忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
483  482  481  480  479  478  477  476  475  474  473 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20時40分頃終了しました!
野外暑い!でも風が気持ちいいです!
これから呑みに行くので、
とりあえず私のぐちゃぐちゃメモをアップしようかと。
もう明日しかないですからね。
セットリスト知りたい方は早い方が良いかと思って。

多分ちゃんと追えてます。余計な単語は無視して、
タイトルだけ読み取って下さい(笑)。ホントすみません。
携帯からなので隠せません。
ネタバレ避けたい人は以下読まないで下さいね。
私、ゼロからセトリ追ったの初めてです。
帰ったら清書します!ではでは!

*追記 清書しました
*再追記 内容書き足しました。長いので隠します。(2009.09.08)


ARASHI ARAOUD ASIA 2008 日本公演セットリスト

01 Love so sweet
02 Oh Yeah!
03 きっと大丈夫
04 La tormenta
05 Happiness
06 ハダシの未来
07 アオゾラペダル
08 Hello Goodbye(相葉ソロ)
09 素晴らしき世界
10 とまどいながら
11 Still…
12 Lucky Man
13 Take me faraway(大野ソロ)
14 虹(二宮ソロ)
15 スマイル
16 WAVE
17 CARNIVAL NIGHT part2
MC
18 風の向こうへ
19 Re(mark)able
20 truth
21 Step and Go
22 a Day in our Life
23 Tell me what you wanna be?(松本ソロ)
24 イチオクノホシ
25 シリウス
26 Hip Pop Boogie(櫻井ソロ)
27 theme of Dream _A_ live
28 A・RA・SHI
29 PIKA★★NCHI DOUBLE
30 明日に向かって吠えろ
31 One Love

アンコール
32 感謝カンゲキ雨嵐
33 ファイトソング/罰ゲーム→相葉プール
34 風
35 言葉より大切なもの

ダブルアンコール
36 サクラ咲ケ
37 WISH



イレギュラーな会場ですし、ステージ構成をちゃんと把握しないと
イメージしにくいと思うのでなんとなく図を書いてみましたが、
アリーナがいくつまであったか忘れました。とりあえずFまで書いてみたんですが。
実際はどうだったか。でも、BとCは多分、分かれてたと思います。
書いてないですが、真ん中の丸がセンターステ、ケーキ型になっていて、
可動式で高く上がったり戻ったりが自在。聖火台のふもとがバックステです。
左右花道からにょきっと出てるのがクレーン。4台で合ってますかね。
このクレーンは見事で、スタンド後段真ん中くらいの目線まで上がってました。
ひとつ足りないけれど、センターステがかなりせり上がるのでそれで代用していたような。
あと、メンステ横にそれぞれあるのはムービングです。
山車と同じ役割で、外周をぐるっとバックステまで到着します。
下にあるバネ?が伸びて、スタート地点より移動してく間にゆるやかに
高くなっていきます。だいたい伝わるかな〜と思うんですが、
見ての通り、会場全体ほぼ網羅するくらい嵐はお客さんの近くまで行ってましたよ。
でも、会場に入った瞬間から、あんなに広いのに、意外と狭く感じるというか、
なんか不思議な感覚がしました。といっても、やっぱり逆側へ行かれちゃうと、
ほとんど姿が見えない状態になるんですが。

*初日は青山門スタンド12ゲート後段でした。
高さ的には真ん中よりちょい後ろ。
メインステを時計の12時とすると、8時〜9時くらいの位置ですかね。

オープニング

メインモニタにスペーシーな感じの映像が流れて、
わ〜ってテンションが上がっていると、メンステせりから横並びに噴水発射!
うおおおってなります。Aブロ最前列のお客さんが濡れてないか心配になるくらい、
すごい水量で、それに見とれてる間に実はセンターステがせり上がっていて、
嵐登場、それに気付いた瞬間がテンションMAXで大盛り上がり。

01 Love so sweet

一曲目そうきたか! という驚きと、この曲の親しみ易さに
広い会場を一気に一体化するパワーを感じました。魔法?あれは魔法??
それとともに、衣装が蛍光イエローと黒でまぶしい。靴も蛍光イエロー!
WSでも流れてましたよね。普通の感覚ではかつての蛍光ピンクスーツくらい
有り得ないんですけど、そのまぶしさがまだ明るい空と相まって眩しく、
美しかったです(笑)。爽快過ぎるくらいに。

