忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
690  689  688  687  686  685  684  683  682  681  680 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

色んな人が丁寧なレポを上げている中、ずいぶんと遅れを取ってしまいましたが、
やっと書き終わりましたので、一応アップしようと思います。

でも、書いてて思ったし、中でも呟いているんですが、
危うい記憶を辿りながら思うことは、私、あんまり嵐を見てなかったかも。
なんか、彼らが何をしていたか記憶が曖昧なんですよね。
いよいよ記憶力低下が著しいのかと思いきや、
よーく考えると、ほとんど嵐を目で追っていなかったような気がします。
元々、コンサートには双眼鏡を持ち込まないので、
広い会場では細かい部分を追えないという弱点があるものの。
去年と比べても、私の見てなさ加減が今年はひどい…!

多分、雰囲気を楽しんでたっていうのが大きいんですよね。
結構、ぼーっとしてたような気がします。野外気持ちいー♪って。
そんな、頼りないレポでも読んでやるという優しい方がおりましたら、
つたないですが、続きにただ長いだけのレポが用意されていますので、
お付き合い頂けたら嬉しく思います。ではでは。

今回、自分名義が無駄にやる気を発揮したらしく、
席がバクステ横のスタンド最前列でした。23ゲート。
メインステを正面に見れば、4〜5時くらいの位置でしょうか。

チケットが届いたときは私もこんなことってあるんだなと思ったし、
人に言えば「すごい!」と言って貰える席だったけれど、
よくよく考えたら、国立の最前ってまったく最前じゃないんですよね。
ムービングの位置ってめちゃくちゃ高いんですよ。
彼らの目線と対にあるのは多分、前段の真ん中らへんか。
なので、私は完全に地下でした。でも、前に手すりがあってラクチンだったし、
左右とも隣は静かに双眼鏡を覗き込むタイプの方々だったので、踊りたい放題でした。
国立であんなにゆったりとしたスペースを頂けるのは光栄なことです。本当に。

前置きが長いですが、初日に音漏れを聞きながら思ったことや、
人づてに聞いた話を(といっても見たわけじゃないので問題のない程度に)
織り交ぜながら書いていこうと思います。どこまでいけるか自分…!


01 感謝カンゲキ雨嵐

オープニング映像でひとりひとりが映し出されます。
誰に対する歓声も均一だということが嵐コンのいいところだと私は思う。
登場は確か、メインステのてっぺん。どこだどこだと探して、いた!
と発見するも、フライングで聖火台方面へ空中遊泳。
本当に空を飛んでいる人たちみたいだと思いました。
初日にこの曲からか! と外で聞いて分かった瞬間は鳥肌が立ちました。
私たちはこんな風に最初から「ありがとう」って言って貰えるんだなと。
このツアーの意義がすべて詰まった一曲。

02 Step and Go

フライング後、聖火台のとこに着地して、
例の五人が手を重ねて「うぃがなすてっぷあんどごっ」から始まりました。
そのまま歌いながらリフトでバクステへ。踊らなかったと思う。

03 Lucky Man

バクステから外周ムービング。基本、構成は去年と同じです。
アウトロで最初のご挨拶。まあ、だいたいいつもの感じですけども。
松本「国立ーーー! 会いたかったぜーー!!」
二宮「いらっしゃいませー! 嵐の夏はここから始まるぞー!」
相葉「いえい!いえい! 最高でーーえす!!(←最高だぜっじゃなかったんだよ)」
大野「はーい!はーい!(…祭りだ的な? よく覚えてない) 」
櫻井「上の方調子はどうだ! 下の方調子はどうだ! 聞こえねえぞ調子はどうだ!!」
翔さんにしつこいほど何回も調子を聞かれたような覚えがあります。
ムービングで移動しながらってのもあったんですが、私は基本コールに専念していて、
嵐さんをよく見ていないのであった。

04 We can make it!

そのまま外周ムービング続く。2台中、相葉櫻井二宮チーム、松本大野チームだった
と思うんですけれど、松本大野チームが目の前に来たときにそれは起こりました。
今回、私の相方ちゃんは同じ年だったのでアピールポイントはただひとつ。
キャプテン世代だってことを伝えよう! でした。嵐おめでとうとかじゃない。
不謹慎にもほどがある。でも、国立はまずそれをやりたかったのです。
朝、即席のメッセージカードに書いたのは「同じ年だよ!」ただ一言。
キャプテンがタイミングよくこっちを向いてくれたときがチャンス。
ちょうど松本さんと入れ替わるようにスタンド側へやってきたキャプテンに向かって、
叫びます。キャプテン!キャプテン!こっちだよ!こっち見ろこのやろう!!
ムービングの真下で必死こく29歳。そんな私たちに彼は指をさしてくれたのでした。
そして「俺のこと言ってるの?」とばかりに自分を指差すキャプテン。
そうそうそう!あんた!あんたのことだよ!! ぶんぶん頷く29歳。
「ふたりともオイラと同じ年なんだね」という意味のピース(相方ちゃんの妄想含む)
を向けてにっこり笑ってくれたのでした。必死こき過ぎて無我夢中だったけれど、
とにかく嬉しくて首がもげそうなほど頷きながらピースを送りました。

しばし放心して倒れ込む。ファンサの鬼キャプテンの神業頂きました。あい。
キャプテン世代は一生智さんについていきます…!
このへんの件は、今回の相方ちゃんだったパンの名前の人も書いてると思いますので、
知っている方は参照して頂ければと思います。

05 風の向こうへ

前曲より放心中。途中ではっとする。
あんまり覚えてないですが踊らなかったんですよね。残念だったな。
でも、こっちは踊りたいから(まだ全然踊り切れてないけど)
この曲はなるべく踊って頂きたいと切に願います。

06 Crazy Moon 〜キミハ・ムテキ

生ハムテキ! はセンターステでがっつり踊り披露。
当時、あんなにハマッて見ていたのにとっさに振り思い出せず。
ニノのきゅいーんとか、大好物ステップを見てずっと笑ってました。
やっぱりこの曲の振りは面白くて大好き。

