忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
739  738  737  736  735  734  733  732  731  729  728 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜、理由は色々とあったのですがとにかく東京ドームに行ってました。
会場から沸き起こる歓声を背中で聞きながら、
ずっと混んでいてなかなか眺めることの出来なかった、
ホームのオブジェをゆっくり撮影したりしていました。
昼間もいいけれど、夜の姿もなかなかいいものです。
特に東京ドーム付近は今、クリスマスのイリュミネーションが綺麗なので、
嵐コンと相まって、なんだかとてもファンタジー。




オブジェの前には色んな人がいました。
公演中ということもあって、人は少ないのだけれども、
私たちのようなオタクな女子はもちろんのこと、
お父さん、お母さん、小さい子どもたち。
高校生の男の子、嵐の人たちと同じ年くらいの男の人。
恋人同士で来た彼氏と彼女、友達同士で来た男女のグループ。
もうファンなのかただの関係者なのか判断のつかないおじさん。

大袈裟ではなく、本当に色んな年代の男女問わないあらゆる人たちが、
このバスのオブジェや、ツアーの看板を一生懸命カメラに収めてました。
なんかね、すごく不思議な空間だったと思うんです。
ジャニーズのコンサートなのに誰も浮かない、平等で平和な景色でした。
お父さんは必ずしも子どものためだけでなく、
そこにいる誰もが嵐が好きで集まっているような感じ。

その景色を眺めながら、もしも嵐の人たちがここにいたら、
絶対に目を細めて微笑み、喜ぶだろうと確信していました。
もちろん、彼らはそれを見なくても会場でこの景色に代わるものを
見ているだろうと思うけれど。

もう、言い訳はきかないと思ったし、何かを認めざるを得ないと思いました。
何かっていうのはつまり、嵐がたくさんの人たちに愛されている、
というような、言葉にすると気恥ずかしいことなんだけれども。
それが、今までの常識の枠を越えてちょっと信じられないくらいの規模で、
巻き起こっているんだということです。

毎日のようになだれ込む、賞賛のニュースや人気を持ち上げられる記事、
訳の分からない比較や、記録を更新し続けるセールス。
嵐に変わらないで欲しいと言う前に、
実際変わったのはファンの方だということを、どれだけの人が認識しているんだろうか。
それは、個人が彼らを求める気持ちの変化というミクロなこともそうだし、
酷なことにそれらを掻き消すように覆い被さるマクロな流れもそう。
そもそも、ファンを形成しているものが、もう根本的に変わってしまった。

そんな未知な集合体を相手に「ずっと変わらないよ」と言い続ける彼らが、
会場を湧かせていると思うと、彼らが背負っているものの大きさが見えるようで、
やり切れない気持ちになるのとともに、その場があまりに幸せ空間なものだから、
今はこれがあるべき姿なんだなと受け入れざるを得ない気持ちになりました。

ファイナルで歌われたA・RA・SHIが空に鳴り響いたとき、
誰も邪魔できないっていうのは、言霊だったんだなと納得させられる、
なんとも不思議なエネルギーに満ちていました。
だって、それはもうすごい迫力だったもの。
あの場所に、嵐が存在することの強烈な振動は半端なかった。
最後のフレーズを会場に歌わせたこと。外でもたくさんの人たちが歌っていたこと。
そして、キャプテンの「for dream…」が最高に美しかったこと。
きっと忘れません。

地方へ行っていると、なかなか余裕もなければ、
ふらっと会場へ遊びに出掛けるなんてこともないので、
こういう機会があって良かったなと思えた東京公演でした。

年内最後のコンサートが、とにかく無事に終えられて良かった。
来年も怪我なく迎えられますように。次はいわくの名古屋公演ですから。

歓声も人気も消え去った東京ドーム前で。
またいつかここに来れますように。




*追伸 Rumyさん、そのポスターは部屋に貼るんですか?
いえ、貼りません。でも、並べるんです。NAOMSの順にな!ヒーハー。

PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ 初めまして
Rumyさま

初めてコメントさせていただきます。na-oと申します。不適切なようでしたら削除なさって下さい。

嵐さんの状況が目まぐるしく変わって行って、それに対して、何か釈然としない感じを私も受けます。
だけどそれは、もっと以前にも感じた事のあることです。
ちょうど初ドーム(鯖江じゃないです)の後・・・
あの頃も同じ気持ちでした。
TIMEコンの時もファン層はガラッと変わって
このままどうなるんだろう・・・と思ってましたけど。
結局それもまた思い出です。
だから多分今回も過ぎてしまえば、いい思い出です。
あんな祭りもあったね・・・って言う。最初のアジアツアーと同じものです。
・・・偉そうなこと言ってすみません。
でも、本当にそうだと思うんですよ。
だからRumyさんがまたここに帰って来られますように
っておっしゃってるのに、大丈夫ですよと
ついおせっかいに言いたくなってしまいました。
本当に、何て
偉そうなコメントをしてしまっているんでしょう・・・
本当になんだったら削除なさって下さい。


