忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
769  768  767  766  765  764  763  762  761  760  759 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そういえば、
という切り出しで話をしてはヒナちゃんに失礼かもしれないけれど。
関ジャニ∞の村上くんの一人芝居のチケットがあるんだけど行かない?
とお誘いを受けまして、先日、グローブ座へ観に行って来ました。
嵐のファンをしているだけで、そういうお誘いまでして頂く機会があるのは、
不思議なもので、ジャニーズなら何でも興味があるわけではないのですが、
比較的、行ってみようかなという気にさせてくれる背景に、
にのあいが大きな影響を及ぼしているのは確かなことです。
それに、ヒナちゃんはマイガールで相葉さんが大変お世話になった人です。
好感度が高くないわけがない。喜んで行かせて頂きました。

ここに内容をレポする必要はもちろんないだろうし、
エントリするつもりも最初はなかったのですが、
書いておこうかなあと思った理由は、やはり嵐のことが浮かんだからです。

今回の村上くんの場合は一人芝居と銘打っていたけれど、
もうひとりのにのあい仲間である横山くんは今度またソロコンをやるそうで。
そういうイベントの在り方は嵐の2006年初期あたりを想像させます。
まだファンじゃなかったので、イベントに参加することは出来なかったけれど、
例えば、昔のフィルムフェスタとかもちょっと違うけれど似た感じなのかな。
すごく内輪で、ファンのためだけに存在するイベント。
いわゆるストレートプレイの芝居をやる舞台とは違って、共演者もおらず、
個人の成長をファンが温かく見守る空気がすごく独特でした。
ジャニーズ(だけではないかも知れないけれど)の本来の姿を見たような。

多分ね、世間に偏見を持たれているうちが、ファンにとっては華なんですよね。
お笑い芸人とかにもよくある、まだ多くの人には知られていないけれど、
自分たちだけはこの良さをすでに知っている優越感。
自分たちが好きなときに好きなように見られる独占感。
まだ成長過程の未熟さ、それでも一生懸命であること。
そしてそれを応援することに対するやりがいと、タレントとファンの一体感。
ジャニーズにも当然その風習が根底にあって(ある意味一番強いかも知れない)、
世間には認められていないちょっと秘密裏な集いこそが本来の姿であることを、
改めて感じた気がしました。

誤解のないように言うけれど、村上くんがまだ未熟だったという話ではなくて。
むしろ、彼はとても男前で素晴らしい一芸をたくさん見せてくれたので、
私などでも大変楽しんで帰ってこれたのだけれども。
グローブ座の、狭いけれどひとりで立つには広過ぎる板の上で、
最後に相葉さんによく似た、とても美しくて正しいお辞儀を見たときに、
嵐が今までやってきたことの断片を垣間みたような気がして、
感慨深かったという話です。

ああ、こういう時期を応援出来るファンは幸せだろうなと思ったし、
実際、そこにいたファンの方々はとても楽しそうだったし、
関ジャニさんなんかはこれからもっともっと活躍の場を広げて行くグループだと
思うのですが、こういう小さいことが少しずつ積み重なって未来への糧になるんだな
と思うと、彼らのファンにとって今は一番いい時期なんだろうと感じました。
そして、嵐にも同じような時期があって、同じように見守っていたファンの方々がいて、
今があるんだと思うと、結構しみじみするもんです。

いっこ嵐ネタを拾ってくるとすれば、数学の先生というコントがあって、
ジャニーズの公式「嵐」編では、二宮さんがネタになってました。
「嵐」「二宮和也」と大きく書かれたマグネットに対して、
今の嵐人気に嫌味を言うかのように、指し棒をバンバンと強く打ちつける
ヒナちゃんはとても面白かったです。あれは幼なじみだから出来るネタだもんなあ。

意外と長くなった。まとまったか分からないけれど、おしまい。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ ジャニーズって。
こちらにもコメント。
相変わらずストーカーちっくですみません(;^_^A

以前にも確か関ジャニ∞のコンサートか何かに行かれてませんでしたか?
関ジャニ∞ファンのお友達がいらっしゃるのでしょうか。あるいは、Rumyさんご自身が関ジャニ∞にはすこし興味がおありだったり?
な~んて、妄想のふくらむエントリでした。

「公式」って、雑誌でヒナちゃんがかつらかぶって白衣でやってるやつでしょうか?xとかyとか使って。
あれを見るたびにその内容を推測しようと頑張るんですが(たとえば、確かKAT-TUN=x+y、KinKi Kids=x<yとかだったような。。)ちっともわかんなくてモヤモヤしていたのですー。何かヒントをくださいませんか?(笑)

ジャニーズ特有のファンと大ブレイク前のグループとの蜜月や、ファンの心の中にある“育てている”“見守っている”という心理について書かれている部分は、近頃私がNEWSというグループを見て感じていたことと似てました。

嵐さんとそういう時期を過ごせなかったのはやっぱりすこし寂しいです。が、まぁそのへんは現実の恋愛で覚える感情と似たようなもんだと言い聞かせて割り切ってます。(笑)

でも、あの独特の感じが忘れられない場合はきっとどんどん“降りて”行って、究極的にはJr.を応援するところに行き着くのでしょうか。
そういうところがジャニーズの醍醐味でもあり、たまに聞く古株新規論争を生んでしまう火種でもあるのかもしれません。

なんだか気持ちがわかる気がしてしまうのが怖い…
知れば知るほど底が深いです、ジャニーズ…

まっつん URL 2010/03/10(Wed)00:56:16 編集
・ Re:ジャニーズって。/Rumy→まっつんさん
まっつんさん、こんばんは。

まっつんさんは別にストーカーちっくじゃないですよ(笑)。大丈夫!

