忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
760  759  758  757  756  754  753  752  751  750  749 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1月であるうちに、ツアーのまとめエントリを上げたいと思いながら、
早いものでもう1月も最終日。
皆様に読んで頂けるときは間違いなく2月を跨いでいると思いますが、
私の中ではまだ1月だし、このエントリは1月31日で打たれるはずです。
大丈夫。

長いツアーでしたね。
回数は少ないけど、今までで一番長い期間を設けて行われたツアー。
早い人は8月で、遅い人はこの1月で。
一度も参加出来なかった人ももちろんいらっしゃるでしょうけれど。
不思議なツアーだったなあと思っています。

私にとってはファンになってから早いもので5タイトル目のツアーでした。
ちゃんと数えてみるとちょっとビックリするんですよね。
丸三年で5つやってるんだよ、あの人たち。忙しいなりの工夫したやり方で。

その、私の知っている限りのツアーの中で比べて思うことは、
やっていく中ですごく変化のあるツアーだったということです。
ファンの変化と急増はTimeコンの再来とも言えるようでした。
あのときは大きくなる嵐とそれを不安に感じるファンの関係性に
ドラマがあったように、私は捉えているのですが、
今回はそれに社会現象が加わったのかな。
嵐とファンとそれを取り巻く世間との関係性。

私は今までずっと、コンサートとはファンが嵐を確認するところだと
思っていました。あの場所で、嵐コンはやっぱり楽しいと、
自分はこの人たちのことが大好きなのだと確認する。
そしてまたここに来たいという気持ちの繰り返し。

これは完全に主観なのですが、多分、今ツアーの前半には変わらずに
そういう空気があった気がします。でも、いつからなのかなあ。
とにかく、私が名古屋最終日で感じたのは、
あの場所を誰より求めているのが彼らだったということです。
うまく言えないけれど、あの場所で彼らは常に冷静でいなくてはならないと
思うんですね。それは見せる側だから。ファンを気持ち良くするのが彼らの仕事だから。
そういう意味で力関係的に嵐の方が有利だとする。でも、その関係性が崩れて、
逆転が起こったような瞬間がいくつかあった気がします。
繰り返すけれど、主観ですから。あまり鵜呑みにはしないで欲しいのだけれども。
なんていうのかな、ファンを置いて行く瞬間があったとでも言いましょうか。
会場の作りが悪いとか、構成が悪いとか、席が悪いとか、
そういう問題でないところで、私がコンサート中にそう感じたのは初めてでした。
それくらい、彼らは全力であの場所を求めていたし、
その分ちょっと感情的になり過ぎていたのかなと。

私が言いたいのは、それを責めたいとかではなくて。
そーだよなあ。と、ただただ納得するのだということです。
彼らが何よりコンサートの場所が大切だと言い切ること。
ニノがどこへ行っても「自分の戻る場所は嵐だ」と言い切るように、
ファンと対峙するコンサートが一番いい顔ができる場所だと言って貰える。
この状況下でそう言われることはとても喜ばしいと思うけれど、
もはや、コンサートなしではやっていかれないのは彼らの方なんじゃないか。
ファンのエゴといえばそれまでだけど、それでも。

彼らがやりたいと願って、また皆で集まれる場所が出来るといいと思う。
まず彼らのために、今年もまた新しいツアーが出来るといい。
そうしたら、きっとそこが彼らの強い足場になる。
もし、そこに自分が行かれなかったとしても、他の誰かが代わりに「頑張れ!」って
伝えてくれるだろうし、それで彼らが頑張れるならいいかな。

と、達観した10周年の終焉。ファン四年目の冬。

最近、「揺らせ、今を」がオリンピック選手応援というより、
彼らが自分たちを励ます曲にしか聞こえないんですよね。

いつのまにか時代は動いた。もう何を言われたっていいや。
あれからもっと強くなった自分が待っているだろう。
きみに風吹きますように、きみに届きますように、きみが笑うように。
また続いていく、そしてまたどこかで会えるよ。

うん、またどこかで会えるといいよね。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ 余裕の笑顔はうれしかったよ
Rumyさん、コンアイバ
破顔一笑というのかな?四文字熟語で。相葉さんの笑顔は本当に綺麗でしたね。ゆっくりと回ったコンサートの中で毎回リハーサルを念入りにやったのも初めての経験と潤君がラジオで言っていたのかな。
色んなコンサートに行って、それぞれの力で曲やダンスをこなしていいコンサートを見せてくれるのですが、どうしても必死さが出ちゃったり、あるいは慣れが出てしまう様に思います。それに比べて、今回の嵐のツアーは余裕綽々だったかも。最後の名古屋では段取りを押さえるとか、時間通りにこなして行くというのが見えにくくて、良かったです。とってもリラックスしてるようで、相葉さん特にしっかりしていて。すごく周りを見れる人になったんではないですか?私も5人の笑顔に集中して楽しめたように思います。(若干記憶がないけど)
大雨の中で、しょうがない,と割り切りながらも次々起こるトラブルに対応して目配せやひそひそで指示をスタッフに出したり、受け取ったりしながら恐る恐る突っ走った0830と比べ物にならない余裕が感じられて、ああ,こんなにもコンサートは楽しいのかと思えました。だから私は幸せだったな。このままのセトリで良いからもう少し追加を出して欲しいと思ったのに裏切られ続けた半年間でしたけれども、ねえ。どうか一つ,次も楽しめるツアーをのんびりやって欲しいなと思います。
それからファンのみなさんがもう一寸スタッフとバックバンド(5x10オーケストラ)に声援を送る習慣がつくような教育をどうにかファンの間でしたらいいと。生演奏で最高に贅沢なコンサートを見られたんだもん、ね!!そこを盛り上げたいです。
バジル 2010/02/03(Wed)17:56:02 編集
・ Re:余裕の笑顔はうれしかったよ/Rumy→バジルさん
バジルさん、こんばんは。