02 Oh Yeah!

ど頭、メインステから特効だった気が。
松本さんの「国立ーー揺らせーーー!!!!」
の叫びとともにちょう盛り上がります。
ちょっちょっちょっちょってコールのやつです。
本当は何て言ってるのかよく知りませんが、
とにかくテンションの上がるアレです(笑)。
嵐がだーっとかけて行って会場中を揺らします。
ここで何が気持ちいいって、モニタに映る彼らのバックが
空だということですよ。まずそれに感動しました。
後ろに何もないんですよ。煽りの角度で、凄い迫力。
そしてまたすーげえ良い笑顔なんだわ。
最高です、嵐の笑顔と突き抜ける空。
あ、ピカダブのPVみたいですよ。あれの10倍の迫力です。
本当に楽しくて仕方ないってことが伝わってきました。
ただ、ビックリしたのが相葉さん汗吹き出し過ぎだって。

03 きっと大丈夫

松潤「国立競技場!熱いね!みんな最高だぜー」
ニノ「いらっしゃいませー。いらっしゃいませー。
最後までいけんのか!」
相葉さん「盛り上がってるー!?いえーい!いえーい!」
キャプテン「はーい!はーい!最後の夏祭りだ〜〜〜」
翔くん「Hey!YO!東京調子はどうだ!
スタンド調子はどうだ!アリーナ調子はどうだ!
最後までよろしく!」

*蛍光イエローと黒の衣装はここまで

04 La tormenta

キタコレ!イントロが鳴ったとき嬉し過ぎて叫びました。
最初に松本さんと翔くんが出て来て踊るところから始まる流れは一緒です。
歌詞に変更もなし。松潤コールの間、松本さん指を加えて投げチュー風。
翔くんは陸上選手ボルトのポーズを真似。
キャプテンは釣りでルアーをひくポーズ(すっごい嬉しそう)。
なぜかニノと相葉さんが何をしていたか覚えてないんですよね。
でも久々のメンバーコール、楽しかったです!
ここから衣装はオレンジです。
ドームツアーの「サクラ咲ケ」以降で着ていたやつです。

05 Happiness

翔くん「スタンド待ってろー」ってことで、ムービング稼働開始。
メインステ両脇がスタート地点です。上手に山コンビ、下手に風コンビ。
基本お手振りです。ぐる〜っと外周を回って、バックステへ移動。
そういえば、「きみだけの声を聞かせてよ」のとこで、
手を上げる振りがあるじゃないですか。
あそこの相葉さん、半端なくキレてました。
そんなに振ったら腕もげるよ? ってくらいの気迫で。
あれは尋常じゃなかったですけど、どうしちゃったんでしょうね(笑)。

06 ハダシの未来

ムービングとバックステがくっついてステージ3つ分くらいの広さに
なっていたと思うんですが、そこに5人並びでこの曲。
全力で踊ります。あの人数でハダシは圧巻ですね。

07 アオゾラペダル

ムービングまだ稼働。山風がクロスして山コンビは下手方向、
風コンビは上手方向へ移動。ちょうど私のいた席の前あたりで
翔くんのソロパートになったので、なんとなく嬉しかったです。
頑張れって祈りました。ちょっと構えるんですよね、歌う直前(笑)。

*オレンジ衣装はここまで。

08 Hello Goodbye(相葉ソロ)

あのイントロが流れると会場がキャーってなるんですが、
肝心の相葉さんの姿を探せずキョロキョロします。
センターあたりから登場したのかな?
衣装も踊りも前回とまったく一緒です。
きっちり踊らせて頂きました!
ドームツアーと全く同じ衣装ですが、前回と違うところがひとつ。
それは相葉さんがパーマかけてること!
あの衣装は絶対にパーマの方が似合う、向かうところ敵なし。
問題のハモニカ(あえてブルースハープとは呼ばない)は、
きっと会場中がハラハラしながら見届けた結果、大成功!
というか、ちょっとうまくなった(笑)。
あの息が途切れそうになりながら精一杯吹き込む様が男前だね。

