忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
588  587  586  585  584  583  582  581  580  579  578 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日、二回目の観劇をさせて頂きました。
自分名義で、まあまあの席かなあなんて言ってたんですが、
予想以上に近くて、かなり良かったです。
どうしよう、めちゃくちゃ近い! ってわけではないんですが、
表情と全体と、いいバランスで見れる良席だったと思います。

これは私が二回目だったからか、席のおかげか、
はたまた演じる側のことなのか、
もはや正しい判断がつかないのですが、
昨日よりずっと良かったんですよね。
個人的な事情が勝っている気もするんですが、
とにかく良かったとだけ、まず言いたいです。
感想はネタばれになるので、続きに隠して書くとして。

本日のカーテンコールも三回です。
昨日も書いたように、一回目は相葉座長の合図で全員が上手下手中央の順に
お辞儀をしてくれるんですが、二回目の相葉さんと平さんから出てくる
ところが違って、下手からまず相葉さんが出て来てお辞儀をしたあと、
はにかんだようにして可愛く手を振ってました。
そのあと同じく下手からすぐに平さんも出てくるんですが、
相葉さんの真似して、こちらも可愛く(笑)手を振ってました。
二人がちょっとじゃれ合ってから、他のキャストもまた出て来て、
全員でお辞儀したり、手を振ってくれたり、
キャスト同士でじゃれ合いながらはけていったりと、
和気あいあいとしてました。私はその様子が結構好きです。
とても微笑ましいので。
相葉さんも、色んなところを見てくれて手を振ったりするので、
前列のお客さんとか、もうえらいことになってます。
三回目は相葉さんだけで登場。
真ん中に立って綺麗にお辞儀して、会場中を見渡して笑ってました。
もうこれは定番だと思うのですが、最後はまたセット内の階段を昇って、
多分、ここだったと思うんですが「ありがとうございましたっ」て
叫んで(ちょいマイク入り)、笑顔で手を振って会場を沸かせてました。
ちょうアイドル。

そういえば、書き忘れてたんですが全員でお辞儀をしたあとは、
生演奏のバンドの方々の紹介も入ります。
軽快なリズムを刻むんですが、途中、会場が拍手から手拍子になります。
その間、相葉さんもずっとノリノリでぴょこぴょこ跳ねてます。

だいたい、拍手のボリュームは相葉さんが一番大きくなるんですが、
今日は平さんに対してもすごく大きくて、なんだか嬉しかったです。

お客さんはほとんどが嵐ファンですが、
キャストの多さのせいもあって、何割かは客層が違うんですよね。
これはちょっと新鮮です。すごい年配の方とか、若い男の方とかもいて。
ついキョロキョロしてしまいます。



昨日は仕事帰りに駆け込んだので、バタバタし過ぎて撮れなかった
夜の表看板と、買えなかったパンフレットとポストカード。
写真だとうまく伝わらないけれど、電飾の色が変わったり、動きがあったりします。
パンフレットはほとんどがポスター撮りのときの延長なので、
誰もがどこかで一度が見たことのあると思われるあの雰囲気です。
全体的に淡いイメージ。青空と緑と、清々しい。
モノクロですが、見開きで稽古場の写真も載ってます。

このときと記者会見で着ていたグレーのシャツがとても好きだったのですが、
残念ながら本番では着ていません。囚人服はベージュなのでした。

それと、私は数分入るのが遅れてしまったので、目撃しなかったのですが、
昨日は相葉さん、じゃなかったコリンが一番最初に登場するシーンで
思わず歓声が上がってしまったそうですね(笑)。
でも、今日はそれがなくて、代わりに溜め息が漏れてました。
かろうじて、歓声ではなかったんですが、やっぱりコリンが出て来る瞬間って、
どうしても堪え切れないものがあるんでしょう。
その気持ちが溜め息で出たっていうのに、ちょっと笑ってしまいました。
それくらいは仕方ないですよね。みんな心配してるんですもん。

