忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
511  510  509  507  506  505  504  503  502  501  500 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

嵐コンのDVDを観る頻度って、人によって違うと思いますけれども。
週1とか? 月1とか? 別に統計を取ったわけじゃないですけど、
私は比較的、観ない方なのではないかと思っています。
多分、月1も観てないような気がします。
気分が向いたときに観て、おお〜懐かしいとか言ってるタイプです。
あと振りを確認するときですかね、ある曲を集中して観るとかはしますけど。

でも、最近Timeコンを真剣に観ました。
なぜなら売れてるっていうから。

観てない方だと言っても、発売してから1〜2回しか観てないという
わけではなくて、そりゃ何度も観てるんですけれど、
今更売れてるって聞いて、確認したくなってしまったんです。
友達に「あのときはありがとうね」と言われて、
え、私、何かしましたっけ? って聞き返すような感覚。
ちょっと違うか(笑)、なんかうまく言えないですけれど。
あのDVD って何が映ってたんだっけと思ってしまったんです。
いや、Timeコンが映ってることには間違いないんですけどね。

最初は、嵐コンが軽く流行っているんだと思っていたんです。
各メディアが嵐コンについて触れるとき、
以前にも増して高い評価を添える風潮が強くなっているので。
そんなに言われたらちょっと観てみようかなって人が出て来るのは、
想像に難くないわけで。
そしたら普通、最新のものを手に取りますよね。
だから売れてるんだと思っていたんです。

でも、実はそうではなく、単純にファンが増えているんだ。
そう気付いたのは最近です。ごく当たり前のことなのに。
なんでしょうね、私は勝手に嵐ファンの激増ってもうないのでは
と思っていたんです。それは自分が嵐にハマった2007年がピークだと
いう意識がすごく強かったので、それ以上のことってないんだろうと
思い込んでいるのです。
だって、2007年て、嵐ファンベビーブームの年みたいなもんでしょう?
だから、いつまでも自分たちがファンの底辺だと思っているんです。
永遠の小学一年生みたいな。

私が初めて観た嵐コンDVDは「いざッ、Now Tour !!」なんですけれど、
そのときの衝撃を私は今でも忘れません。
どんなコンサートに参戦しても、生で嵐を見ても、
コンサートとしてのベストが「いざッ、Now」越えすることは、
未だにありません。DVDと生参戦を比較するのは難しいのですが、
それでも。

だからどんな形にせよ、初めて嵐コンと対峙するというのは、
やはり個々に何かしらの影響を及ぼすような気がしているのですが、
それがTimeコンだったとき、どんな印象になるのだろう。
そんな視点を持って改めて観てみたのです。Timeコンを。

そしたらね、これはもう想像に尽きてしまうのですが、
あまりにもインパクトのある内容なんじゃないかと思うのです。
嵐がドームを制する勢いとか、笑顔とか、切なさとか。
なんだか嵐の集大成DVD みたいに見えて。
もはや、歌って踊る姿が格好良い! とか云々じゃなくて、
このグループ、このまま最高の笑顔で解散すんじゃないかって
いうような勢いで相葉さんは泣くし、翔くんの挨拶は感動的だし。
今までやってきたことが間違いじゃなかったと胸を張って言える。
え、一体嵐って今まで何やってきたの?
って単純に思いますよね(笑)。

2003年、「How’s it going」で何があったか、
2004年、「いざッ、Now Tour!!」で嵐がどんな風に成長したか、
もはや想像することでしかその何かを補充することが出来ないのと同じように、
2007年、「Time コトバノチカラ」がなんであのような結果になったのか、
色んな人が色んな解釈を持つのだろうと思うと、不思議な感じがします。

2年間。ファンとしては到底浅い月日です。
でも、濃かったなあと思います。嵐史上最大の確変期ですからね。

「嵐は変わらない、変わらないのが嵐」メンバーが、特にニノが言うけれど。
変わらないなんてことはないですよね。本当は彼らもそれをよく分かっているはず。
「嵐と嵐ファンの持つ思想には、ズレが生じない」とは、
『CUT 10月号』での二宮さんの発言ですけれど。
当然、ズレが生じていないなんてことはなくて、
ずっと帳尻合わせをしてきたんじゃないか、と私は思うのです。
ドームでやるなんて、嵐の器じゃないと思わせないように、
嵐はファンにこれは祭りなんだと言い聞かせる。
せっかくのドームが盛り上がらなかったら悲しいからと、
ファンは気持ちを切り替えて盛り上げようとする。
ドームが定着化しつつあると、嵐コンの良さがなくなっちゃうと思わせないように、
嵐は精一杯会場を走り回る。その姿があまりにも愛に溢れるので、
ファンもそれに応えようとする。国立も同じです。
そういう風にお互いが歩み寄る形の繰り返しで、ここまで来てるんですよね。

