忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
677  676  675  674  673  672  671  670  669  668  667 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このカテゴリで新しいエントリを出来ることが幸せ。
恵比寿ガーデンシネマの恒例イベントに参加してきました。
夏の野外スクリーンで「黄色い涙」を観てきましたよ。

2007年公開当時、グローブ座と恵比寿ガーデンシネマで、
計2回観に行ったけれど、DVD化されてからはどうしても
オーディオコメンタリーの方で再生してしまって(面白いから)、
本編を真面目に観ることがなかなか出来ないでいたんですよね。
だから、ガチで観るのは結構久しぶりでした。
しかも、野外ですよ。もう至福以外の何者でもないですよ。

上映の一時間前から配られる整理券をさらに一時間前から並びました。
かなりの列にはなっていたけれど、もっともっと凄い騒ぎになるのかな
とも思っていたわりに、普通だったと私は思っています。
座席を取らないと遠巻きでは人が集まり過ぎてスクリーンが見えなくなる
んじゃないかと勝手に思い込んでいたけれど、ごく普通の集客数。
シートを持ち込んで座ったり、二階から覗き込んだりと、
それぞれが気の向くままに鑑賞できるゆとりが感じられました。
ヲタばっかり集まるのかと思いきや、年齢層は意外に広くて、
家族連れや、普通の映画ファンもしくはこのイベントのファンなんだろう
と思われる男の人もちらほら混じったりしていて。



この日は天候が思わしくなくて、雨が降ったり止んだり、急にすごく晴れたり。
直前まで上映中止が心配されたけれど、時々傘をさしつつもギリギリ強行。
基本、広場には屋根がついてるので大丈夫なんですが、
風に吹かれた小雨が降り込んでくるのは少々大変でした。でも、それもご愛嬌。



携帯カメラで無理くりパノラマ風に撮ってみたけれど、
たいしたもんは撮れなかったのでした。雰囲気だけでも伝われば。

私はこの作品が本当に大好きです。
時間が経つ毎にいっそう愛おしい作品になるような気がしています。
撮影は2006年のことですが、当時犬童監督が今のキラキラした嵐でこの作品を
作れることが本当に幸せだと何度も言っていたし、それは最高の誉め言葉だったけれど、
その言葉の意味は時間の経過がより深みを持たせるんだなと思いました。

この当時も嵐全員で映画を撮るにはスケジュールが大変だったと聞くけれど、
不眠不休で、何度も夜明けの空を眺めて、それでも頑張って作り上げることが出来て、
本当に良かったなと思うんですよね。別に私が作ったわけでもなんでもないけれど。
見返してそう思うのは、たった3年前の作品がすでにこのときにしか作り得なかった、
唯一無二のものだと分かるから。それは今は忙し過ぎて無理だとかいうことではなく、
もっと単純に、あれは2006年の嵐そのものだと作品の空気が教えてくれるというか。

私は今でも圭くんが栄介にあてる最後の手紙の件が大好きです。
この先、同じ夏は二度と巡っては来ないでしょう。
この夏流した涙は二度と流すことはないでしょう。二度と再び。
戻れない夏との別れが、嵐を通して自分に響くのは、
やっぱりファンだからだろうなあと思います。映画とは逸脱するけれど仕方ない。
ピカンチもそうだし、嵐の持つ雰囲気そのものだとも言えるんですが、
嵐は永遠の夏休み最後の日だと思う。
それは儚く脆い、まさに僕たちの終わらない夏休みだ。

最近、観てない人はちょっと再生してみたらいかがですか。
この気持ち、きっと伝わると思うんですけれども。

私が櫻井翔最大の色気だと信じて疑わない竜三とか。
どうしようもなく愛おしいカレー爆弾とか。
あのケツとか。このケツとか。
とにかく、忘れかけていたものがいっぱい詰まっていました。
素晴らしい夜だったな。恵比寿ガーデンシネマに心から感謝します。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ あのケツ、このケツ。
Rumyさん、こんばんは。お久しぶりです!鈴木です。

Rumyさんのこのエントリを見て、懐かしさがこみ上げ、つい先ほど自宅パソコンで1人鑑賞しました。
あのケツこのケツ懐かしい~、と、そしてやはり櫻井さん演じる向井の、あのどうしようもない色気は、扇風機しか存在しなかった暑い日本の夏でこそなのかしら・・・と思いながら見ていました。私も向井さんの色気大好きです。

「嵐は今、積み重ねてきた色んなものが開花している時期で、そういうのにフィルムやカメラはとても敏感。そんな嵐を撮れて本当によかった」と、監督が語った事も思い出しました。2006年・・・私は嵐ファンとして活動(活動?)してない頃なのですが、なんだか自分の中でも一つの区切りのように、この映画の中の「2006年の嵐」は、ちょっと頭一つ抜けた感じで存在します。長くなるばかりで気持ちが文字に表せないのですが、とにかくとにかく、「Rumyさんのエントリで書いてた気持ち、すっごい伝わりました!!!」って事なのです。