07 PIKA☆NCHI(相葉ソロ)

花道をジュニアの子たちが鼓笛隊のように登場。
何が始まるのか分からなくてぼーっとしていたら、途中ではっとしました。
これはピカ☆ンチ…! ってことは相葉ソロ!!
前日、ネタバレはしていたんです。どう聞いてもソロ曲と思われるのが、
「曇りのち、快晴」しか聞こえなくて。ソロ曲ってどういう扱いだったの?
というのだけ気になって。そしたら、それぞれの代表作の主題歌が今回のソロ曲だそうで。
相葉さんにとってはそれが「PIKA☆NCHI」なんですよね。主演の瞬くんね!
翔くんのガナリ系ラップを相葉さんがやりました。ダミ声全開で。
最近の相葉ソロ曲といえば、可愛い系か優しい系(?)だと思うので新鮮ですよ。
曲アレンジのネタ元はDVDの「How' it going」です。
「抱きしめて、だっ、抱きしめてっ」てやつ。ジュニア引き連れて花道を踊りながら行進。
結構、攻めの一曲だったんじゃないでしょうか。
私、前日からやられるぜやらせるぜって色んな人に耳打ちされていたもので、
心構えが出来ていたせいか、大丈夫だったです!(自慢)
でも、ドームでは自信がないです。全体を見ていたので表情をあまり見なかったから。
まともにくらったら致死です。危ないぜ、今回の相葉ソロ。
そもそも、「PIKA☆NCHI」大っ好きだからなあ。鉄板だよなあ。

08 Horizon
09 DANGAN-LINER
初日、外で聞いたときは本当にテンション上がりましたね。
やるんだ! と思って。嬉しかったです。
いざなう信者としては、まさかのジャングルメドレーかと思ってしまったけれど、
普通だった。でも、最高に楽しかった。かかるだけで嬉しいんです。

10 アレルギー

センターステで5人それぞれ大きなお野菜を持って踊ってました。
ああ、これが噂の…(笑)。と感慨深く鑑賞。彼らも恥ずかしそうに、
やる気なさげに足をぴょんぴょんさせて踊ってました。
あーはいはい。踊りますよー。バカにしていいんだよーっていうテンションで。
会場もずっと笑ってたような気がします。

11 ココロチラリ

キタ! 大好き!大好き!
このへんの流れがずっとファーストアルバムシリーズですけれど、
大好きなんですよ。ファースト。当然思い入れはないけども、
名曲揃いだと思っています。だから必然的にアガる。大変嬉しかったです。

12 CARNIVAL NIGHT part Ⅱ

うちわ置いて、ペンラ置いてひたすら踊った曲。
私、今回往々にして嵐を見てないことが多かったです。
だから、そのとき嵐はどうしてたって記述があんまり出て来ないですね。
大変申し訳ない。

13 言葉より大切なもの(二宮ソロ)

メインステでひとりギターかきならすニノ。もう愛しくて仕方なかったです。
いけ二宮、いくとこまでいってしまえ二宮! 大好きだ!
キャプテンの十八番「ん切り取ったメロディー繰り返した〜♪」
を豪快に歌い出すニノも良かったし、あの人の大好きなポップなロックアレンジも
すごく良かったです。アウトロもずっとジャカジャカ弾いてたもんな。
客に合いの手入れさせる余地なんか作んないぜ! ってな勢いで。
シンプルで味のある新しい「言葉より〜」だったと思います。
初日は歌詞を間違えて、歌いながら言い訳をしたということですが(笑)、
二日目は問題なくちゃんと歌えてました。三日目は雨の中かきならしたって
言うからすごいですよ。感電したら大変ですよ。

14 Everything

メインステのちょっと高い位置で五人揃いで歌ってました。
バックの映像には街の景色や赤から青に変わるシグナルとかが映ってました。
アレンジを少し変えて、ゆっくりめのテンポだったと思います。
本当は一緒に踊りたかったんですけど、そういうアレンジじゃなかったんですよね。

15 瞳の中のGalaxy
16 アオゾラペダル

「Everythig」からの流れでわりとずっと聞かせる演出だったと思います。
最前列の特権、手すりに寄りかかってゆったりのんびり聞いていました。
ここらへんですごく感じたのは、嵐が国立という会場をモノにしているということ。
去年みたいにがむしゃらに騒いだり、盛り上がったり、
わあって驚いたりするばかりではなくて、夏の野外会場で夕涼みしながら
ただ「聴く」ための演出が用意されていることに、ちょっと驚かざるを得なかったです。
それは二度目の余裕でもあるだろうし、挑戦でもあるんだろうと思いました。
映像としてはもしかしたら地味に映るかも知れないけれど、
あの広い会場でここまで緩急をつけられるのは高いテクニックがあるからこそなのかなと。
私自身、嵐コンで何もせずにぼーっと聞くっていうのをあんまり経験したことが
ないような気がして。バラードだから大人しく聞くというのとも違うものを感じました。
さすが国立二度目、何かが違うぞと思ったんですよね。

17 台風ジェネレーション

この曲をやるならアレもやるよねと期待した一曲。もちろんカズナリニノミヤによる、
「じゃあ、行ってくる。あ、さよならじゃないよね。また会えるから」
あ、全部書いちゃった。そうそう、あの名台詞です。
でも、若かりし頃の純粋さはなく、わざとキザっぽく言ってました。
二本指立てて「よっ」のポーズしたりして。素直じゃないなー。可愛いなー。

18 曇りのち、快晴(大野ソロ)