でも、嵐がこれだけ単純消費されるようになって、
相当難しいバランスの天秤を掲げているように思うんですよ。
でも結局はファンを「嵐が大好き!」ってところに持ち込める。
その肝は絶対的にコンサートにあると思うんですが、
今のところ、彼らはそこを裏切らない。
見事なものだなと思います。

誰もが認める国民的アイドルが出来るまで。
嵐ファンでいることの面白さのうちに、
そのプロセスを見届けることと書いたりもしましたが、
必ずしも面白いことばかりが起こるわけではない。
それは段々と分かってきたことです。
今はアイバゴトまだかな〜とか呑気なことを言っていられるけれど、
きっとそのうちこんなはずじゃなかった…みたいな生意気なことも
言うようになる気がします、何となく。
私もファンとしてのスタンスが変わったな〜とか思います(笑)。

そんなことを思う、2008年、年末前。

さっきからこの記事をどう締めようか、すごく悩んでます。
終わらせられない。でも、終わります。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ 大人になるということ
Rumyさん。はじめまして(実は前に一度だけコメントしたことがありますが・・・)
私もファン暦1年半ぐらいの新米ファンで相葉ちゃんが大好きです。

私は彼らについて多くのことを知っているわけではありませんが、最近の彼らを観ていて、立派な社会人だなあと思います。
少年でも青年でもなく自己責任の負える大人です。

「5人で嵐」は揺ぎ無い事実だともいますし、それは今後も変わらないと思いますが、、実は嵐という括りを取り払ったほうが、彼らの成長にとっていいことも出てきているなぁ~と思っています。
5人とも個人名で仕事をすることで、各自のスキルがアップする可能性がより大きくなっている。
そして、それをするべき時期なのだろうと・・・
嵐としての活動を優先するがゆえに、個人の仕事の幅(時間)が狭くなるのは、果たして彼らにとっていい事なんだろうか?とも思っています。
たとえば、相葉ちゃんは、長期間海外を旅するレポーターとか、料理人の修行を海外でするとか、そういう長いスパンの企画に参加したら、新境地が開けるような気がしてます。彼は慣れるまでに時間がかかる気がするのと、彼の良さは人との関わりで活きて
ると思うので、素人さんと接して欲しいんですよね。国内でもいいのですが、今の人気じゃ難しそうだし。
翔君も然りです。
あと5年後でもいいのかもしれませんが、20代のうちに経験しておくほうが将来の彼らにとっていいことも、たくさんあるように思えます。
彼らのファンを思う気持ちは本当に温かいですし、ライブが彼らにとってもファンにとっても大切なものではあるけれど、その思いが強すぎて無意識のうちにみんなで枠を作っているのではないかと思うんです。
もし彼らの中でひとりでも、長期的なスパンで何かをしたいと思うのなら、それを我慢することなく、話せる環境だといいなあともいます。
そして、それを心から応援できるファンでいたいなあと思います。

長々と失礼しました。
おーたむ 2008/10/27(Mon)20:26:49 編集
・ Re:大人になるということ/Rumy→おーたむさん
おーたむさん、こんばんは。

覚えてますよ〜。HNがすごく印象に残っているので、もう何度かコメント頂いたような気がしていたのですが、ホントに1回だけでしたね。キャプテンの個展のときですね。お久しぶりです。

おーたむさんの仰っていること、すごくよく分かります。それもひとつ正解なんでしょうね。でも、多分それは本人たちの中で答えが出たんじゃないかなあと。かつて何かで翔くんが言っていたような。嵐じゃない方がある意味可能性があるっていう言い方じゃなかったですけれど。結局、嵐ありきなのだと、悟った時期があったんじゃないかと思います。それこそ松本さんなんて、ひとつの仕事を満足いくようにやるためには時間が足りないってハッキリ言ってたときもありましたよね。でも、そんな悩みや苦労もアイドル業の使命なんだろうし、時間をかければ満足出来るかっていったら必ずしもそうじゃないってことも、分かっているんじゃないかなあと。少なくとも、彼らが今何を優先すべきかって、「まず嵐であること」という答えは5人共有しているんじゃないかと私はそう思って見ています。

>彼は慣れるまでに時間がかかる気がする

私はあんなに慣れない芸能人を初めて見ましたよ(笑)。いい意味でも悪い意味でも天性のものですよね。そういう面ではあの人が長くやれるレギュラー番組をひとつ持てていて、本当に良かったと思います。