では、以下ネタバレとなりますので隠しまーす。

今回は間に休憩が20分入ることはもうご存知かと思いますが、
ぶっちゃけ、前半と後半ではかなり勢いが違います。
まだ日が浅いということは、高い金払わせて見せる舞台という点で、
言い訳にならないとは思いますが、やはり、あって。
それと同じように前半は演技に固い部分が見受けられます。
特に相葉! こら、しっかりやれ。

相葉さんに関してはあとに回すとして、
昨日はあまり書けなかった、共演者に関して。
かなり強いです、共演者の方々。やっぱり上手なんですよね。
前回も相葉さんと共演した田島令子さんがジョージナ役でご出演ですが、
この人が大人気です。いちいち笑いを頂戴する役です。
前回のマダム・カミーラはシスターということもあって、
ちょっと固い役どころでしたが、今回は陽気で、おちゃめで、甘えっ子で(笑)、
娘のプリムローズの方がしっかりしているので、親子逆転といった感じ。
ガーデニングの本の著者として有名だし、優雅なマダムといったところ
なので、衣装も上品かと思いきや、急にドレスに長靴と薄紫のふわふわを
あしらったつばの広い麦わら帽みたいなのを被って、
寝そべってる囚人たちに「昼寝かい?」と粋に登場したり、
取材旅行でアメリカから帰ってきたという設定で、
真っ赤なお花模様の派手なドレスにイカしたサングラスをかけて
颯爽と登場したり、その様があまりに可愛くて素っ頓狂で、
この人が出て来る度に会場に笑いが起きます。
なんか、何してもいい意味で笑われる。
プリムローズが囚人のコリンと付き合うことに反対したために、
「お母さんなんて!」みたいな感じで娘にキレられるシーンでは、
ひとりベンチに座って「だから植物が好き。口答えしないもんっ」
て言うところがあるんですが、その様が本当に可愛くて素敵です。
もんって。なんだろう、あの人。可愛過ぎる。
相葉さんがあの人を姉さん呼びしてるなんて(パンフレットより)。

あと、私が勝手に「駐在さん」と心の中で呼んでいる、
刑務所の監視係みたいな役の人がいるんですが、
この人もコミカルで楽しいです。
コリンは仮釈放中にハンプトンコートに出たくてわざと軽罪を犯して
刑務所へ戻るんですが、コリンが帰ってくるという日、
所長と駐在さんがそわそわしながら
(ホントはいけないことだけど、帰ってくるのが嬉しい様子)
待つシーンがあるんですけれども。
いざコリンが現れると、待ってたと思われたくないので、
急に何でもなかったかのようにするのですが、
昨日はあまりにテンパり過ぎて、被っていた帽子を落としてしまって、
それを何食わぬ顔で「こんなとこにあったのか」って拾っていたんですが、
今日はそれがなかったので、アドリブだったことを知りました。
その件がウケていたので、台本通りかと思っていたのですが。
あの人、いい味出してる。

いい味と言えば、内務大臣役の人も相当素っ頓狂で、
本当は官僚の嫌なヤツの役なのに、
出て来るなり変な鼻歌を歌っていて、笑われてました。

そんな感じで、結構キャラの濃い人たちが多いので、
随所に笑いがあって、それが会場の空気を徐々にあたためるという意味で、
すごく良い効果を生んでいるんですよね。共演者の皆様の実力に感謝。
相葉さん、そういう面でも相当助けられてると思いますよ。

で、相葉さんですが。
昨日も書いたように、コリンはぶっきらぼうなので、
前半、まだ仲間とほとんど打ち解けられないでいる間は、
結構、演技が固くて時々見てられないこともあります。
刑務所内の仕事にガーデニングを取り入れようということで、
囚人たちが小屋からシャベルやスコップを持ち出して準備を
する件の途中に、軽く踊るシーンがあります。
スコップをステッキのように扱う…と言ったらいいのかなあ。
うまく説明は出来ないんですけれども。
それが、かなり唐突に入るので最初は違和感がありました。
二回目に見てやっと気付けたんですが、
その踊りのあと、土を掘り起こしたり、額の汗を拭くとかの動きと楽器の音が
連動するっていう見せ方をしてるんですよね。
それが地味過ぎて伝わりにくい。楽器の音が大き過ぎるような気もするのですが、
単にキャストの息がまだ合ってないというか、コリンの動きもまだ固いという
点を含めて、今一歩といった感じです。面白くなりそうなシーンなんだけどな。