バクステから白い衣装を着たジュニアの子たちがどばばと出て来たので、
何かと思ったら、その後ろから堂々たる登場。出た健太くん!!
もうね、あんなに幸せな空間がこの世に存在するのかと。
だーんだーんだん♪ が国立に広がって、会場が幸せ一色に染め上がりました。
びびった。もう幸せ過ぎてびびった。
あの曲の音って本当に野外に合うんですね。チャペルの鐘が鳴り響いてるみたいでしたよ。
健太くんに「手ぇ叩けいっ」なんて言われたら全力で叩いちゃうもんね。
何度も言うけど、本当に幸せ空間でした。ありがとう。ありがとう。
健太くんは元気に花道を突き進んで、メインステまで辿り着くと、ラストでラブソーの
最後みたいに、片腕を前に、片足を後ろに引いてペコリとおじぎをしたのでした。
こんな最強ソロ他にないだろう。ありがとう。ありがとう。

19 a Day in our Life

いつも思うのは散々やり過ぎているというのもあるけれど、
ファンのコールシンクロ率が半端ないですよね。
初日、外から聞いてたときあまりに揃っててびっくりしました。
もはや何かの宗教にしか思えない。
確かこの曲だったと思うんですけど、松本&大野のメロユニゾンのあと、
ふたり見つめ合って「お疲れさまでした」的なおじぎをするという仲良しっぷり。

20 Oh Yeah!

もう記憶にない(笑)。多分、一生懸命だったんだと思います。

21 ハダシの未来

これはセンターステでリフターが高いとこまで上がって踊ってたと思います。
ここで記しておきたいのは、相葉さんが手を振り上げるの二番目だったから!!
もう変動はしないで頂きたい。盲目に二番目と自分に刻み込んでおきたいです。

22 Beautiful days

ここのへんもすでに記憶がないんですが、映像が「999」的だったのは覚えてます。
なんか汽車が夜空を舞って行くみたいな演出だったんですよね。
空もだいぶ暗くなっていて、気がつけば夜です。このへんから。

MC

翔くん「国立のみなさま、こんにちはー。僕たちが嵐でーす。いえー。」
松潤「雨降らなかったね。僕が昨日見た天気予報では…12時-18時が60%で。
18時-24時が…(眉間にシワを寄せて真剣に思い出す松本さん)70%だった!」
相葉さん「天気予報が外れて嬉しいことってないよね!」
翔くん「やったー外れた!!つってね」

松本さん「今日はゲストで先輩の方々が来て下さってるんですけど」
ゲストはV6の坂本くんと三宅くん。私、近かったです。ゲスト席。見た。
松本さん「相葉くんてホントにムテキだなって思ったんだよね。
さすがムテキの相葉くんだよね」
相葉さん「この中でムテキの相葉くんがどんだけ知られてんのかって話ですよ」
会場、知ってるよー聞いたよーみたいな反応をする。健気。
松本さん「相葉くん、健くんに向かって、健ちゃ〜んって言うんだよ」
ニノ「え、V6は確か僕たちが入った頃すでにデビューしてましたよね?」
相葉さん「してますしてます(笑)。いや、健ちゃんは親しみやすいからさ。
まさか坂本くんに、さかもっちゃ〜んとは言えないでしょ!」
ニノ「坂本くん、聞きました?」
相葉さん「健ちゃんの方が若いし」
ニノ「坂本くん、この人今先輩に向かって嫌味を言いましたよ?」
相葉さん「言ってねえよ!!」

なんかこの日は結構事務所の先輩後輩トークみたいな感じでした。
そのあと、TOKIOの山口くんとアツヒロくんとニノと松本さんで飲みに行ったときの話。

ニノ「アツヒロくんも潤くんもステージとか演出をする方だから、
二人で熱く語ってるわけ。そしたら、山口くんが俺にお前そんな話聞いてても
つまんないだろこっち来いよみたくなって。
カウンターに連れて行かれ……おい!おまえチョロチョロすんなよ!!」
ニノの後ろを行ったり来たりしてた相葉さんが怒られる。
相葉さん「や、違っ…水はどこかな〜って思って探してたの」
ニノ「おまえ、そうやって目立ちたいだけだろ! いつも主役でいたいんだろ!!」
ただ笑うあいば。水をごくごくする。
翔くん「俺にも水ちょうだい」
相葉さんが飲んでいたペットボトルの飲みかけをそのまま渡す。
そしてお決まりの翔さん補助力飲み。
ペットボトルべっこべこです。会場、わあってなる。

ニノ「山口くんが入口から人が入って来たらテキーラ一気な!って言うのよ」
松本さん「え、どういう意味?」
ニノ「俺も聞いたの。どういう意味ですか?って。意味なんかないわけ。
そういうときに限ってガンガン入ってくるの。もう入ってくんじゃねえよって思って。
俺、テキーラ7杯くらい飲んだもん。トイレで逆再生ですよ。」
?「あったゆ!(逆再生用語)」
ニノ「そしたら、潤くんが来て。ニノ、開けろ!そこにいるのは分かってんだぞって」
?「刑事かよ!」
ニノ「しょうがないからドア開けたの。潤くんずっと背中さすってくれたのね」
松潤「俺、ニノの口に指突っ込んだからね」
キャプテン「松潤、人の口に指突っ込むの好きだよね!」
この日のMCで智さんが初めて喋った上に唐突だった。しかも嬉しそう。
智さんの突然の発言にぽかんとする4人。
キャプテン「前にマネージャーが酔っぱらったときも口に指突っ込んでたよね」
?「介抱するのが多いってことね」
松潤「別に人の口に指突っ込むのが好きってわけじゃないから!」

他にも先輩後輩トークがあったと思いますが、あんまり覚えてないので割愛。

最後に相葉さんドラマトーク。
翔くん「じゃ、俺着替えるから」
とはけていく翔くん。じゃ、俺もー的にどんどん人がいなくなり、
ひとりステージに取り残される相葉さん。

