忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
718  717  716  715  714  713  712  711  710  709  707 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、ヲタクという言葉を好んで使います。
オタクって表記でもいいんですけど、どちらも意味は同じ。
前はその言い方があんまり好きじゃなかったんですけれど、
今は必要があるから使うことにしました。
だから、好んでというよりは必要に迫られてと言った方が正しいんだろうな。

ここのところ、会社の人に毎日言われるんです。
「昨日、相葉くんのドラマ予告観たよ」
「あ、マイガールのやつですね」
「昨日、ネプリーグに嵐出てたね」
「あ、櫻井と二宮ですね」
「あ、ネットニュースに嵐載ってる」
「え、私まだ見てない!(一緒にPC画面を覗き込む)」
*チャレンジweek最終日のライブ記事だった
「…嵐、テレビ出過ぎじゃね?」
「いや、私に言われましても。なんせ10周年なんでね」

10周年なんでねって理由が正しいのか、もはやよく分からないですけど、
だってそう言うしかないじゃんか。

テレビっていうのはすごく分かりやすいメディアで、
人気のある人ほど、たくさんテレビに出ます。
人気者でもあえてテレビ露出を避けるアーティストもいるけれど、
ジャニーズのタレントに関してはそういうこともないので、
単純にテレビ露出が人気のバロメーターになる。
ここ数年の嵐人気の加速はとどまるところを知らないけれど、
やれ新規ファンが増えたとか、コンチケが取れないとかいう云々は、
ヲタク同士の中で成立する会話ですが、気付けばそういう次元の話ではなく、
いわゆるお茶の間ファンを巻き込んでの大騒動が起きようとしているわけで、
お茶の間ファンはもしかしたらヲタク予備軍なわけで、
その起爆剤は間違いなく、この一週間の中に仕掛けられているわけだ。

大袈裟なようだけれど、たぶん大袈裟じゃないんだな。

ヲタクってなあに? という問いに正確な答えを出すのは難しいけれど、
お茶の間ファンとの境目に、ひとつ線を引っ張るなら、
ネットの介在は大きいと思うんです。
HDDの中が嵐の録画でいっぱいになる。逃すと無償に悔しがる。
発売される雑誌をすべてチェックしようとする。コンチケに泣く。
実際、全部が全部を追うかどうかっていうのは人それぞれ違うとは思いますが、
その行動が選択肢として存在することを自然に受け入れているはずです。
普通の人は50時間の出演をすべて録画するって発想すらないよ。

その感覚を植え付けられているのは、ヲタクの行動を知っているから。
身近なところに熱心なファンがわんさかいれば話は別だけど、
最初からそういう人たちに囲まれているっていうのも珍しいでしょうから、
ヲタクのいろはは、おそらくネットの中で学ぶんだと思います。
ずっと昔はまた違ったでしょうけれど。

今までの嵐ファンの大半はおそらくヲタクで構成されていたんだと思います。
ファン歴の違いはあれど、結局は同じ穴のムジナだ。
でも、これからはきっと違う。誰もが嵐を大好きな時代が来るんだね。
だって、そうじゃないとこんな企画通らないですよ。
言ったら、日本国民がだいたいみんな嵐好き! みたくなるんですよ。

色んな感覚が変わるんだろうなと漠然と思います。
個人的な立ち位置で話すと、
私がファンになった2007年というのは嵐人気の転換期でもあって、
その後、コンスタントにコンDVDやシングルが発売されたり、
いわゆるアラシゴトに安定感が出始める年なんですけれども、
同時にそれまでの嵐を知る時間もまだ充分に確保出来たんですよね。
かといって、かつてのうだうだ感にリアルタイムでどっぶり浸かるわけでもなく、
でも、一応そのサブカル臭を感じつつ、飛躍の一途をひとつずつ階段を昇るように経験していく。
懐古しながら前進するというのかな。結構、バランスのいい時期だった。
今ファンになったと仮定してそれが出来るかと言ったらなかなか難しいので、
そういう意味ではギリギリの時期にファンになったなと思っているのです。

じゃあ、最近ファンになった人たちはどうすればいいのかって話ですけれども。
だから、このCHALLENGE★weekっていうのはさ、
みんなで一緒に嵐の総復習をしましょうよって期間なんですよ、きっと。
そう思うと、なんだかすごく下世話だけれど(笑)。
変な例えですが、今までろくに勉強してこなかった人がいきなり大学受験をすること
になったとして、今更、中学生の教科書まで遡るのは無理だから、
ポイントだけ教えてやる、そこだけは押さえとけ! みたいなことで、
深夜の再放送とかをしてくれるんですよ(放送地域が限られているのは何ともですが)。

なんて偉大な企画…!

