忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
838  836  835  834  833  832  831  828  827  830  829 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この仕事の発表があったのはいつだったか。
当時、まったく食指が動かなかったことを覚えています。

その後、翔さんが長野にこもって撮影をしているということで、
松本城へ行ったと聞けばテンションが上がり(懐かしの罰ゲーム)、
毎日そばを食っただの、おばあちゃん家に行っただのと聞いては、
翔さんのちょっとした休息ムード(本当は仕事をしている)に安心していたのでした。

まあ、ここまではいいとして。
そんなゆるい追いかけ方をしていたのち、
転機はクランクアップの報告があった年末間近です。
そんなわけですから、内容もざっくりと翔くんがお医者さんになる、
くらいの知識しか持ち得ていなかったので、
クランクアップの映像を拝見したときの衝撃度といったらハンパなかったです。


竜三さんが出てるなら言ってよ!!(違う)


櫻井担の多くには竜三さんの魅力を語り出すと溜め息をつかれますが、
一部の竜三マニアは大変に食いつきがいいです。極端なんだな。
今回の主人公、栗原一止くんの、髪型というか野暮ったい雰囲気が、
「黄色い涙」の向井竜三を彷彿とさせるものだったわけです。
マイベスト櫻井翔エロスはあそこにあると、今でも信じて疑わないわたくしとしましては、
当然、テンションの上がる映像でした。

原作を読まなくては、そしてこの仕事の概要を掴まなくては。
ちょっと時間が空いてしまいましたが、ようやくその作業に取りかかっています。
あれは竜三さんではなく一止さんなのだから。

クランクアップのときに翔くんがなぜ涙ぐんだのか、
どうしてそれほど悩んでお芝居に取り組むに至ったのか。
追々、本人の口から聞けるでしょうけれども、そういう意味でも、
私にとって、とても興味がそそられるお仕事となりました。

30分くらい読んで、第一話の半分までいきました。
うまくいけば、明日には読み終わるだろう。
今の時点では、これ翔くんがやるんだ…ほわわわわわんんん(赤面)。
といった感じで舞い上がっています。なんかね、ドキドキする。
読みながら、いい具合に翔さんが降って来てくれます。
クランクアップのときの宮﨑あおいちゃんの隣にいた人は、
紛れもなく一止さんだったんだな、というのがよく分かりました。
あの二人、最高に可愛いオーラ出してたもんね。

では、感想などまた後日に。
あー、このドキドキ楽しいなあ。

PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ 涙ちょろり
Rumyさん、こんばんは。

初めて一止さんの髪型を見た時、正直戸惑い、ちょっと一止さんを受け止め切れずにスルーしかけたのです。

けれど先日『H』をがんつと共にじっくり味わって、不覚にも涙が出てしまって、やはり何故か『黄色い涙』が観たくなったのです。
とても丁寧に、愛情を持って作られた作品なのかしら、と今から公開を心待ちにしています。

きっと体温がそのまま伝わる映画なんだろうなあ。

ちなみに、竜三さんは訛りも含めて大のお気に入りです。
cosmos 2011/01/23(Sun)18:24:10 編集
・ Re:涙ちょろり/Rumy→cosmosさん
cosmosさん、こんにちは。

私は逆に髪型でがっつりもっていかれたのですけれども、竜三さんに着地するという点ではcosmosさんと一緒なんですね(笑)。『H』は少ないながらも良いページ組みでしたね。楽しみだなあと思う気持ちが増しました。今、私の中で神様のカルテは大流行です。黄色い涙はご覧になりましたか?神様のカルテを踏まえて、というのはおかしいかも知れませんが、今観ると違う視点が持ててなかなか良いですよ。
2011/02/02 15:29
・ おしり。
かえるやん 2011/01/15(Sat)23:16:34 編集
・ Re:おしり。/Rumy→かえるやんさん
かえるやんさん、こんにちは。