相葉さん「やーまさかこんな展開になるとは。なんかもっと違ったはずなんだけどな。
でも、俺は臨機応変に対応するよ!」
と、マイガールの番宣。究極のラブストーリーです的な話をしているところにニノ再登場。
ニノ「なんかやっぱりひとりいた方がいいかなと思って。ドラマは千葉テレビですか?」
相葉さん「違います! テレビ朝日さんです!!」
ニノ「なんだ。46チャンかと思った」
相葉さん「おまえ、千葉テレビバカにすんなよ!」
ニノ「で、相葉さんは何? 出来ちゃった子役ですか?」
相葉さん「違います!!」
このへんで松本さんとキャプテンも再登場。
松潤「なんかやっぱりいた方がいいかなと思って」
集まる4人、大変に可愛い。

このへんの件、忘れてしまったけれど、
相葉さんが松本さんにマイク越しチュウしたんだよな(去年もしてた気がする)。
一蹴されてたけども。

ニノ「大野さんは今年の予定何かあるんですか?」
キャプテン「今年はないですね。釣りくらいですかね」
ニノ「今は何を?」
キャプテン「…マグロかな」

最近、また日焼けしたことをリハのせいにしたらしい。
ニノ「事務所のえらい人の前であーリハで焼けちゃったなあって言ったんですよこの人!」
キャプテン「ホントに信じらんないって言われた(笑)」

相葉さん「じゃあ、後半戦もいきますか! あ、立ったり立たなかったりするのね」
会場がうっかりのろのろしてました。
ニノ「今この人お客さんに向かって嫌味を言いましたよ?」
相葉さん「言ってねえよ!!」
この件、計3回くらいあったな。いいにのあいだった。


23 とまどいながら(櫻井ソロ)

センターステからぴょこんと登場する翔くん。
緑と銀ラメ?スパンコール?のついたパーカーのフードを被ったまま。
相葉さんの「Hello Goodbye」みたいだと思いました。
アップテンポにアレンジした「とまどいながら」
とっまどい、なっがっら♪ って歌う翔くんがめちゃくちゃ可愛かったです。
私の中でベストオブ翔ソロはやはり「Hop Pop Boogie」なので、
今回どれを越えられるかという見方をしていたのですが、
全然違うベクトルで大変に素晴らしかったです。
翔くんにかかれば「とまどいながら」でさえHipなPopになるんだなと。
今じゃ、この曲聞くと翔ソロバージョンが脳内に被ってきます確実に。

24 WISH(松本ソロ)

今回、ソロはどれも良かったですね。松本さんはこの曲をジャズアレンジに。
Twitterの初日実況を読んで下さった方は、私が外で「Love Parade」と
聞き間違えてテンパッてた様子を知っているかと思いますが、
それくらいゴージャスにアレンジされていたんです。
基本、4ビートで途中ちょっとリズムを変えてるところもあったので、
アレンジとしてはソロ曲の中で一番楽しかった印象です。
メインステのバント前でタクトを振り上げるパフォーマンスをする
松本さんから始まりました。ミュージカルっぽい感じもあったな。
とにかくゴージャス。
最後にちゃんとタクトで締めるパフォーマンスも怠らない。

25 hidden track

キタね。全力でコールするしかないですよね。
やりきった感はありました、が。これは友達と話していたことなんですが、
嵐側としてはこっちにやらせたいことがあったみたいですね。
タオルを振って欲しかったとか?
去年の翔くんソロ「Hip Pop Boogie」のように、楽曲を聴いて
コールはこうやるんだろうなっていっぱい妄想して臨んだものの、
結局はお互い何回か試してみないと理想型には至らない感じでしょうか。
翔くんが何か言ってるんですけど、よく聞こえないんですよね。
やればやるほどクオリティの上がる曲だと思います。今後に期待。
まだまだやれる。

26 truth

再びフライング。会場がまた真っ赤になりました。
聖火台が灯ると思いきや、メインステ上を中心に炎はセット内だけ。
初日は翔くんに異常事態が起きたとのことでしたが、2日目は大丈夫でした。

27 明日の記憶

初日、すごい歓声が聞こえたのでこんな地味な曲なのに一体何が…?
と思っていたら、原因は映像でした。メンバーの小さい頃(本当に赤ちゃん)から、
今までの成長の記録とでもいいましょうか、
写真が散りばめられた映像をバックに歌う5人。
なんだろう、妙に神々しい演出になったなと思いました。


曲が始まる前に嵐デビューから一年ごとに今までを振り返る映像。
1999年はデビューして、2000年は初コンをやって…みたいなことを、
当時の写真のスライドショーとともに、メンバーが各年代を担当してナレーション。
確か、2000年初コンの件が松本さんのナレーションで、
「10年前にいた人、今日もここにいるかな?」みたいなことを言ったんですよ。
そしたら、私の視界でアリーナにいたファンの人たちの何人かがそれに答えるように
ペンライトを振ったんですよね。私ねえ、その光景を目の前で見て涙が出ました。
今まで、コンレポで泣きそうとか、泣く! とか、文章上で書いたことはあったけれど、
実はほんとうに涙が出たのは初めてだったです。嵐のコンサートで初めて泣いたよ!
あれはどういう感情だったんだろうな。うちわに「花のA・RA・SHI 組!」って
書いてる人も見かけましたしね。ああいうのは、単純に胸がいっぱいになるんですよ。
別に私が嵐なわけでもなんでもないんですけどね。勝手にぐっと来てしまうのです。
嵐の10年を見続けてきた人たちが今日この会場にはいるんだなって、
それを目の当たりにしただけで、今までのどんなコンサートより感動出来たっていうのが、
驚きだったし、ああこれは本当にアニバーサリーコンなんだなって実感出来ました。

では、一緒に過去を振り返っていきましょう。ということで。
シングルメドレー。

28 A・RA・SHI

そんな涙目のわたくしの前に現れたのは例のスケルトン衣装を身にまとった彼らだった。
もう、泣いている場合ではないなと。自ずと笑顔、というか笑うしかなかったです。
光栄ですよね、これが拝めるのは。センターステで踊っていた気がします。
恥ずかしそうにはにかみながら、透けている嵐の人たちが大変に愛おしかったです。

29 SUNRISE 日本

この曲もまだ透けていたのかな。センターから散ったと思います。
どこかのタイミングでにのあい抜け。

30 君のために僕がいる

Timeコンで相葉くんのうた♪ になったと思ったら、
今度はにのあいのうた♪ になったよ!
にのあいによる「君のために僕がいる」そりゃ、頑張るさ!!