その件で、トニー(なすび)が「ラッパスイセンの種を蒔くんだ!」
と言い張るところがあります。大好きなホリー(本田有花)が好きだとか、
言ったんだったかな。でも、コリンはコリンなりに陽の当たり方とか、
色んな条件の元に、何をどこに蒔くかを真剣に考えていて、
「ラッパスイセン」に猛反対するんだけども、
トニーが言うことを聞かなくてケンカに。
そのときのコリンがすごいムキになるのが可愛くて、
手を出し合うコリンとトニーを仲間がそれぞれ羽交い締めの形で止めるという
マンガみたいな展開で、それでも足で蹴ろうとしたり、
もう体が斜めになっちゃって、「ラッパスイセンはやめろ!」
「いや、ラッパスイセンしか蒔かない!!」みたいな言い合いになります。
そこに、駐在さんがやって来て、コリンが
「おまえ、ラッパスイセンに対して個人的に嫌な思い出があるのか?」
と聞かれるところで笑いを取ってました。一応、そこで仲直りをするんですが、
はけていくトニーにわざわざ駆け寄って「でもおまえラッパスイセンはやめろよ」って
言うコリンがちょう可愛いです。しつこいんだ、ラッパスイセンに対して。
そんな「ラッパスイセン」はなすびのブログに写真が掲載されてます。
なんだろうなあ、文章じゃ伝わりにくくてもどかしいんですが、
ラッパスイセンの件、すげえ面白いんだよなあ。

今日は昨日書けなかった、コリンとファーガスの関係性、
というか、相葉さんと平さんの演技対決に関しても書きたいと思います。
もうとにかく、平さんは何を喋ってもあの声のおかげですごい説得力のある風に
聞こえる魔法みたいな演技をする方だなと思うのですが、
その言葉ひとつひとつが心を閉ざしてるコリンに染みていく様が、
相葉さんの演技というよりは、平さんの演技で伝わるというのがすごいです。
ファーガスはコリンに「おまえは心が優しいのに、なんでこんなところに来たんだ?」
と問いかけるのですが、最初はまったく話そうとしません。
でも、コリンもガーデニングを始めてみんなと打ち解けるようになって、
刑務所にも信頼を得て、仮釈放となるのですが、
そこでファーガスと最初の別れになるシーンがまず見どころ。
車椅子に座るファーガスとそれを見つめるコリン。
「行きなさい」みたいなことを言われて、黙って首を振るコリン。
この段階で、コリンはファーガスが大好きになっているので、
すごく心残りな感じで、出て行くことを嫌がるんですけれど、
結局、促されてしまい(ここはほとんどセリフがないのにそれが分かる)
投げやりな感じで荷物を持って走り去るコリン。
そのあとに、自分が大事に育てていたハイビスカスを外に連れ出して欲しいという
ようなことと、おまえはもうここに戻ってきちゃダメだぞというようなことを
言うシーンが、平さんの一人芝居でかなり渋いです。
結局そのあとコリンは戻ることになるんですが(前述の所長と駐在さんの件に繋がる)、
そのときも、自分でダメだって言ったくせに、戻って来たコリンを見て、
やっぱりファーガスは嬉しくなっちゃって「会いたかった!」と両手を広げ、
そこへ飛び込んでいくコリンは可愛いです。ひしっと抱き合う二人。