私が今まで行った他グループのコンサートはNEWSのpacificツアーと関ジャニ∞のPUZZLEツアーです。どちらもただの興味本位で嵐コンとどう違うのかなあっていう視点なんですけど、グループとして関ジャニ∞の方が面白かったのと、PUZZLEというアルバムの音楽性が好みだったですよ。

>「公式」って、雑誌でヒナちゃんがかつらかぶって白衣でやってるやつでしょうか?

そうそうそれです!載ってましたかそうですよね。嵐の扱いが一番雑で笑いを誘ってました。ニノの公式はヘルシー感+もちもち感=スープdeおこげです。憎まれ口叩いてたわりに公式はわりと普通という…。

は~まっつんさん、NEWSにお手つきを(笑)!今は違うのかも知れないけど、コンサートへ行ったとき山下くんより錦戸くんの歓声が大きかったのにビックリしたことが印象的です。

ああ、恋愛に例えると昔の彼も知りたかった的なことですね。私、実際はそんなこと思いもしないから、嵐に対する恋だけはかなり幼いんだろうと思います。あの頃惚れていれば…って少なからず思うもんなあ。

今の嵐を離れてもっと年齢の低いグループへというファンの移行は当然ありますよね。ジャニーズ本来の遊び方というか軸になる精神て多分そこなんだと思います。そこにはどうしても相容れない人も多いし、世間に認められるといつの間にか食わず嫌いもとけて誰でも美味しく頂ける料理みたくなるけど、嵐の人たちは食わず嫌いを逆手に取って成長したグループなのだし、ジャニーズ特有のバックグラウンドを忘れてはいけないなあ、なんて思ったりします。
2010/03/21 22:49
・ おひさしぶりです。
Rumyさんこんばんは。そしてお久しぶりです。いつも楽しく拝見させて頂いてます。

>ああ、こういう時期を応援出来るファンは幸せだろうなと思ったし、
実際、そこにいたファンの方々はとても楽しそうだったし、
関ジャニさんなんかはこれからもっともっと活躍の場を広げて行くグループだと
思うのですが、こういう小さいことが少しずつ積み重なって未来への糧になるんだな
と思うと、彼らのファンにとって今は一番いい時期なんだろうと感じました。
そして、嵐にも同じような時期があって、同じように見守っていたファンの方々がいて、
今があるんだと思うと、結構しみじみするもんです。

ここのフレーズ、最近ピカンチを見返して思ったことだったので、すごくそうだよなぁとうなづいてしまいました。

嵐さんがこんなに世間に認知されて、それに応えるように全力で頑張っている最近もすごいしこちらも考えさせられたり楽しませてもらったりと文句なしなのですが(というかそういう嵐しかリアルタイムではしらないので)、

こんなになる前から嵐さんを応援してきたファンの方々は、苦しく一緒に嵐と悩んだ時期ももちろんあったのでしょうけれど、でも多分ちがった楽しさと一体感が間違いなくそこにはあったのだろうなぁとあの頃のちょっと今よりも現実感のある嵐を見ていると思ったりしました。

関ジャニ∞は、これからもどんどん枝葉を伸ばすグループだと思いますので、このエントリすごく興味深かったです^^ 
私もなんだか久しぶりのコメントなのにまとまりなくてすみません。

ではでは、また!
はな 2010/03/09(Tue)23:23:26 編集
・ Re:おひさしぶりです。/Rumy→はなさん
はなさん、こんにちは。お久しぶりって言って頂けたのに返信が遅くなってごめんね。

嵐の持つ青春感は人気を博した今でも失われてないけれど、やっぱり時代の空気はそのときでないと味わえなくて、尊いものだなあと改めて思いました。関ジャニさんだってもうそこまで青臭くはないでしょうが(笑)、やっぱり独特でいいんですよね。彼らとファンの絶妙な距離感が。

会社に関ジャニのファンの人がいるんですけど。何やら楽しそうですよ。今がいいと思いつつ、いつか彼らがもっと大きな日の目を見ることも願っている。つい数年前、嵐にもそういう時代があったことをふと考えてしまって、結局は嵐ヲタ目線でしか見れないんですけどね(笑)。