31 時代

特効で「ラ!!」
あれ、なんて言ってるんですかね。今とっさにラ!って書いたけど。

32 ナイスな心意気

私の知らない病気時代の相葉さんを想う一曲。
どの曲もそうだけれどバック映像にはPVも流れます。
株式会社アラシさんの面々も。

33 PIKA☆NCHI
34 とまどいながら

このへん、まったく記憶なし。基本ガンガン進むんですよね。
メドレーだし。

35 言葉より大切なもの

キャプテン「ここには〜?」ファン「あるからー!!」健在。

36 Hero

参加してもない24時間テレビを想う曲。相葉さんの足ぴょこ上げを真似して踊る。

37 サクラ咲ケ
38 WISH

このへんも、だいたいいつもと同じノリで。

39 きっと大丈夫

バクステでしっかり踊ってましたね。この曲は絶対に踊りを飛ばさないんだなと。
だから早く踊れるようになりたいのに、未だに修行中です。

40 Love so sweet

初日はニノの挨拶部分だったそうですが、2日目はここで神宮球場の花火。
イントロ部分で嵐の人たちもまだバクステ付近にいるタイミングで、
その真後ろでドカンと上がったんで、相当華やかなラブソーの幕開けになりました。
キレイだったなあ。嵐のための花火だと思いますよね。
三日目は雨で試合中止だったそうですが、嵐コンとまるっきり日程が被っていた、
ヤクルトx中日戦、素晴らしい相乗演出だったです。

41 Happiness

踊る。

42 Believe

大目玉だったと思います。去年で言ったらRe(mark)ble→truthの件が、
この曲に凝縮されていたような印象。センターステでガシガシ踊るのもそうだけれど、
なんてったって翔さんのRapですよ! もう新しい神が降臨したかのようだよね。
あれは本人もさぞ気持ち良かっただろうと思いますよ。してやったりでしょう。
たたみ掛けるように大サビ「そう僕らはずっと待ってる〜」の一番疾走感があるところで、
メインステ上から、スライドの花火(去年と同じ感じ)。
嵐がその間も果敢に踊っているので、どちらを見たらいいのか分からなくなるんだけれど、
花火を背負った嵐の「Believe」の迫力は半端なかったです。狂喜乱舞!
でも、最後「This is the movement」で前へカックンてするのだけは忘れませんでした。
いくら、狂喜乱舞しようとも。松本さんへのオマージュだから。
いやあ、本当に「Believe」格好良かったです。

最後の挨拶(センターステ、四人が後ろ向いて、挨拶する人だけが前で出る風)

翔くん「みなさん、今日は本当にありがとうございます。
10年前、嵐のファンになって良かった。って言って貰えるようなグループになりたいって
言った覚えがあります。今、僕たちはそんな風になれているでしょうか?」

キャプテン「ありがとうございました。
10年前、何も分からず仕事をしていた覚えがあります。今日ここに立てて、
本当にいい空間だなって思います。みんな温かくて、幸せだなって。
これからも嵐を見守って下さい。よろしくお願いします」
(うまく思い出せなかったけれどもっと空間って連呼してたと思います。
さすが10周年でも空間トーク健在!って思ったから)

相葉さん「今日、こうやってみなさんとひとつになれて、…なれたのかな?
なれたと! 僕は思ってるんですけど(笑)。10年、辛いこともありましたね。
病気とかね。笑ってもいいよ? 病気のこととかね。全部いい思い出です。」

ニノ「取材とかで、10年ってどうでしたかってよく聞かれるんだけど。
僕は真面目じゃないから、なんとなーく15年野球やって、
なんとなーく20年ゲームをやって。初めて、この10年でひとつのことに
真剣に打ち込んだような気がします。
その前のジュニア3年は何だったんだっていう、そこは突っ込まないで欲しいけど(笑)。
この人たちとじゃなかったら、ここまでやってこれなかったと思います。
俺は自分のことは自分じゃ見れないから、この4人をこれからも一番良い席で、
タダで(!)、見て行きたいなあと思っています。ありがとうございました」

松潤「みなさん、今日はありがとうございました。
僕らの10年は…いかがでしたか?
この10年、色んな人に支えられてここまで来ることが出来ました。
いいメンバーと、いいファンの人たちと一緒に。
嵐のファンは本当にいい人たちが多くて。これからもみんなと一緒に楽しい
思い出を作っていきたいと思います。それでは最後の曲です。聞いて下さい。」

43 5x10

この曲が最後に来るであろうことも、どんな雰囲気になるかも、
予想がついたし、予定調和だったけれど、
やっぱり良かったなあと思わざるを得ないですよ。
「ありがとう。これからもありがとう」でブレイクしてから、
色とりどりの風船が会場中から舞い上がって行きました。本当にキレイだった。
ラーブラーブ、フォーユー。


アンコール1
44 PIKA☆☆NCHI
45 明日に向かって
46 できるだけ
47 One Love

このへんはずっとお手振りですかね。
特記事項はやっぱり「できるだけ」ですけども。
なんで、この曲がこのタイミングで来たんでしょう。
折しも、外周ムービングでキャプテンが目の前に来たときに
「できるだけ」のイントロがかかって、うおいえいえ〜って歌われちゃ、
願ったり叶ったりというか、もう何がなんだかですよね。
この日は本当に智さんにすべてを救って頂いたなと思います。智デー。

あと、このへんでしょうか。松本さんが空を仰ぎ、
「月が出てるぞー」と叫んだのは。
あんなに心配された天気も、騒いでいる間にいつの間にか雨どころか、
雲がほとんどなくなっていましたからね。凄かったなあ。

「One Love」のあとメンバー紹介。最後に5人横並びでお決まり。
松潤「俺らの名前はー…なんだっけね?」
ニノがどれに応えるかのように「なんだっけね?」のポーズ。
松潤「教えてくれー。せーのっ!」
会場「あらしーー!!」

アンコール2
48 ファイトソング

翔くん「東京のみなさーん。お手をはーいしゃくっ!」

49 五里霧中

聖火台の方へ上がって行く嵐を見ながらズダズダズダ。
五里霧中、だいすきー!