そんな感じで心を通わせるようになってから、ファーガスはまた同じ質問をします。
「俺はもう長くないから、おまえが抱えてるもの一緒に向こうへ持って行ってやるよ」
みたいなことを言うんですね。それでコリンは弟殺しの件を話します。
コリンはその罪で自分をすごい責めているし、誰にもそれを告白したことがないので、
堰を切ったように喋り出したコリンは止まらなくて、
その姿を見ていたファーガスは切なそうに、コリンに駆け寄ります。
昨日、私が観たときの相葉さんの演技は感情を高ぶらせていく様がちょっと
急過ぎた印象があったんですが、今日はなんだかノリノリでしたよ。
コリンが漂衣した感があったような。
ちょっとびっくりしたのが、そのせいか平さんの動きもちょっとおかしくて、
という言い方が合ってるのか分からないですけど、
多分、冷静に演技をすることよりも感情の方が勝ったというんでしょうか。
コリンに圧倒された感があって、ちょっと間が出来てました。
本当は泣き崩れるコリンにファーガスが近づかなくちゃいけないんですけど、
そこに至るまでに妙に時間がかかってたんですよね。
だからコリンも同じセリフを何度も繰り返さざるを得なかったという風に、
私には見えました。そのあとコリンがファーガスにすり寄って言います。
「俺はいつか、人を愛することが出来るんだろうか?」
ここで会場、すすり泣いてましたけど。

相葉さんが、自分はテクニックはないけど、
気持ちでいいんだよって、平さんが受け止めてくれるというようなことを
言ってましたけど、このシーンがそのいい例なんだろうなあと思います。
どうしたって平さんの方が演技がうまいし、相葉さんの演技力との
バランス具合って難しいと思うんですけど、意外にその差は感じないというか。
それってちょっと奇跡的な気もするんですが、
つまりその気持ちの部分で何とか食らいつけてるんでしょうね。
昨日、観た時点では公演中に相葉さんの演技が飛躍的にうまくなることは
ないだろうなと思ったのですが、まあこれが舞台の面白いところというか、
今日は、そうでもないかも知れないと思わせるものがあって、良かったです。
これは徐々に良くなるというよりは、回ごとにどうしても差が出るんでしょうね。
今日に関しては、当たりでした。

う〜ん、書いても書いてもキリがないですね。
私の文章力のせいでもあるんですが、長いですよね。単純に芝居の内容が。
ひとつひとつ拾えるとは思ってないですけど、
それでも書きたいと思うシーンがいくつかあって、
いくつかしかないはずなのに、なかなか先に進みません。

今日は最後に、昨日全体でも一番の見どころだと思うと書いた、
みんなで一致団結して庭園を作り直すシーンのことを書い終わりにしたいと
思うのですが、やっぱりあのシーン素敵です。
そもそも、相葉さんは本当に緑が似合うのです。
緑、というか植物? 相葉さんが植物に囲まれているのはとても素敵。
いちいち絵になります。ちょっとしゃがんで土の様子を伺う様だとか、
成長具合を伺うのに、そっと葉っぱを撫でる様だとか。
そして笑顔。相葉が植物の中で笑えば最強。
前半は演技が固い上にコリンは笑わないっていうのもあるんですが、
後半は仲間打ち解けているし、動くし、笑うしで良いのです。
今日の庭園作りは、席のおかげも手伝っているとは思いますが、
本当に活き活きとしていて、すごく楽しそうでした。
あんまり踊ってないと思ってたら、意外と色々ステップを踏んでいて、
あのシーンは小さいミュージカル風です。
仲間に愛されてる雰囲気が、相葉さんに合っているんだろうなと思いました。

ということで、今日は終わりです。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ ありがとう♪
Rumyさん、こんばんは。
舞台レポありがとうございます。二回分のレポ、何度かじっくり読ませていただきました。

もう会場の雰囲気とか相葉さんや平さんの様子がほんとによく伝わってきました。ドキドキしたり笑ったりして、観劇した気分になりましたよ。感謝です!ありがとう。

とりあえず電話はつながらなかったけど、来週もトライします。ダメでも青山には行きますよ!
kiki 2009/02/27(Fri)20:03:14 編集
・ Re:ありがとう♪/Rumy→kikiさん
kikiさん、こんにちは。