これからもエントリーを楽しみにしてます。
頑張って下さい
na-o 2009/12/18(Fri)17:47:41 編集
・ Re:初めまして/Rumy→na-oさん
na-oさん、こんばんは。初めまして。

いえ、全然問題ないですよ。お気遣いありがとうございます。

na-oさんが今まで感じてきた色んな節目の、今回は超拡大版といった感じでしょうか?私も2006年アジアツアー以降の追い風にいつのまにか加担したくちなのであまり言えませんが、この感じをあの頃のファンの方々に味わわせてたんだなあと今にしてより実感します。よく分からないけど、無駄に煽られるというか。誰も何も悪くないのに、空気だけがざわめくんですよね。

>結局それもまた思い出です。

分かります。ファンの人たちが彼らと共に色んな山を越えてきたのをこの数年だけでもたくさん見てきたので。今のところ、彼らはひとつひとつ丁寧に道を作ってファンを導いてきましたね。特にtimeコンの終焉はとても印象的でした。

>大丈夫ですよとついおせっかいに言いたくなってしまいました。

でも、私は過渡期世代の子だから(笑)!追う経験も追われる経験もあって、わりと上手に折り合いを付けられる方だとは思いますよ。色んなことがいい思い出になること、na-oさんと一緒に願ってます。

鯖江…笑いました。
2009/12/18 22:35
・ 並べると!!
Rumyさん
こんあいば。ポスターはそのように・・・なるほど!!勉強になります!!

もうあの日から1週間たったんですね。いっぱい考える種があるエントリありがとうございます。
>実際変わったのはファンの方だということを、どれだけの人が認識しているんだろうか
>そもそも、ファンを形成しているものが、もう根本的に変わってしまった。
>そんな未知な集合体
この言葉、最近もやもやしていたものをズバッと言い当ててもらった気分です。
うん、古いとか新しいとか、もうその次元すら超えた状況なんですよね、今は。
そう、これが現実なんだ。Rumyさんのいうように腹をくくるしかない。前向きに!
とっくに腹を括ってるだろう嵐でもこのカオスな毎日の中で、応援してくれる人の顔が見え、声が聞こえ、同じ空気を共有し、反応が直で帰ってくるコンサートは、彼らにとっても足場を確かめられる場所なんでしょう。インタビューなんかで時々その手のコメントを見かけますよね(複数メンバー)。未知な集合体の中の、既知であると信じたい人たちとの繋がりを確かめる場というか…。ファンとしてはそうあって欲しいし、そういう空間を参加できたなら精一杯一緒に作りたい。
最後のA・RA・SHIは特筆すべき一曲になったと思いましたが、外で聴いてもその印象は同じだったんですね。鳥肌モノの歌声…なんて簡単にまとめられない位すごかったです。あの瞬間ドームはまるで血が通った異空間の塊のようでした。

いわくの(笑)名古屋、最後の妖精さんポーズなどと共にぜひ楽しんできてください!
メルティー♪ 2009/12/13(Sun)23:57:28 編集
・ Re:並べると!!/Rumy→メルティー♪さん
メルティー♪さん、こんばんは。

そうか一週間か。なんか早いような遅いような。ポスターは並べて私が満足したら、すべからくクローゼットに仕舞われます。そしてたまに日の目をみたりみなかったり。

外ではこんな風に感じられましたよ。そういえば、せっかく会ってたのに中の様子のことをあんまり聞きませんでした!でも、あの日はあれで満足してたからいいや。結局は同じ気持ちだったようですし。

嵐がコンサートはやればやるほど楽しいと言ってくれる人たちで良かったなと思うんですよね。いやだって実際大変だと思うもの。ファンだってあんなに体力消耗するのに、とか考えてしまうけれど。それでも、あの場所にお互いが求めるものがあればそれは幸せなことですよ。でも、たまに思うのはどうしてコンサートがすべての解決の場みたくなるんだろうということです。生、であること以外に重要なことが詰まり過ぎているんだよな。これは嵐に限ったことではないのかも知れないけれど。
2009/12/14 02:42
・ ありがとう
Rumyさん、こんばんは。久々にコメントにやって参りました。

前のエントリでなんて記憶力!と驚嘆したのもつかの間、このエントリがあがってて。もう私、何日も何度も読み返してしまいましたよ。

露出しすぎだなぁ…褒められすぎだなぁ…っていう贅沢な思い(というか心配かな)はずっとあって。でもファンの変化とかいろいろを背負って「ずっと変わらない」って言い続けてくれるならね。そしてああやってコンサートをやってくれるならね。ってRumyさんのエントリ読んで想いを新たにしましたよ。ありがとうです。

そして最後のポスターに反応しちゃったよー。並べるのね。その手があったのか!
kiki 2009/12/10(Thu)00:00:50 編集
・ Re:ありがとう/Rumy→kikiさん
kikiさん、こんばんは。

