忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週末、『夏の恋は虹色に輝く』の詩織さんに憧れて、
東京から福岡へ夜行バスに乗って遊びに行ってきました。
夏虹と夜行バスにピンとこない方は5話か6話らへん(曖昧)をチェックチェック!

別にこれが目的だったわけじゃないんですけれど、
私のスケジュールに合わせたかのように怪物くんトレーラーが
福岡ドーム前の広場(Hard Rock Cafeのあるほう)に来ていたので、
いそいそと参加して参りました。
東京では行く気がなかったので、やはり旅先は浮かれるものです。


午前中のうちに整理券を頂いていったん解散。


この日は午後3時集合でカイカイ体操レクチャー開始!
こなれた芸人風の人たちが丁寧に教えてくださる。
薄目で見るとだんだん本物の太郎さんのような気がしてきます。
練習含め何回も曲をかけてみんな一生懸命踊る。ちょう楽しかった。
振りを細かいところまでレクチャーして頂けるってなかなかないので、
素晴らしく貴重な機会でした。


等身大(?)パネルの前で記念撮影。
もちろんRumyもお友達と一緒にちびっこに混じって撮影。


イベント終了後、スタッフの人たちがお片づけ。
怪物くんスタッフは親切丁寧。ありがとうございます。


巨大太郎さんの後ろ姿。妙に似ているのです。
特に肌の色の具合が。


高校生以下のお客さんに配られるらしい記念品ですが、
Rumyもなぜか手渡されたので、黙って頂戴しました。
中身は怪物くんの原作マンガ紹介と映画のキャラクター相関図など。


久しぶりにヲタイベント! って感じがして大変楽しかったです。
広場後ろの階段にもたくさん人がいて、
犬も子供も大人もみーんな怪物くんコスでした。

福岡ドーム、来月もまたよろしくお願いいたします!!
PR
残念ながら初日には行かれなくて、二日目に観てきました。
まずは3D版。メガネって劇場で買わされるというか余計にお金を払うんですね。
10周年のときのテレビライフの付録についてたやつじゃダメなのか。

私が観たのは日曜日の午前中の回で、
ちびっ子にひとり囲まれる形での鑑賞となり、年齢的に完全なるアウェー状態でした。
当然時間帯のせいなんだけれど、隣も前も後ろもちびっ子なんだもの。
あんなにたくさんのちびっ子に囲まれて映画を観たことはない気がする。
大人もちらほらいるんだけれど、大半が小学生低学年から中学生くらいまででした。

ちょっと映像が飛び出す度にワーキャーなるわけです。
加えて太郎さんが面白いことを言えばキャッキャキャッキャ大騒ぎなわけだ。

私は独身だしもちろん子供もいないので、
怪物くんを子供と一緒に観る、というシチュエーションが初めてでした。
太郎さんは本当に大人気で、登場する度にちびっ子たちが喜ぶんですよ。
スクリーンに向かって「おーちゃん!おーちゃん!」って呼ぶんですね。
「おい!太郎さん!だ!ろ!」という突っ込みは置いておくとして。
途中、中だるみというか集中力が切れるのかつまんなさそうにしたり、
客席の人たちがみんな3D用のメガネをかけていることに笑い始めたり、
なんとも子供らしく自由奔放なのですが、
太郎さんが登場するとちゃんとまた映画に集中するのが印象的でした。

エンドロールでMonsterがかかるんですけど、もう熱唱というか合唱というか。
めっちゃ盛り上がるんですよ。歌詞とかソラで出てくるんだね。
Rumyさん、なんなら一緒に歌ってやろうかと思っちゃった。
モーンスタッ!つって。

なんかね、感動しました。
FREESTYLE表参道初日のバックステージじゃないけど、
この光景を智さんにこっそり見せてあげたいと思った。
もし可能なら、ご本人は是非日曜日午前中の劇場に忍び込んで、
ちびっ子たちに紛れて一緒に3D版を観たらいい。そしたらちょっと泣くと思う。
少なくとも私は半泣きでした。だってちびっ子たちみんな太郎さんのことが好き過ぎる。
いや、太郎さんを通してちゃんと智さんのことが好きなのだ、きっと。
複雑な思いもあるものの、それはやっぱり嬉しいじゃないですか。
上映後、劇場の外で待ってたお母さんに「楽しかった?」って聞かれたちびっ子が、
全力で「楽しかったあ!!」と答えて手を引かれて帰っていく姿を見かけて、
くっついて行こうかと思ったことは内緒です。
お姉さん、カイカイ体操踊れるけど一緒にどう? なんて言えない。