読んで頂いてありがとうございます。頑張って書いた甲斐があったってもんです。自分でもすぐ書かないともう二度と書けないと思って必死です(笑)。

電話は大変ですよねえ。でも、来れる距離なら劇場前の雰囲気だけでも味わった方がいいかもですね。コンサートもそうだけど、舞台は特に二度とない場所だって思えるので。
2009/02/28 17:28
・ ミラクル
Rumyさん、こんにちは。
楽しいレポをありがとうございます。お疲れ様でした。
「あいばちゃんが追い詰められるとミラクルが起きる。」とキャプテンが言っているのを少し前に読んだのですが、
Rumyさんが「ちょっと奇跡的」と書かれていて驚きました。嬉しい驚きです。相葉さんが植物の中で笑うのが楽しみでしかたがありません。
パンフレットの表紙がRumyさんのブログと感じが似ていて素敵です。 
buko 2009/02/27(Fri)16:33:06 編集
・ Re:ミラクル/Rumy→bukoさん
bukoさん、こんにちは。

相葉さんが土壇場でミラクルを起こせるのはテンパった結果がたまたま面白いときだと思うので、今回のはミラクルって言えるのか分かりませんけど(笑)、平さんとの演技力の差を考えたら、やっぱりミラクルなのかも知れないですね。気持ちだけでは負けないという気迫は充分にあると思います。泣きのシーンとかは特に。後半は本当にいい笑顔をしますよ。あれがコリンなのか相葉なのかはさておき(笑)。

>パンフレットの表紙

おお、そうかも。なんか嬉しい。
2009/02/28 17:26
・ 素敵なレポをありがとうございます
また、お邪魔しにきました。
映画を観ていたので、レポからいろんな様子が浮かんできて、うれしかったです。
なかなかこちらからは舞台まではいけませんが、幸せの種を分けていただけて、よかったです。
tomo 2009/02/27(Fri)04:48:12 編集
・ Re:素敵なレポをありがとうございます/Rumy→tomoさん
tomoさん、いらっしゃいませ。

映画を観てレポを読んで下さるとこっちも安心します(笑)。観てない人にどう言えば伝わるのかなあって思って書いているので。原作に忠実なので、あとは舞台版の雰囲気がどれだけ伝えられるかですよね。登場人物や設定も色々なので、舞台も最初は説明的な要素が多いのです。やっぱりあの映画を舞台にするためには少し大変な部分があるのかも知れません。

少しでもお役に立てれば幸いです。
2009/02/28 17:22
・ 無題
Rumyさん、こんばんは。
やっぱりRumyさんのレポ大好き。
空気も色も音も声もしっかり届けてもらいました。
ありがとう。

あと三日。
フラットに・・・って言ったけど、ちょっとドキドキしてます。なんだか心配で。
やっぱり相葉さんってそういう人なんだよな~。
たいがーまむ 2009/02/27(Fri)00:13:26 編集
・ Re:無題/Rumy→たいがーまむさん
たいがーまむさん、こんばんは。

なんか照れる。でも、伝わってますと言われると少し安心します。観させて頂いてる者として、還元しなくちゃなあという気持ちはあるので。いよいよ明日ですね。会場のほとんどの人が最初はドキドキしてると思います。仕方ないですね。だって本人も緊張してるんだもん。勘弁して欲しいですよ(笑)。
2009/02/28 17:17
・ 訂正
考えてみれば、平さんは絶対相葉さんをかわいがってくれるはず。稀代の名優の胸を借りられた強運をこそ寿ぐべきでした。
momorin 2009/02/26(Thu)18:11:49 編集
・ Re:訂正/Rumy→momorinさん
momorinさん、こんにちは。