50 A・RA・SHI

アウトロのゆったりメロ「you are my so so… いつもすぐそばにある」を
イントロに持ってくるアレンジ。そのあとはもうめちゃくちゃですよ。
精一杯踊るしかないですもんね。最後の最後まで一所懸命手を振って、
「楽しかったー!」「ありがとう!ばいばーい!!」と言ってくれる嵐の人たち。
その手が見えなくなるまで。指の先しか見えなくなっても。
本当に最後の最後まで、別れを惜しんで「ありがとう」の気持ちを伝えてくれました。

ということで、29日レポおしまい。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ ありがとう!
Rumyさん、おはようございます。
詳しいレポ、お疲れ様でした。楽しませていただきました。ありがとう。
去年の国立レポでRumyさんが載せてくれた会場の全体図、嬉しかったなぁ。国立DVD
で全体が映った時ぴったりで感動しましたもの。これ一度伝えたくて。
今回は初日のつぶやきが大興奮でした。楽しかったなぁ。
そして10年前もいた方のところ、私も読んで涙が出ました。ペンラで答えるのも素敵です。
相葉さんのソロは、国立帰りのお友達からやばいでやばいでって囁かれています。ドームでは思いっきりやられて来てくださいね。

福岡公演の無事を祈っています。
どうぞお気を付けて行ってらしゃい。
buko 2009/09/14(Mon)10:32:53 編集
・ Re:ありがとう!/Rumy→bukoさん
bukoさん、こんばんは。

レポ読んで下さってありがとうございます。去年は嵐が国立をどう使うかがポイントでしたもんね。図を描いたのは初めてでした。今年のポイントは国立スケールをドームにどう収めるところだと思うので、しっかり確認していきたいと思ってるんですけどね。

なんか、色々と喜んで下さって嬉しいです。実況も読んで貰えたのか。途中で切れちゃってすみません(笑)。

相葉ソロが福岡では私にどう襲いかかってくるか楽しみです。泣かされて帰ってきたらヨシヨシして下さい。行って来まーす。
2009/09/14 22:16
・ 無題
Rumyさん、こんあいば♪

もぅ 私もすっかり現場にいたような錯覚。
全然同じ年じゃないけれど
ひゃ~!♪
ってトリハダもんでした。

いつもありがとうございます。
Rumyさん、嵐さんたちに感謝です。
DVDが楽しみです♪♪♪
あめ 2009/09/12(Sat)07:32:24 編集
・ Re:無題/Rumy→あめさん
あめさん、こんあいば♪

キャプテンは本当に客席をよく見ているなと思いました。私はいつも松本さんかキャプテンにお世話になることが多いんですよね。今回もありがたかったです。

結局、あめさんの妄想力に頼ることになっちゃった。あんまり覚えて帰れなくてごめんなさい!次は頑張るよ!!
2009/09/14 01:27
・ すいませn
Rumyさん、覚えていてくれてありがとうございます。
続投になり、すみません。

前のコメに間違い発見。
”29日はスタンドの後列だったから”は28日の間違いですね。お気づきかな。

初コンが今年の国立ということはまるでコンDVDのダイジェストを観ているような気分でした。
こんなに贅沢していいのかしら?

札幌・東京・名古屋公演の当落発表が9月下旬にリスケされましたね。
暫くドキドキから開放。とっても気になるけど、あまり早くに嫌なフレーズは聞きたくないと思います。葛藤。
今年の国立3Days、DVD化されるとしたら何日目でしょうね?3日全部でも構わないから~。

よち 2009/09/12(Sat)00:18:23 編集
・ Re:すいませn/Rumy→よちさん
よちさん、こんばんは。

あ、実は気付いてました。指摘しないでごめんなさい。言うほどでもないかな~って思ってました。
>まるでコンDVDのダイジェストを観ているような気分でした。

分かる。時々、生なのに映像を観ているような不思議な感覚になりますよね。国立なんか特にそうだよな~と思います。DVDは国立で一本出すと考えればやっぱり29日ですかね?

発表予定変わりましたね。あまりのスライドっぷりにビックリしました。もっと早く言ってくれればいいのに。でも、毎日確認しなくて済んでラクになりました。福岡が終わってからですね。
2009/09/14 01:28
・ 初参加
Rumyさん、こんばんは。お久しぶりです。覚えているかな。

私は28日と30日に参加させてもらえました。28日はとにかく初めてだし、とにかく舞い上がっていました。30日目はご存知の大雨。29日はスタンドの後列だったから双眼鏡使っても嵐メンは豆粒くらいにしか見えず、30日は前列だったのでムービングに乗った彼らと視線が合うか合わないかくらいの席でした。
でもぐだぐだ言ってられないです。2日間も参加できたので。
で、当然のごとく記憶なんかすっ飛んじゃっているからレポ、助かります~。記憶よ、甦れ!ってカンジ。

ありがとうございました。
ドーム、発表まで緊張しますね。
よち 2009/09/08(Tue)23:47:13 編集
・ Re:初参加/Rumy→よちさん
よちさん、お久しぶりです。覚えてます大丈夫。

初コンが国立ってどんな気持ちなんだろう。とにかく強烈なイメージが自分の中に入ってきそうですよね。そして舞い上がってしまいますよね。嵐が目の前にいる不思議さと国立の相乗効果が凄そう。

ドーム発表来ないですね~。毎日待ってるんだけどな。もう気にかけるの疲れちゃいましたよ。
2009/09/09 22:01
・ おおっ!
Rummyさん、はじめまして。

いつも楽しく読んでいます。宿題くんの番協の時には、録画をもう一度見直したりなんかして。(すみませんです)

私も同じ日にいました。22ゲート5列目!
リーダーがスケステの下のほうを覗き込んでなにやらやってるのを見てましたよ。そこに「同い年」があったとは!