あ、このツアーで相葉さんは確かにすごくしっかりしていましたね。ドラマと同行だったおかげかしら。ポンコツロボットの汚名を晴らすためだったのかも。とにかく立派だったです。もうちょっと頼りなくてもいいのにね(笑)。

大雨の日から半年経ってるんですよね。すごいなあ、早いなあ。色々ありましたが、ファンの変動はしばらく続くでしょうし、教育的なものが必要ならまだまだこれからなんでしょうね。うー次のツアーが本当に想像つかないなあ。
2010/02/09 00:51
・ 嵐が嵐であるために
Rumyさん、こんばんは☆

私が初めて嵐コンに行ったのはドリアラからなので、比較できるほどの材料は持ち合わせてないのですけれど…
そのごく少ない経験から考えても、名古屋でのオーラスの嵐さんは驚くほど“ハイテンション”だったと感じました。
きっとファンより楽しそうだったし、楽しもうとしてた気がします。

これからの嵐コンはますますチケットが取り難かったり、そもそも毎年開催が難しかったりしていくのかもしれないですけど、嵐さんがあれだけ楽しそうで、半分泣いてるんじゃないかと思うような笑顔になってくれるなら、それでもやっぱり「貴方たちが大好きだ」って伝える場所は大切だなぁって思いました。
嵐のコンサートはエンターテイメント性が高いと言われてますけど、それより何より愛し合う場所として存在意義があるのかな、って。

またどこか、いつか会えるなら。
それが今年じゃなくても、地元じゃなくても。
きっとわくわくして待てる気がします。
まっつん URL 2010/02/02(Tue)00:07:17 編集
・ Re:嵐が嵐であるために/Rumy→まっつんさん
まっつんさん、こんばんは。

どんなに人気が出てもコンサートをやらなくなったら嵐は終わりだと思っていて、それはファンがついていかないと思うところからだったのですが、その考えが本人たちのためにと少し変わったのはとても新鮮なことでした。

ここまで来ると、彼らのためにコンサートをと思う気持ちと共に、仮にやれなくなったとしても仕方ないのかなと落ち着いた気持ちになったり、色々です。無理やりの強行でやるのもなんか違いますしね。

そう、まっつんさんの言うようにコンサートはいつでもどこでも、わくわくして待つものだと思うので。今は何となく次のツアーの想像が付かないんですが、彼らにとってのベストで出来るツアーになるといいなと思います。
2010/02/09 00:44
・ そう、またどこかで!
Rumyさん、こんばんは。

名古屋は行けなかったので、コンレポ楽しかったです。いつもありがとう。相葉デーだったようで、観たかったなあ。

嵐が楽しいと言ってくれて、ファン以上に喜んで盛り上がってくれるコンサートが、楽しくないはずがないですよね。
私も、京セラ最終日の一人一人の挨拶を聞いてRumyさんと同じような事を感じていました。
相葉さんが「欠席届は認めないからね。」て・・・。

新しいツアーが始まりますように。行けなくても応援するよ!

buko 2010/02/01(Mon)22:05:52 編集
・ Re:そう、またどこかで!/Rumy→bukoさん
bukoさん、こんばんは。

このツアーがかな?MCの中心は相葉さんに戻った気がします。その前はもっぱら翔くんがネタにされることが多かったですもんね。

行ける行けないはもうナリユキとしか言えないというか。どうしようもないところまで来てますからね。好きな気持ちは変わらないので、ずっと応援出来たらいいなと思っています。

お互い頑張りましょう、ね。
2010/02/09 00:00
・ うん うん
おはようさんRumyさん。 通勤電車の中でうなづきながら 涙目になってしまったよ。 そうだなあ……10周年が終わり、これからだって一番わかってるの五人だもんね。 見守るって感じで これからもいきます…… しかし朝から涙目 こまったなあ(笑)
さゆり 2010/02/01(Mon)08:32:33 編集
・ Re:うん うん/Rumy→さゆりさん
さゆりさん、こんにちは。

月曜の朝っぱらから!そんな泣くようなこと書いてないでしょうよ(笑)。でも、あれだな。嵐ファンは今ナイーブなお年頃ですからね。いろいろ考えちゃいますよね。

まあ、わかりますよ。
2010/02/01 19:06
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09