなので、
二作目の続きも読む甲斐があって楽しいです。
そうそう、石坂浩二さんも出るのね。すごいよね。すごいよね。

あ、マツコのこと忘れてた。
最初はマツコの扱いがちっとも解らなくて動揺しましたが、
マツコはきっと全体のスパイスになるのでしょう。

ついでに、たまたまキオスクで脚本担当の大宮エリーさんのエッセイを
見つけてしまって、読んでみたらすげえ面白くて一気に好感度が上がりました。
まあ、自伝で好感度が下がるわけもないのでがそれはさておき。
なんかね、私の友達にエリーさんに似ている人がいて、もはや他人に思えません。
この人が相葉さんを中心としたキャストの人たちを輝かせるために
尽力するのだと思うと、なんだかぐっとくるのですよ。

やっぱり、このドラマは万歳だなー。
私の致すところは初回を楽しみに待つのみです。

レッツ、ニャー。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

はい。そういうことです。
結果的に、雪子役はまさかのベッキーでチッスなんか有り得なかったけれど、
雪子は犯人なんかじゃないと言うときの片山くんはなかなかの名演技でした。
設定も期待した通り片山家軸で、なんかすげえ楽しそうだし、
マツコは相当なスパイスをかましているし。

わたくしとしましては、もうこれ以上書くことがない順風満帆ぶりなのです。
いや、本当に。普通に面白いドラマだと思って観ています。
もーしかしたらさ、今までに比べたら少しはLOVEもあるかもね。

したらば、今夜もレッツ、ニャー。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ 第五話六話
Rumyさん、おはようございます。お久しぶりです。

「三毛猫ホームズ」はかつてまだ若かったうちのパパの通勤電車での愛読書でした。なつかしいなと、本棚から変色してしまったけどデザインは変わっていない文庫本を取り出しました。

LOVE来ましたねえ。まさかのキスシーンまで。3秒はキスに入らないらしいですが、吉瀬さんが相手役でよかったです。

おしゃれして出かけた片山くんの紺色のチェックの洋服がとても似合っていて、相葉さんさすがです!
オレンジジュース飲んでたり、ぽつんと待ってたり、帰って玄関でホームズを抱き上げたり、ネクタイ緩めたり、最後マツコに叱られて怯えた顔したり、ここまでのシーンが好きです。

Rumyさんの記事大好きです。いまさらですがご無沙汰していたので。
buko 2012/05/24(Thu)09:57:01 編集
・ Re:第五話六話/Rumy→bukoさん
bukoさん、こんばんは。

今年のワクワク学校に大阪公演があると知ってちょうどbukoさんのことを思い出していたんです。本当に。元気かなあって。だからコメント頂けて嬉しいです。よかったー。

そうそう、三毛猫ホームズシリーズって昔からあの表紙の絵柄のままですよね。私も自分の本棚から昔読んだ古くなった三毛猫本を、懐かしいなあとか言いながら取り出してみたかった!

片山くんさ、お洒落したときのジャケットと普段着ジャケットあんまり変わらないですよね。どっちも素敵だもんね。bukoさんの指摘した一連の流れ、私も大好きでした!チッスもね。ようやっと見れましたね。3秒ルールでなかったことにされちゃうようなやつでも大きな一歩です。

いつもありがとうございます。変わらず読みに来てくださる方がいると思うと本当に嬉しいです。
2012/05/28 19:05
・  第三話
こんばんは。 私は三話からのってきました。 ストーリー的には金田一やコナンを息子たちと散々観てきたので 新鮮さはないけれど…ゴメン… 何か三人兄弟の立ち位置が絶妙になってきました。 土9は外せない…その昔未満都市…KinKi主演…を観ていた嵐世代の息子が言ってました。 私はその土9を相葉くんが通ってくれた事が嬉しいなあ… 何か個人的な思い入れでごめんなさい。
さゆり 2012/04/30(Mon)17:57:24 編集
・ Re: 第三話/Rumy→さゆりさん
さゆりさん、こんばんは。

しまった、私は一話と二話のほうが好きだったんですよね。騎士道でしたっけ。なんかね、推理に間延び感があって飽きてしまって。

土9ってジャニーズ枠的な風潮のある時間帯ですよね。私は特に思い入れはないですが、相葉さんのステップ的にはきれいなレールを敷いて頂いた感じです。次にどこに当てはめてもらえるのか、もしくはもうないのかがみものだなあ。
2012/05/09 19:19
・ 意外でした
Rumyさん お久しぶりです。安心のクオリティ…私はちょっと退屈?!しております(泣)相葉さんの優しさ、話し方は役柄とピッタリだとは思うのですが。優しくて気が弱いのに飽きてしまったのかも?冷徹な相葉さんも見てみたい!(笑)
雅愛 2012/04/30(Mon)16:49:08 編集
・ Re:意外でした/Rumy→雅愛さん、
雅愛さん、こんばんは。

あー、めちゃくちゃ面白い!!ってわけではないですけどね。片山くん、予想以上に弱いですしね(笑)。

正宗くんのときも思っていたのですが、相葉さんが演じると設定以上に弱々しくなる気がしますね。軽い弱音も相葉さんのせいで重いというか。まあ、このへんが相葉さんの演技力の限界ですよ。退屈なのは脚本のせいだけではないような。

冷徹な相葉さんかあ。人気が続けばいつか観れるかも知れないですね。夢みたいなことがぽんぽん叶う時期ですから。
2012/05/09 19:13
・ 安心ですね。
Rumyさん、こんばんは。

「相葉さん主演ドラマ決定!」以来この件に関しての記事がupされないので内心やきもきしていました。
Rumyさんはどう見ているのだろうって。

でも良かった!安心しきってのことだったのですね。

ドラマは突っ込みどころ満載のゆる~い推理ドラマに仕上がっていますが、なんと言っても片山兄弟のキャストが素晴らしいと思います。
三兄弟とそれに絡んでくる石津刑事のやり取りが大好き!!!
相葉さん、素敵な人たちに囲まれているなぁってうれしく思います。

まだ三話目なのに、もうドラマの終わる時のこと考えてさびしくなってしまうのは担当の悲しい性ですが、このまま安心して楽しんで見守っていきたいです。
アナベル 2012/04/29(Sun)22:28:46 編集
・ Re:安心ですね。/Rumy→アナベルさん
アナベルさん、こんばんは。

最近、相葉さんのお仕事で心配する機会もだいぶ減りましたが(笑)、ベストジーニストのときに思ったのですが、相葉さんが培ってきた力をきちんと発揮出来る仕事というだけで、あとはどうなっても私は満足出来るみたいです。

高い評価が付いてくれば尚良いですが、今回なんかは特に、周りの方々がこれを相葉くんに任せたらきっと面白くなるんじゃないかって、真剣に考えて選んでくれた想いみたいなのがすごく伝わるので、あーよかったなあと。それでもしだめだったとしても仕方ないんじゃないかと思えるんですよね。ファンだからどのみち応援はするんですけれど、仮に叩かれたとしても相葉さんがここまで出来るようになっての結果ならそれはそれだと思えるようになったというか。前は本当に下手だったからいちいち心配してましたけどね。あはは。

最後まで楽しく観れるといいですね。

追伸:別件は後日また。嬉しかったです!






2012/05/09 19:01
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11