でもさ、足並みって大事だと思う。ヲタクの中にも礼儀あり。
すべてを知ることは無理でも、嵐ヲタ予備軍がこの世に多く存在するのであれば、
最低限を知ることって意外に大事なことだと思うんですよ。
だから、いい機会ですよね。コンサートで、翔くんなんか変な動きしてる〜って笑うより、
翔くん、ヲタ芸してるんだ! って気付いてあげられた方がずっといいですよ。
そうやって、みんなで笑えれば今後もきっと楽しい。

そんなわけで、怒濤の一週間が始まりますが。
私は、出来る限り頑張ってみようかなと思っています。
全部観たい! というよりは、限界に挑戦してみるというこの煽られる感じが、
自分のモチベーションの源であるように思います。

とりあえず、深夜の再放送で外されるかも知れないが、
大好きなフィーエルヤッペンが流れますように。
定番はだいたい…流れるよね?
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ 深夜枠
Rumyさん、おはようございます。
始まりますね。嵐Weekが。22日からの嵐さんを追っかける為に必死にHDDの容量あけてきましたよ。がんばらないと!録画も観賞もdvdに落とすのも!
こんな話を友達としていると横で聞いてたnot嵐ファンの友達は信じられない・・の顔してました。これがヲタクとの違いだよね。でも普通に皆VSも嵐ちゃんも見てたそう。VSは子供受けも上々です。

私のいる関西では深夜枠の嵐は全滅です。思いっきり一部地域です。これがね~つらい・・・。フィーエルヤッペンもエアギターもしらたき帽子かぶった大野くんもちっちゃい画面で見て知ってるけどテレビサイズで見たい!あ、もちろん「0号室の客」も見れませんよ。早朝3時とか4時でいいから流してくれないかしら?
shima 2009/10/25(Sun)09:22:44 編集
・ Re:深夜枠/Rumy→shimaさん
shimaさん、こんばんは。

そもそも、WSを張るとかCMを撮るとかも、普通はやらないですよね。ジャニヲタは凝り性なんだなってよく思います。もちろん、それをみんながみんなやるわけではないでしょうけれど、記事にも書いたように、あえてやらないってだけで、やるって選択肢を持っている時点で正気の沙汰ではないですよね(笑)。

関西全滅かあ。でも、知ってるってことが大事なわけで。確かにテレビサイズで観れることは有り難いですけど。それより、何が抜粋されるか楽しみじゃないですか?どうせ全部知っているわけだし、その中で何が出て来るかって方が重要かなとか思ったりします。いよいよ今夜から始まりますけど、結果をお楽しみにってことで。
2009/10/27 00:05
・ フィーエルヤッペン・・・・
私も大好きです^^
でもあの翔君のビジュアル・・黄色い涙の為・・とかまではきっと説明ないですよね(少し翔君が気の毒だなぁなんて思ったり)。
二日酔いのリーダーが軽やかに飛べたのも凄いと思ってみてました。
私は真夜中の嵐と、Gのエアギターが見たいです!リーダーの顔芸(笑)は何度見てもお腹がよじれます。

ヲタク・・・私はRumyさんよりさらに半年以上も遅れて嵐君に気がついたので、振り返るのに膨大な時間とエネルギーが必要でした^^;;
そうかぁ・・後になればなるほど、確かに大変なのですよね~。

何を言いたいのか分からなくなってしまいました。
さぁ私も今日からまた頑張ります。
でもズームイン、とZEROに何時ごろに出演するのか、そうっと教えてほしいです~。
takako 2009/10/25(Sun)08:47:02 編集
・ Re:フィーエルヤッペン・・・・/Rumy→takakoさん
takakoさん、こんばんは。

そうなんですよ。フィーエルヤッペンは今となっては翔くんの衝撃映像みたいなところがあるので、ちょっとでも説明がないといけませんね。深夜枠の再放送がどんな形でオンエアされるのかまだ分からないので、そういったナビゲーションがあるもんなのかどうか。あの回の何が好きって、頑張っても頑張ってもうまくいかない翔くんと、二日酔いのくせして結果的にちょう鮮やかなキャプテンの対比です。