記憶のない曲が同じだったりして、コンサートの体験が甦るレポです。何度読んでも楽しいレポ、ありがとうございます!
のまえる URL 2009/09/08(Tue)15:59:35 編集
・ Re:おおっ!/Rumy→のまえるさん
のまえるさん、こんばんは。初めまして。

ちかーい!そして目撃されてた!なんだか嬉しいです。前にうちわ見かけましたよとか言われたことがあって、接近コメントって楽しいなと思います。

>記憶のない曲が同じだったりして

前例特有の症状なのかな(笑)?だいたい同じ景色を見てるっていうのもあるのかも知れないですね。

今回はホントにダメだったな~と思ってます。読んで下さってありがとうございました。また遊びに来てくれたら嬉しいです。
2009/09/08 23:36
・ 相葉の時代
Rumyさん、こんに千葉テレビ朝日。

(あそんでごめん)

まずは、一番やりたい事が出来た日(潤くん)に貴方が入ったという事が相葉さんの引きが強いという事なんだろう、と思っています。素敵なレポをありがとうございます。何度も読んじゃった。書くの大変でしたね。

そしてスタンド最前列、良かったですね。スケステにもぐっちゃうのは、残念だけども嵐面よくのぞきこんでくれたでしょ?とくに背中を反らしたくない人が、28日はずっと下見たり、足かけて座ってて可愛かったから、きっとあちらは見ていたと思います。
Rumyさんが気が付いていなくても、メインステとかセンタステから観るとパッと目につくのがスタンド最前のお客さんだものねー。あちらの相葉さんの記憶には絶対笑顔の貴方が残っていると思いますよ。緑の爪とか、可愛い笑顔とか。踊るあなたとか。笑うあなたたちとか。

最初の金色のコート(多分相葉さん袖無し?)でもう汗がいっぱい流れてキラキラ光ってたよね、それを脱いで、バックステージに立った相葉さんがコートを脱ぎ捨てて黒いランニングになった時、相葉の肩が出てる!!って大騒ぎしませんでしたか?私は騒ぎました。
関東Kさんの東京ドームに参加した影響で、ピカ☆ンチでは相葉さんが亀になってる—–と訳の分からない叫びをしてしまいました、
あの相葉さんが最強。バックのjr.さんも超ダンスが揃ってて、相葉さん間違えなかったでしょ!「本気の俺を見せてやる!」「見たよ!」って感じ。低音の相葉の迫力が認められる時代が来ました。

で、今の嵐さんの声で時代とかが聞けてよかった。ね。

忘れられないの隠しトラックを聴きながら読むとまたいいね。
Rumyさん、焼き肉食べにいったんだよね。たしか。
 ほんとうにありがとうございました。
バジル 2009/09/08(Tue)14:39:38 編集
・ Re:相葉の時代/Rumy→バジルさん
バジルさん、こんばんは。

ご挨拶はもう好きに遊んじゃってー(笑)。

29日は結果的に一番安定した日になったんだものね。まあ、中日ってのもありますが。それにしてもね。

こんなに長い文章書いてるのに全然中味ないじゃん…と不甲斐なく思ってますよ。何度も読んで下さってありがとう。でも、初回の感想ですしね。このベースがドームの方へ活きると思います。

いや、最前列は死角になりやすかったと思いますよ。タイミングもありますが、相葉さんなんか見向きもしない(笑)。

でも、確かに遠目に姿が映ってくれてると嬉しいですね。

このコンサートが記録に残ることでいいのは古い曲が今の嵐で蘇ることですよね。素晴らしいことです。

それにしても、バジルさん、相葉さんにやられ過ぎだな(笑)。低音系の相葉ソロね。確かに待望なんだよな。既存曲だからうっかりしてたけど。

焼肉?シークレットの韓国焼肉でしょう?違うお店だけど行きましたね。あれは美味かった。
2009/09/08 23:57
・ ありがとうございます。
Rumyさん、こんばんは。
待望の素敵レポ、ありがとうございます。

「We can make it!」
会場にいたお二人様同様、パソコンの画面に向かって、ブンブン頷く29歳がここに1人(←お前は関係ないだろう!)。知っていれば、29日に「私も同い年」って、国立に向かって念を送ったのに、って本気でどーしょーもない事を考えてしまいました。

相葉さんソロに、Rumyさんがどんな反応をするのか、楽しみだったのですが。心構えと席の関係でご無事だったようですね。残念。


ネットを徘徊していても、デビュー当時から嵐さんを応援しています!という方には、なかなか巡り会わないもの。
松本さんのナレーションに、ペンライトで応えたファンの姿に、胸熱くなってしまいました。
嵐の10周年に「おめでとう」って、より一層強い気持ちで言える気がします。

国立の幸せな空気のお裾分け。頂きました。ありがとうございました。
しずる URL 2009/09/07(Mon)23:20:17 編集
・ Re:ありがとうございます。/Rumy→しずるさん
しずるさん、こんばんは。

ですよね!しずるさんも同じ年ですもんね!だから?って思われても仕方ない些細なメッセージを拾ってくれたキャプテンには本当に感謝です。

10年来のファンの方々には本当にやられましたね~。普段は細かいファン歴なんてそう分かるものじゃないし、目の当たりにする機会もないですし(なんかレアキャラ扱いみたいで申し訳ないですが)、やっぱりその存在にはぐっとくるものがありました。あの場にそういう人たちがいてこそ意味があるし、感動出来るんだなと改めて感じましたよ。