嵐と夏。嵐とファンである私たちと夏。終わって欲しくない時間の最後に差し掛かった時の、まだ幸せの中にいるけどさみしい感覚を、この映画を見る時々に思います。そして嵐が楽しそうに5人でけらけら笑ってるから、なんかこう、甘酸っぱいような学生の頃のような、なんともいえない気持ちがこみ上げ・・・って、もうなんていえばいいかわかりません。とりあえず、きっかけを与えてくださったRumyさんに感謝です(笑)夏に見る「黄色い涙」は本当に素晴らしかったです。

鈴木
鈴木 2009/07/29(Wed)22:54:53 編集
・ Re:あのケツ、このケツ。/Rumy→鈴木さん
鈴木さん、こんばんは。

わーい!観たのね!そう、あの人たち常に霧拭かれていたんですよね。扇風機しかない時代の、じめっとした汗。いいですよねえ。すっごい伝わったことが、すっごい伝わりました。ありがとう。


それより何より、鈴木さん!おめでとう!!!抱きしめてやる!!!!!

道中くれぐれもお気をつけて。テンションの上がるあまり、車にひかれたりせぬよう、無事国立に辿り着いて下さいませ。生の嵐があなたを迎えてくれるよ。
2009/07/31 00:46
・ ジューシーガム
Rumyさん、おはようございます。
偶然お目にかかれて光栄でした。いつからこんなに邦画が強くなったのかなーこの映画祭、と感慨深く鑑賞しました。またお越し下さいね。
 3年前も長髪な櫻井くんの匂いにくらくらしましたけど、今回もほんとうにダンケッセン。あとアパートの階段昇る男とか、おはぎとかとか。ほのかな色気に弱いよねー昭和な女はねー。
バジル 2009/07/27(Mon)07:59:06 編集
・ Re:ジューシーガム/Rumy→バジルさん
バジルさん、こんばんは。

こちらこそ、私がいることをイチ早く察して下さってありがとうございました。ここ数年、邦画は本当に強くなりましたね。最近の映画が特に良いというよりは、流行の問題もあるんでしょうけれど。私は昔から邦画の方を好んでよく観ます。

私も昭和の女なんだよなあ。ほのかな色気弱い。
2009/07/29 21:44
・ ああ
忘れかけていたもの、Rumyさんのおかげで思い出しました。あのケツもこのケツも。しかし完璧なシチュエーションであんなすてきな映画を!うらやましい限りです。あの音楽もな~すごくマッチしてるんだよな~ 近近 上映会すっかな。そうそう、少し前前までは起こりえなかったことがじわ~りじわ~りきてるんですよね、確実に。他メン担当達は、はらをくくれと偉そうに言うんですよ。ちっ偉そうに。この流れにのれば、ドラマも過言じゃないのでしょうかね。どんな時も平常心でいられる強い心を持って乗り越えましょうね☆
fu-ka 2009/07/26(Sun)21:54:20 編集
・ Re:ああ/Rumy→fu-kaさん
fu-kaさん、こんばんは。

あのケツとこのケツのことは一応、頭にあったんですが、またスクリーン大で観れるのかと思うとドキドキしました。そしてその威力に、「ああ、ケツ…」と思いました。野外とSAKEROCKはバッチリでしたね。夏の外の空気と映画の空気と本当にマッチしていて最高だったと思います。

腹くくれって?言われなくても分かってんよ!と私の分もお友達にお伝え下さい。心の準備も最終段階ではあります。分かってるんだ、もう。
2009/07/29 21:42
・ 世代を越えて
Rumyさん もうじきあたりは暗くなります。 暗くなったらエアコン着けようとビール飲みながらカレー作っています。 懐かしい! 当時単館上映で少し暑い中を歩かないといけない映画館に一人で汗をかきながら行った事覚えています。 DVDが発売になってとにかく観なさい!と旦那を座らせて そしたら翔くん いいなあ! って感想。 ちょっと驚きましたよ。 ああ懐かしい! そう あの時だから あの時の嵐だから撮れた映像 星空の下で観れるなんて 何て素敵! ご免なさい。ほろ酔いですわ、私。

何か泣けてきそう…
さゆり 2009/07/26(Sun)19:12:03 編集
・ Re:世代を越えて/Rumy→さゆりさん
さゆりさん、こんばんは。

さゆりさんのコメント読んだときに、私も隣で一緒にビール飲みたい!と思いました。情感のあるコメントをどうもありがとうございます。

この映画は多分時間が経てば経つ程いい味が出るんだろうなと思っています。当時よりも今の方がなんだか有り難みがある。野外で観るのもまた格別でした。私はまだファンになったばかりで、いっぱい焦ったりでも頑張ったりしながら追ったアラシゴトだったので、思い出もいっぱい詰まっています。そのあとに、嵐の夏の尊さを知ったりして。

どうぞ気が向いたらDVD再生してみてね。
2009/07/29 21:22
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09