あはは、訂正してる。平さんは優しそうな感じでしたよ。今回の役どころは自分にとっては珍しいってコメントしてますけど、とっても楽しそうに演技なさってました。相葉さん、本当にラッキーだったよなあ。
2009/02/28 17:14
・ 予習
Rumyさん 生き生きしたレポ ありがとうございます! いつも観劇の時はほーんとに大雑把にしか予習していかないので、凄い名作凄い名優さんにもかかわらず 途中でコックリなんて事もあるけど(笑) 確か5年位前の 松あにぃとキャプテンの舞台の時は 確かキャプテンの舞台みるの初でやたらと肩に力が入ったの覚えています。

何か本当に細かい所までRumyさんの気持ちが向けられていて ウルウルしちゃいましたよ。

しかし ベテランの中で緊張もしているだろうに その回毎の気持ちで 挑んでいる相葉くんに拍手ですね。

まだまだ続くRumyレポ 楽しませてもらいます。ホントにアリガトウ


追伸 au祭りな駅に大阪では遭遇できなかったですが 先ほど名古屋の地下鉄の構内で五人に会えました!
さゆり 2009/02/26(Thu)15:23:03 編集
・ Re:予習/Rumy→さゆりさん
さゆりさん、こんばんは。

自分でももう二度と書けないなと思うので、その回毎にちゃんと書こうと思ってます。感想もどんどん変わっていきそうな気がします。私も初めての舞台のときは肩が凝ったかも。今回も初回は妙に疲れました。なるべくリラックスするよう心がけてるんですけど、途中前のめりになってるときがあるらしいです。相葉さんが失敗すると、フッて顔をそむけてしまいますよ。片目つぶっちゃったりね(笑)。

>その回毎の気持ちで 挑んでいる相葉くんに拍手ですね。

本人、大変だろうね。でも、役どころのおかげか舞台上でも本当に楽しそうにしていますよ。明るい舞台で良かったです。役者も精神的なところで内容に左右されますからね。

私の近所でもちょこちょこ見かけます。au広告。
2009/02/28 17:08
・ ありがとうございました!
Rumyさん、こんにちは
劇場のざわめきまで聞こえてきそうな詳細なレポ、ありがとうございます。平さんとの共演、相葉さんには失礼だけれどとても心配だったので(だって平さんあまり性格よさそうに見えないし…)、差を感じさせない奇跡のくだりにうるっときました。きっと新しく見えてきたもの、つかんだものがあるのでしょうね。そんな役者相葉さんを映画やドラマで観られたら嬉しいなあ。
ではまたのレポを楽しみにしております。
momorin 2009/02/26(Thu)10:27:00 編集
・ Re:ありがとうございました!/Rumy→momorinさん
momorinさん、こんにちは。

>劇場のざわめきまで聞こえてきそうな

まじですか?それは嬉しいです。書いた甲斐があります。寝不足だったもん(笑)。

平さんとの共演、そりゃ心配もしますよね。演技力に関しては雲泥の差だと思いますもん。でも、レポにも書いたように、相葉さん気持ちの部分でかなり追い上げてる感はあります。限界はあるものの、平さん約束通りちゃんと受け止めて下さってます。

この経験をどう活かせるかは相葉さん次第ですけど、今まさに吸収中って感じでしょうね。有り難いことにまだ観れる機会がありますので、引き続きレポ頑張る所存です。私も相葉さんの成長が楽しみです。
2009/02/28 16:58
・ ありがとう
Rumyさん、おはようございます。

相葉さんがメチャ忙しい中で座長が出来るのも、
舞台の上でミラクルが起せるのも、
彼が共演者の方々と信頼関係を築けているからでしょうか。
もちろん、皆さんプロなのでいい舞台を作るために全力を尽くしてらっしゃるのでしょうけれど。
芸暦も実力も上であろう俳優さんの力を借りながら、
相葉さんが実力を出し切っているってのがRumyさんの記事から伝わってきて、
それがとても嬉しいです。