内容に関しては別に感想を書くというほどのものではありません。
もちろん、太郎さんは可愛かったし、智さんの演技は完璧でした。
特に太郎さんの照れる顔は秀逸。

エンドロールを迎え、真っ黒な画面に白抜き文字で、
一番に「大野智」という名前が出たときはぐっときました。
大野智の初主演映画は『ピカ☆☆ンチ』であると言いたいところだけれども、
やっぱり『怪物くん』なんですね。正真正銘の初主演映画です。

智さん、本当にお疲れさまでした。
しかしながらちびっ子の諸君、もうしばらくしたら智さん返してね(はあと)。

怪物くんの映画公開日が智さんの誕生日に決まったと知ったとき、
ある程度のことは予想していたつもりだったけれど、
事態は予想出来るようなちっぽけなものではありませんでした。

いつもの流れなら普通に公開前日に日テレジャック。
ZIPから始まって、頑張っても夕方のニュースevery.出演までだと思っていたけれど、
実際には、深夜のNEWS ZEROへの生出演に及び、
まさかのオープニング櫻井キャスターの立ち位置に堂々と君臨し、
まさに12時を少し過ぎる頃、大野智さんはテレビの電波に乗っかったまま、
31歳のお誕生日をお迎えになりました。

あげくの果てにはZERO出演も2回目だから「大野キャスター」になれる
とかぬかしやがりました。翔くんテレビの前で吹いたと思うよ。
なんて山なんだ! おまえらは毎年この日に何かといちゃいちゃしよって!

時代だなあと感心したのは、
ほとんど寝起きのような顔でスタートしたZIPが視聴者の老婆心をくすぐり、
twitter上で 「#がんばれ大野智もうすぐ釣り行けるから」
というタグが登場する程度にネットユーザーを賑わせたこと。
何事かと思ったよね。小さいコミュニティのニュース記事にすらなったからね。

怪物くんという作品の人気の高さには日々驚かされるばかり。
私の入ったセブンイレブンの店内はポップがクリスマスの飾り付けのように
天井から放射線状に吊り下げられて、BGMもかかりまくっていました。
きっと他店舗もそう変わらない感じなんだろう。
世間の人たちが大野智を中心に商売をしている。
公開日は誕生日なんですよね。おめでとうございますって口々に言う。
開いた口がふさがらないどころか、なんだかぼんやりしながら、
ポスターのど真ん中でどや顔を見せつける坊ちゃんを見つめました。

こんなはずじゃなかったなんて言いません。
私は怪物くんのお仕事が大好きだし、あんなにステキ可愛いセンスで
智さんを輝かせてくれて本当にありがとうございますという気持ちでいっぱいです。

ただ、大野智の才能と努力に光があたるまで、
見守りながらも時々は悔しい思いをした日々。
魔王のオンエアにテレビの前で緊張しながら正座した夜。
私個人でいえばたいした月日ではなかったけれど、
いつも思うのは京都時代に劇場に通っていたファンの人たちのこと。
こんなこと書くのは下世話かも知れないけれどでも。
時間はだいぶかかったけれど、彼の魅力が世間の人たちに伝わり始めました。
それがちゃんと評価されて、あのすらっと美しい猫背にたくさんのものを背負っています。
たまに明らかに「重たいです」といわんばかりに暴走をするけれど。

頼もしいと思えるのは、彼の本当にすごいところはまだまだ世間に隠されていること。
大野智はこんなもんじゃないですけど。と胸を張って言える。
だってさ、本当に。こんなもんじゃないと思うんだもん。
怪物くんにもぎっしり魅力が詰まっていることは承知の上だけれど、
あの人本当にすごいもの。まあ当たり前だ、嵐のキャプテンなのだから。

もういい加減、キャプテンという一人称は宙に浮きまくるので
あんまり使わないんですけれども。

キャプテン、31歳のお誕生日おめでとう。
智の記憶から一年。またひとつ年を重ねましたね。
これからも、一緒に頑張ろう。
大丈夫です。まだまだこれからです。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2020-041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 03 next 05