20代にしかやれないこと、やっておくべきこと。もはや何が正しいのか分からないですけれど、みんながみんな、思う通りに仕事や夢を叶えられるわけじゃないし、それはきっと嵐も一緒で、今やるべきことと、今やりたいことが食い違ったとしても、仕方ないときもありますよね。それが悪いことではないし、本人さえちゃんと歩を進めていれば、あとで振り返ったときに色んなことがちゃんと財産になるはずだと。同世代としても、何となくそう思います。どうでしょ。

多分ね、今、メンバーに少しでも迷いがあったらこんなに人気出てないはず!逆に人気出たのも、本人たちがそういう山をひとつ越えたからなんでしょうね〜。
2008/10/28 01:45
・ 揺れる気持ち
Rumyさん、こんにちは
私も2007年1月の大阪城ホール凱旋コンが初コンサートのファンベビーブームの生まれです。大阪京セラドームでのTimeコンでは会場の大きさと超満員のファンに圧倒されました。
あれから一年、城ホール再びの願い虚しく、5大ドームツアー、国立競技場から始まったアジアツアーと快進撃を続ける嵐!
演じる相葉さんが観たいなぁ
と呑気に待ってたら、キャプテンがスポーツ新聞やテレビ誌のドラマ主演男優賞に選ばれ、ニノのドラマは高視聴率発進です。ごめん!相葉くん演らなくていいや!と思い始めたタイミングでのRumyさんのこの記事に思わず涙が、そしてTimeコンDVDを観てまた涙。コンサートの相葉さん最高!これだけで充分かも。。


buko 2008/10/27(Mon)14:36:36 編集
・ Re:揺れる気持ち/Rumy→bukoさん
bukoさん、こんばんは。

お~、城ホールの凱旋コン。いいなあ、ファンになるのがあと一ヶ月早かったらな。横アリ間に合ったんですけどね。なんて言ってたらキリないですけど。でもほぼ同じ内容で規模違いを比較してみたかったな。

>ごめん!相葉くん演らなくていいや!

爆笑です。ごめんて(笑)。でも、前にも書きましたけど、完全にハードル上がっちゃいましたからね。まあ、お芝居がすべてじゃないので、何でもいいんですが、今自分が期待してる何かって、何なんだろうと、ふとね、考えてしまって。待ち過ぎて考える時間だけはあるから(笑)。
2008/10/28 01:11
・ 私は
こんにちは。このお部屋で、何度か嵐に対するスタンスが変わる、と書かせて貰いました。私の場合、それは全く個人的事情と、嵐仲間との問題でしかないのです。そして、そんなこととは関係なく、嵐は嵐として「変わらずにそこにいてくれる」っていうことが支えになってくれてるんです。
でも、もしかしたら、それさえも幻なのかもしれない。そんな不安もふとよぎったりするこの頃。
いつまでも、変わらない愛を捧げたい。
やすこ 2008/10/27(Mon)12:57:08 編集
・ Re:私は/Rumy→やすこさん
やすこさん、こんばんは。

嵐にとってはファンの方が幻かも知れないって考えたことはありますか?嵐は今まで間違いなくあの五人で来たとのだと思いますが、ファンは違います。

だからきっと、状況とか立場ではなく、やすこさん自身が変わらなければ、嵐も変わらずにそこにいるってことになるんじゃないかな~と思うんですが、どうでしょう?

多分、不安なのは嵐の方です。うん。頑張ろう。
2008/10/28 01:01
・ せつなーい
Rumyさん、こんにちま

いつもキッパリしたRumyさんのテキストに、ちょっとしたゆらぎがみられて、
なんか心をグッとわしづかみされちゃいました。
いや、どの角度からみても、あの人たちは たいしたものです。
「嵐は変わらない」 と、あの人たちが叫び続けるのなら、思いこみだろうがなんだろうが、
ファンのほうもその努力をしていきたい!
泣くのがイヤで避けていた 「TIME」、いよいよ開封しますか (え?)
「解散するんじゃないかって勢い」 に 笑っちゃいましたから。
かえるやん 2008/10/27(Mon)09:09:08 編集
・ Re:せつなーい/Rumy→かえるやんさん
かえるやんさん、こんばんは。

たまには揺らぎますよ。揺らぐっていうか(笑)。理想としたことが現実になるとこういうことになんのか~とか、見えてきたこともあるじゃないですか。考えますよね、色々。

すべては思い込みですよ。それで楽しければいいんだと思います。

>いよいよ開封しますか (え?)

いよいよね~って、え?いや、知ってます(笑)。やっぱり真っ正面から一人で観ると全然印象違うと思いますよ。これを機に腹を括ったらいかがですか?
2008/10/28 00:55
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-111 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 10 next 12