後は、相葉さんが怪我・病気をしないで最後まで走りきれるように祈ってます。

Rumyさん、舞台の雰囲気がよーく伝わってくる詳細な舞台レポ、
感謝しています。

みさっちゃん 2009/02/26(Thu)09:16:54 編集
・ Re:ありがとう/Rumy→みさっちゃんさん
みさっちゃんさん、こんばんは。

信頼関係は築けてるんだろうなあと思える雰囲気があります。どんな仕事でもひとりの力じゃどうにもならないことを、助け合いながらうまくやるものだけれど、舞台はそれが目の前で繰り広げられるので、より伝わります。影のスタッフとか暗闇の中で頑張っているのとかも見えますしね。そんなところにも感謝する気持ちになりますよ。

雰囲気伝わりますか?もうどう書いていいか分からなくて。前回はわりとゆっくりとした話だったので、場面ごとに追ったんですけど、今回は展開が早いし、ひとつひとつ追っても意味がなさそうな気がして。少しでもお役に立てていれば幸いです。
2009/02/28 16:50
・ ぽつぽつとね
Rumyさん、おはよんございます。

やぁ 24日 同じ回にいたのですね!
無敵なRumyさんに お会いできたらよかったのになぁ…。
舞台は、何回かみると また楽しみが増すものですからねー。
あとは 来週なんでしたっけ?
当日券もあるし、Rumyさんの舞台レポが ぽつぽつ着実に増えていくのを楽しみにしてます。
繊細で ふわふわっとした 相葉コリン、皆様の意見とはちがうかもですが、ワタクシ大~好き♪
平さんは、なんかヴィオラみたいな ツヤのある声でしたね。
いいカムパニーだなぁ♪って 嬉しかったです。

(ケンカのシーンで 羽交絞めにされた コリンのイナバウアーに タメイキがでました。
なんてまぁ しなやかなカラダなんでしょーか!)
かえるやん URL 2009/02/26(Thu)08:49:22 編集
・ Re:ぽつぽつとね/Rumy→かえるやんさん
かえるやんさん、こんにちは。

え、24日いらしてたんですか?知らなかったよ。でも、あの日は私、滑り込むように入って、終わったあともすぐ去ったので、ほとんど鑑賞中しか青山にいなかったです。知ってても、会えなかったかもなあ。残念。でも、全然無敵じゃなかったから!仕事帰りでもうボロボロもいいとこでした。やっぱり忙しくてなかなか上がれなくて、開演30分前くらいに「もう限界です!!」ってホントに仕事放り投げて青山へ走りましたからね。疲れたー。

本当にみなさんに良くしてもらってる感じが伝わってきて、相葉さん、今回も恵まれたなあと思って見ています。優しい人たちだね、共演者の方々。いいカンパニーです。

>コリンのイナバウアー

まさに!体、ちょう反れてましたからね。あれ可愛い。

うん、レポはまたぽつぽつ増えます。とりあえず、明日行って来ます!
2009/02/28 16:40
・ GREEN♪
Rumyさん、おはようございます。

いつもありがとうございます。伝わりますー。
劇場前の雰囲気も♪
本当にいつもupして頂いて嬉しいです。

そうですか。植物とあいばさん♪
WSでもあいばさん、キレイ超でしたよね!
イケメてましたよね~

キャプテンとの観劇も(気がつかなかったとはいえ)うらやましいです。

邪念が多くてスミマセン…。
あめ 2009/02/26(Thu)06:28:13 編集
・ Re:GREEN♪/Rumy→あめさん
あめさん、こんにちは。

伝わりますか?たいしたこと書けなくて、どう書いていいかも迷いながらなので、自分でもどかしいです。ああ、これもあったのになあって思ったりする部分もまだあるので、追々書いていければと思ってます。WSはズームしか確認出来てないあのですが、あれで流れてたのは、コリンとファーガスが抱き合ってるところだったと思います。仮釈放から帰ってきて再会を果たしているのがあの場面です。あと、苗をひたすら並べてるシーンがあったと思うのですが、それは前半の踊りのあと、みんなで苗植え競争をしているシーンです。あのへんもちょっとミュージカル風です。

キャプテンの姿、拝見出来ればよかったんですけどねえ。なかなか見つけるのは難しいです。見つけた人、凄いと思うもの。
2009/02/28 16:34
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11