でもグループによって花の咲き方は違うでしょうし横目で伺っていきたいと思っています。
2010/03/20 15:54
・ ありがとう
Rumyさん、こんにちは。
エントリ揚げて下さってありがとう。if…orはとても楽しみにしてたの。だから、いろいろありがとうございました。前回ひなすばの未定1もよかったけど、if…orの昔語りに不意打ちを噛まされて大泣きをした私、あの日,ヒナ担の女の子が14歳だったのにびっくりして、「おれなんかでいいの?」とはにかんで真っ赤になったヒナ。「おれ27やで!」といいながら、それがうれしくてあちこちでしゃべってたね。
今回の舞台楽しみにしてました。(男の子しかいじらなかったけどいいのかそれで)またまた意外性ありすぎの舞台だったけど、最後の芝居がキツかったなあ。実際ホント,不況で色々ありながら劇場に来てる女の子もいるしさ。みんなたいへんやから…と、チケット代金をギリギリまで下げる事を頑張ってくれた事にも感謝です。村上くんがとにっかく生きることを応援してくれたのはしっかと受け止めた。ありがとうございました。(東京で観覧できたのは赤青黒緑かな)(さんざ叩かれてたにのプレートは一回われたらしい)
バジル 2010/03/09(Tue)09:50:31 編集
・ Re:ありがとう/Rumy→バジルさん
バジルさん、こんにちは。

だいぶ前の話になってしまったけど、その節はお世話さまでした。

客席いじりがまず新鮮でしたね。多分あれが身近に感じられる理由のひとつなんだろうし、でも今しか出来ないことでもあるんだろうなあとか。なんだろう、彼らの周りにはまだ本物の青春の空気があるんですね。

にのプレート結局割れちゃったの?あ~誰かベイストに告げ口しないかしら(笑)。

とにかく今回は行けて良かったな~と思います。たまにはこういうのもいいものですね。
2010/03/20 15:27
・  いい時間でしたね
こんばんは、Rumyさん。 関ジャニさん、じわじわと活躍してますね。 今朝日新聞の掲載を楽しみに読んでいます。 正直産地が関西ではない私は10年近く前 関西人ばかりのジャニーズ何てありえへん…と思ったりしました。 時間は流れました。 私がぐぐんと関ジャニさんを身近に感じたのは、やはり嵐コンやスマコンでステージやトロッコに引っ張られ 恐縮しながらも、目一杯愛想ふりまき、しかも体を二つおりにして頭を下げる彼らを観てからですね。

確かにリーダーのソロコンとか 狭いZeppで 恐らく周り見ても50代何ていない中 皆の中で隠れるように、そのくせ大声出していた自分が懐かしい(笑)

お前ら気をつけて帰れよって叫んでいた大野くんが メッチャ懐かしい…

何かまとまりませんね。私の書き込み…

そう言えば私 バジルさんに名前出して頂き 何と言うかびっくり!してます。
さゆり 2010/03/08(Mon)19:28:23 編集
・ Re: いい時間でしたね/Rumy→さゆりさん
さゆりさん、こんばんは。

ジャニーズ事情はよく分からないけれど、あのグループも嵐と同じようにファンや周りに押し上げられていくタイプなんじゃないかなあって感じます。事務所推しというよりは。

3104コンの思い出をありがとうございます。形式は違うけれど、キャプテンとヒナちゃんの客席との距離の取り方はもしかしたら同じ感じなのかなあと思ったりもしましたよ。

思えば、嵐の2006年はソロコンをやるのにギリギリのタイミングだったでしょうね。黄色い涙の撮影も同じように思うんですけれど、そのときにしかやれないことって絶対にあって、それをちゃんと経てこれていることは幸せですよね。本人もファンの人たちもね。
2010/03/10 00:53
・ シンゴとマサキ
Rumyさん、先日は どおもでした♪
日々の流れが ものすごくはやいです。
そーか、もう 『If for~』 が終わって、『ウルピュア』 なのですね、グローブ座。
先ほど、ガマンできずに カミチェン目当てで 『wink up』 誌を立ち読みしてきて、まさしく駅の伝言板みたいな まーくんからヒナちゃんへの伝言を目にして おもわず崩れ落ちました。

…そんなん ケータイのメールでやんなさいてきな。

幼なじみなんだなぁ、と シミジミして帰ってきました。
あのあたりの絆、そりゃー固いハズでございますね。
微笑ましくて、ちょっと泣けました。(泣き虫)
かえるやん URL 2010/03/08(Mon)15:06:49 編集
・ Re:シンゴとマサキ/Rumy→かえるやんさん
かえるやんさん、こんばんは。

三宅くんのやつ?なんかね、ヒナちゃんの含めちらしがたくさん並んでいるのを眺めていて、要らないのに取らないともったいないんじゃないか、今しかないんじゃないかという焦燥感でいっぱいになりました。職業病ならぬいわば嵐病よね。

かえるやんさんが剛くんの舞台を観に行かねばならないから…と言っていたのがあのパンフレットのやつでしょう?辻褄が合って私も日々が早いと思いました。

WU見てない!本屋へ行く時間がなくて。いい伝言がありましたか。ありがとう。楽しみにしておこう。
2010/03/10 00:33
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11