ああ、NHKの映像ライブラリーみたいなところへ通ってましたよね。言われて思い出して爆笑でした。あのときも、この人たちなんて真剣に「黄色い涙」に取り組んでいるの!と関心しながら傍観してましたが、今思い返すとなぜあんなに熱かったのか(笑)。良い思い出ですね。あーおもしろい。

同じ日には観に行かれなさそうですけれど、おそらく最後の映画館鑑賞になるでしょうから、思い出とともに楽しんで来てください。プリケツもね。
2011/01/20 12:32
・ 黄色い涙
Rumyさん、こんあいば。
前回の頂いたコメントで、ヲタ1歳になった事を驚かれたことに驚いています(笑)

私がこちらに辿り着いたのは、実は「黄色い涙」のエントリきっかけなんです。
嵐にハマり物凄い勢いで歴史を遡って消化して・・・「黄色い涙」を知った時は衝撃でした。周りのヲタ師匠からの反応はイマイチで(笑)、そんな時にRumyさんのエントリを読んで「この方こそ心の師匠だ!」と勝手について行こうと決めました(笑)

いつかのエントリに「知った気になることしか出来ない」みたいな一文があったと思うのですが、まさにその通りだと思います。
「黄色い涙」のDVDは持っていますが、どうしても当時に彼等を、あの世界を映画館で観たかったです。

ひとつ、その夢が叶いそうです。「黄色い涙」が再上映されるのご存知でしょうか?竜三さんの評判もすこぶる良くなく(笑)DVDもある為誰も一緒に行ってくれませんが、もちろん私は行ってきます。

一止さんのエントリなのに長々とすみません。竜三さんファンの私でも、一止さんの髪型はどうなんだろうとちょっと思っていたので、私も原作読んでみます。

sa0r1 2011/01/15(Sat)20:53:10 編集
・ Re:黄色い涙/Rumy→sa0r1さん
sa0r1さん、こんあいば。

あんまり更新しないせいもあると思いますが、初めての方にコメント頂く機会も減ってしまったので、最近ファンになった方とお話させて頂くこと自体が新鮮で驚いてしまうんですよね。ここ数年のアラシゴトを遡るってどれだけ出来るものなんだろう…とか色々と興味津々です(笑)。

私くらいのファン歴だと黄色い涙には相当思い入れがある世代だと思うので、思い出込みで絶賛するところもあるのかも知れません。五人の映画といえばピカ☆ンチだという世代の人たちもいるだろうし、リアルタイムで黄色い涙を追っていないとただの地味な映画だと言う人もいるかもしれないし。そのへんは好みの問題でしょうね。

再上映は恵比寿ガーデンシネマのことですよね。もちろん観に行くつもりです。映画館で観られる最後のチャンスだと思うし、当時あの劇場でも観ていたので思い入れも強いので。楽しみですね。
2011/01/15 22:29
・ 無題
こんにちは!Rumyさん。大抵のいや殆どのアラシゴトはRumyさんにおいてきぼりにされてる私ですが…この本だけは先に読んでましたよね(笑) って言うか今自宅にあるのは第2巻のほうで1巻は翔さんの仕事決まって即読んで そのあと我が家の30才もっていったままかえってこないぞー
しかもね、私あまり旅行もしたことないけど何故か松本城は行ってるの(笑)
Rumyさんの感想楽しみにしてます。

そうそう私の友達の翔くんファンは黄色い涙の翔さんはダメらしいの。 だけど旦那はあの櫻井翔がいいと言ってますから 今回の映画も楽しみにしてます。
さゆり 2011/01/15(Sat)14:03:46 編集
・ Re:無題/Rumy→さゆりさん
さゆりさん、こんばんは。

わー負けた(笑)。まあ、当たり前ですよね。これは2巻も読んでしまうかも。翔さんもスタンバってるって言ってたしな。

私もいつか松本城を眺めるのが夢です。

竜三さんはキワモノですから仕方ないかな(笑)。あのなるとジャケットは今頃どうしているのだろう。まだ一止さんに竜三さんが混じるので、そのうちダンケシェーンて言い出すのかなとか考えてしまいます。あー楽しい。
2011/01/15 22:18
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11