はいどうも久々にいらっしゃいませ。記憶力も何も見たものを帰ってすぐ書いただけだからなあ。

あの人たち、本当にいっぱいのものを背負ってますね。背負っちゃいましたね?かな。やっぱりコンサートに帰結すると思うんですよあのグループ。でも、コンサートにはみんながみんな入れない。このジレンマはしばらく続くでしょうね。いまだに思い返すとすげ!と思うのは、ひとつの名義で複数公演取れてたあれは何だったのかなと。

kikiさんが気持ちを新たにするきっかけになったなら、光栄です。こちらこそどうもありがとう。
2009/12/13 22:18
・ はじめまして。
はじめまして。初コメントです。いつもブログ拝見しております。東京ドーム、私は参戦出来なかったのですが、素晴らしいライブだったようでなによりです。Rumyさんのレポと感想を読んで、なんだか感慨深いです。
ずっとブログを一方的に見てきただけなのですが、今日初めてコメントしようと思ったのは、リーダーのうらあらしをRumyさんはご覧になられたのかしらと思いまして。あれを読んで私は、今の嵐の状況に置いてけぼりにあいそうな私達の事を、リーダーはよく分かってくれているんだなぁと、凄く嬉しかったんです。リーダーは時々、なんでもない顔をして、私達の欲しい言葉を絶妙のタイミングでくれるからちょっと困ります。不意打ちでちょっと泣きそうになりました。やっぱりこの人はみんなが認めるリーダーだし、この人が嵐のリーダーで良かったって、嬉しくて凄く安心できたのです。Rumyさんはどう感じたのか、是非聞いてみたいと思い、勇気を出して初コメントさせていただきました。どう思われましたか?よろしかったらお聞かせください。
長々とコメントすみません。コメントなんてあまりしたことがないので、文章に失礼がないかとても心配です。今後もブログ、楽しみにしてます。
aki 2009/12/08(Tue)20:34:17 編集
・ Re:はじめまして。/Rumy→akiさん
akiさん、こんにちは。初めまして。どうもいらっしゃいませ。

うらあらし、読みましたよ。札幌の挨拶でもキャプテンは「調子に乗ってるメンバーがいたら言ってください」と話していて、うらあらしで言っていたことも同じようなことだと思うんですが、この人なんで急にそんなこと…とまずはビックリしました。多分ね、言うべきタイミングとしてはかなり遅かったと思うんです。

私は嵐の中ではタイプがざっくり3つに分かれると思ってます。現状をつぶさに受け止め危機管理能力が早い段階で働く、松本さんと翔くん。現状を誰より正確に受け止めておきながら、しらばっくれることでそうでもないみたいな空気を作るニノ、あまり細かいことは気にしない、もしくは気にしないようにするキャプテンと相葉さん。

松本さんと翔くんはファンへのフォローみたいなものが上手なんですよね。早いし的確なタイミングで仕掛けるというか。それに比べるとキャプテンはいつも、意図してるかは分からないけど、自身を取り巻く環境には無頓着だったし、特別何かを言う人ではなかった。それでも今はいよいよ気づかずにはいられない状況だということと、そういう人が発する言葉は得てして重いんですよね。キャプテンの言葉はいつもそうだと思います。

というのが、私の意見なんですけど、勇気を出して頂いた価値はあったでしょうか。お粗末さまでした。

ついでに言うと相葉さんは最近ニノとキャプテンの間って感じに思えます。どうしたってニノほどあざとくはなれないんだけど(笑)。
2009/12/13 17:49
・ ありがとう
こんばんは Rumyさん。お昼ま書いたように 帰宅してゆっくり長いエントリー読んで 宿題くんみて お風呂入って… さて 寝る前に携帯を開いたら またまた新しい更新が! 不思議なもので、自分参加のコンサートが早々に終了して 何だろう、少し 嵐が遠くに行ったような気がしたりする事がありました。 あのチャレンジの週間あたりから 周りでは特に 身近な人たちも嵐すごいね を繰り返し マスコミはどんどん煽る 何だか番組の視聴率は上がるし、本屋さんに行けばいつもどこかで五人が微笑んでいて… 少しの戸惑い… などなど 何かそう言ういろいろなものを 今Rumyさんが 静かに 解説してくれたようで… 何と言うか 澄んだ気持ちになれました。
うんうん 何かそんな感じなんです。 今日は1日Rumyさんの文章に癒されました! また明日も仕事頑張ります。
さゆり 2009/12/08(Tue)02:30:06 編集
・ Re:ありがとう/Rumy→さゆりさん
さゆりさん、こんにちは。

そうなんですよ。これだけ長いツアーだと各個人に温度差が生じるんですよね。それは仕方のないことだけど、なんか遠いなあと思う瞬間があるのも分かるような。

最近ずっとモヤモヤした気持ちがあって、多分一番イヤなのは世間に煽られるってことなんだと思うんですけど、それ含めて自分の中で折り合いをつけていかないといけないんですよね。

こうしていっこずつ整理をしていくと思います。
2009/12/13 12:38
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-111 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 10 next 12