相葉爆弾にはドームでやられる予定です(笑)。
2009/09/08 23:15
・ またまたありがとう。
Rumyさん、こんばんは。

初日同じような席で見てたけど確かに「地下」だね(笑)
でも、てすりのおかげでなんだかゆったりしちゃって、バラードのときは、
ペンラが揺れるスタンドや、アリーナでおそろいの服着てる女の子たちや、月の出ている空を見て、キレイだな~幸せだな~って思ってました。

MC、挨拶さすがです。にのさん初日は花火で中断しちゃったからね。(笑)
今回も入った気分にさせてもらいました。ありがとう。
たいがーまむ 2009/09/07(Mon)23:05:56 編集
・ Re:またまたありがとう。/Rumy→たいがーまむさん
たいがーまむさん、こんばんは。

前日&当日は色々と助言して下さってありがとうございました!水防御の対策はばっちりしていったんだけど、29日は風があんまり強くなかったのね。だから水の被害はほとんどありませんでした。霧で噴かれたくらい。風の影響ってこんなにも差が出るんだなって思ったの。

手すりは贅沢でしたね。だからぼーっとし過ぎたのかも。私も嵐じゃないものの方がいっぱい目に入ってたような気がします。アリーナのお客さん眺めるの楽しいですよね。

いや~、MCほとんど追えてないですよ?事務所バナシにあんまり感心がなかったっていうのもあって、個人的にまとめにくいネタでもあった。本当にざっくりで申し訳なかったです。でも、入ったような気になったっていう誉め言葉は嬉しいです。ありがとう。
2009/09/08 23:06
・ 甦る
こんばんは、Runyさん。

レポありがとうございます!
あ~なんだろう、あのシアワセな空間!!
風を感じながら、松本さんの言った月を眺めながら、嵐を見てました。
愛にあふれた空間だったと思います。
今回私も大野くんからファンサもらえちゃいました。3人で6連うちわを作成。他のメンバーもいたけどこの場でファンサをくれるとしたら大野君しかいないっと必死でアピール!にこっと指さしてくれたよぉー!!
私自身はテンぱってしまいあまり記憶にないのだけど連れの翔・潤ファンが崩れたから間違いないはず~。
shima 2009/09/07(Mon)22:15:59 編集
・ Re:甦る/Rumy→shimaさん
shimaさん、こんばんは。

風が気持ちよかったですよね。去年より時期は早いのに、気候は少し秋めいていたと感じました。

キャプテンのファンサは局地的過ぎて平等性にかけるって言われたりするんですが、元々全員にっていうのは無理にしても本当によーく見てるなあと改めて感心しました。

shimaさんも、お友達の方々も良かったですね!
2009/09/08 22:58
・ フーッ ありがと!
Rumyさん 今日は。 朝の通勤と昼休みとかけて読み終えましたあ ありがとう! 一人ずつを追ってないところ 双眼鏡で覗かない所…旦那がうるさいので持参したけど(笑)… 途中で宗教かと思った所

もう書き出したらきりがない 何かよく似た感想あって、ちょっと嬉しいわ。
それに前の方みたいだったけど23ゲートだったのねえ やっぱお会いすればよかったあ。24ゲート後段だったんです、私は。

私の付近にも本当にに初期の頃からのファンさんいて おーっアレルギーとか、何かそういうの聞こえてくるとジーンですよね。 おっと仕事しなきゃ! 本当にありがとね 素敵なレポ!
さゆり 2009/09/07(Mon)12:49:15 編集
・ Re:フーッ ありがと!/Rumy→さゆりさん
さゆりさん、こんばんは。

長い時間かけて読んで下さってありがとうございました!共感して頂ける箇所があるのは嬉しいです。誰かひとりを見続けるってことはまずないですね。基本、近くに来た人に全力かな。

結局、旦那さんとご一緒だったんですね!古いファンの方とって言っていた覚えがあったので。旦那さんはどうするんだろうと密かに思っていました。

なんだ~。ご挨拶したかった!私、会場入りしてからずっと暇でしたよ。無駄に紫外線浴びてぼーっとしてました。しかもわりと近くだったのか。

ファーストに好反応する古いファンの方々を見かけるのはこちらも嬉しいですよね。いいセットリストだったと思います。
2009/09/08 22:14
・ ありがとうございます
Rumyさん こんにちは。

先日は ご挨拶もそこそこに たいへん失礼いたしました。
もーキラッキラで まぶしかったぁ、Rumyさん御一行さま!
ぞんぶんに楽しんだ充実感に まさにハジケそうでしたね。

そして、長い長いレポ お疲れさまでした。
ワタクシ、もう記憶が薄れてきていたので(ザ・かぼちゃ頭) 一週間後のこちらのレポで、も一度ライブを楽しんじゃいました。ウレシイです!
たぶん、映像がでるとしたら29日だろうと睨んでいるので、いろんな意味で 何回も楽しめて なかなかウレシイ回かもです、29日は。
超力作のレポ、プリントアウトして また隅々まで味わいたいとおもいます♪
かえるやん URL 2009/09/07(Mon)08:26:00 編集
・ Re:ありがとうございます/Rumy→かえるやんさん
かえるやんさん、こんばんは。

完全に乱入でした。コンのテンションそのまま持ち込んでしまったから。知らない方もいたのに、ホント無礼でしたよ(笑)。

今回は一番ひどいなあと思ってます。いつもはもうちょっと覚えてるのに、思い出そうとしてもちっともなんです。それで、ああ見てなかったんだなと。そんな自分にビックリしましたよ。

個人的な予想ですけど、今回の国立は出ないんじゃないかと何となく…。ドームメインかなと、国立を見て思いました。テキトーな予想ですよ?でも、出すなら一番安定してた29日でしょうねー。

>プリントアウトして また隅々まで味わいたいとおもいます♪

ひいい、やめて!ちょう羞恥!!
2009/09/08 21:57
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11