エアギターは鉄板だから、フレディ復活すると思うんだよなあ。

あ、キャッチアップは私も大変でしたよ。みんなそうだと思うんですが、連日徹夜で仕事になんなかったですもん。でも、あれを今やれと言われても本当に到底追いつかないと思うし、過去の初回盤を手に入れるにも、雑誌のバックナンバーを集めるにも、限界があるでしょう?そういう意味ではまだまだ色んなことが現実的だったなあと。

今更ですが、ズームもZEROも他の番組にしても、私は丸ごと録画してしまうんですよね。さっきズーム編集しましたけど、やっぱり全体的に散らばっていたので狙いを定めるのは難しいかなと思いました。3秒PRも狙うとなると、さらにね。
2009/10/27 00:00
・ 無題
おはようございます。お久しぶりです。
ヲタク……気がつけば自分もなってました。HDDの中身はもちろん(録画を逃がした失望感はもう…)。雑誌もまさかTV紙を何冊も買うようになっていたり……。
でも少しずつ余裕も出来て、他の事にも時間を使っていけるようになり。
私もこの年齢で…でしたが、こうやって好きな方のblogををとおして、毎日楽しく過ごせているなあと思ってます。
怒涛の一週間!お祭りですね♪目いっぱい追いかけよう!と思ってます。
マサミ 2009/10/25(Sun)07:43:40 編集
・ Re:無題/Rumy→マサミさん
マサミさん、こんばんは。いらっしゃいませ。

テレビ誌を何冊も買うってちょっとしたカルチャーショックですよね。ファンになる前は、というか今でも私はそんなにテレビを観る方ではないので、テレビ誌は本当に無縁だったんですよ。今もテレビ欄はほとんど活用してないですけど、テレビ誌とはそういうものではないのだと、学びました。

それはネットも同じかな。やっぱり同じように無縁というか、必要最低限しか活用していなかったので、自分がこうしてブログを持つことも、見知らぬ誰かとコミュニケーションを取ることも、考えられなかったので不思議なものだなと思います。人の縁ってこういう風にも繋がるんだなって感慨深く思います。私も他の方のブログを通して少しずつヲタクになっていった節があるので、マサミさんの気持ちはよく分かります。ねえ、繰り返すけれど不思議なもんですよねえ。

チャレンジウィーク二日目は順調ですか?まだまだこれから張り切って参りましょう。
2009/10/26 23:50
・ 国民的…
またまたまたこんばんは!(笑) 先日の二つの局での4時間ぶっ通し それを繋いだあの映像、あれをみた時 ついに国民的って言葉が 多くの人の口から出る日がやってきたと思いました。 そしてさんまさんとの共演ですよ。 長い年月さんまとSMAPをみてきた私には何か感慨深かった。 そして全く勝手な見方だけれど ニノがさんまの隣で異様に興奮してるように思いました。

結成同時からのファン そしていつからか観ていたファン そしてチョロチョロ燃えていたのに 何か突然後ろから押されて 気がついたらヨタヨタとついていってる私みたいな人間

おそらくこの年齢でこうやってblog巡りをしたり ネットで情報チェックするような生活始めなかったら…
もう大変ですよ。レコーダーも古いし仕事疲れた旦那は明日は必死でまたまた編集でしょう。 何かね、こだわりがあるみたいだから好きなように編集させてあげているのです。
追伸 北海道のインフルの猛威は半端じゃないようです。 あと少しですね。体調整えて行ってきて下さいね。
さゆり 2009/10/25(Sun)01:54:36 編集
・ Re:国民的…/Rumy→さゆりさん
さゆりさん、こんばんは。

あの繋ぎ、凄かったですよね。ああ、なんてことだ!と私も思って観てました。さんまはやっぱりさんまだと思いました。意外にね、今まで共演がなかったということで。結局、あの人に回されてしまっているあたり、嵐がひよっこに見えて面白かったです。ニノが落とされる感じも好きだった。そうですよね、私もさんま×SMAPの印象は強いです。次々と大御所と共演するので、テレビ局側の気合いが感じられるなあと思う、今日この頃。島田紳介とも二日連続だったしな。

旦那さん、この一週間の編集も手掛けるのね。今までで一番の大仕事ですね。気合いも入るでしょう。でも、大変だと思いますよやっぱり。影ながら応援しています。一緒に頑張りましょうとお伝えください。

今日、東京も物凄く寒くて。札幌の寒さに早くもビビっています。インフルエンザにもどうにか負けないように、手洗いうがいで乗り切りたいです。頑張る。
2009/10/26 23:43
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11