09 素晴らしき世界

ここで先に書いておきますが、今回のコンサートは嵐初めての生バンドです。
メインステにバンドブースがありました。バンド構成としては、
普通にベース、ドラム、ギターと、
ブラス(トランペット、サックスらへん)。あとストリングスです。
キーボードがいたかうろ覚えなのですが、
音的にいてもおかしくなかったような気はする。どうだったろう…。
まあそんなわけで、ちょっとアレンジが違うんですね。ここまでで実は
生バンドだったってことに気付いてなかったんですが(正直それどころではない)、
この曲からようやく気付きました。気付けるくらいに耳馴染みの音と違うんですよね。
私は既存曲がリアレンジされるのが大好きなので、嬉しかったです。
というのは、さておき。
始まった瞬間の心は「キーター。素晴らしき世界キーター(泣)」
もう大好きですから、この曲。
メインステに横並び、スツールに座って歌います。
まるでTimeコンのうらあらしのように。
衣装はドームコンで「One Love」披露時の五色タキシード。ジャケットなし。
せっかくこの曲は相葉さんのパートが多いのにいないよ!
と思っていたら、「ここまで歩いた幸せな毎日が♪」から登場。

10 とまどいながら

先程も書きましたが、生バンドなのでちょっとアレンジが違うんですね。
なのでイントロが鳴っても「どの曲だろう…」と思うことしばし。
するとあの馴染みのイントロフレーズが流れ、「とまどいながら〜♪」
と歌われた瞬間、えええ〜〜〜!? とビックリするわけです。
まさかこの曲がコンサートで聴ける日が来ようとは!!
呆然とします。ナニ、今回はそういう趣向なの??
古い曲の登場にどよめきと感動。
このあたりから、だんだんと空の色が変わり始めるんですよ。
陽が落ちて、照明も夕焼け色のうすいピンクな感じで、
すごいキレイです。なんていうか、ドラマティックな雰囲気になってました。

11 Still…

まさかこの曲がコンサートで聴ける日が来ようとは!!第二弾。
イントロが鳴った瞬間、会場から歓喜の声が上がりました。
初めてですよね、コンサートでちゃんと披露されたのは。
うらあらしではあったか…?
ここからクレーン稼働。このクレーン凄いですよ。
私のところにはニノが来ました。
どんどん高く上がって行って、結構近かったです。
こんなに近くまで来てくれるんだ! って思いました。
スタンド後段でもね。
この曲のとき、照明が水色っぽくてアリーナ全体が
海みたいに見えました。
スタンドのいいところは全体がよく見えるところです。
メインステにから伸びる照明の光が遠くまで真っすぐに放たれるので、
全体の色を自在に変えていくというか。
その景色たるや、圧巻としか言いようがないです。
移り変わる空の色と、解放感と、ペンライトの海、幻想的な光。
大迫力です。本当に綺麗。それしか言えない。

12 Lucky Man

流れは忘れてしまったけれど、間奏部分で
5人がセンターステに集まります。
センターステは円形の回転式になっているんですが、
その上で順番にソロダンス。
松本さんが軽快なリズムでステップを踏み、
翔くんもそこそこ軽快なリズムでステップ踏み(笑)、
次は相葉さんが。左手を床につけて右足を大きく振り上げて、
なんて言うんですか、すごい斜めの逆立ちみたいなポーズ。
めちゃくちゃ格好良かったんです。長い足がそりゃあもう
見事に宙を舞ったわけですよ。同時に悲劇も起こってるんですが。
それはさておき。
そしてニノが円形台から台宙を披露。
くるっときれいに回ったと思ったら、勢い余ってもう半回転。
後頭部を床にゴチンとぶつけてました。
すぐに起き上がって笑って、一瞬わざとやったというな雰囲気も
あったんですが、普通に痛かっただろうな。
ケガがなくて良かった。

問題はそのあとです。急にニノが相葉さんを追いかけ回し、逃げる相葉さん。
コドモみたいに追いかけっこをし始めたと思っていたら、
ついにはニノが相葉さんを押し倒し、馬乗りになり、相葉さんのおしりを触るので、
ちょっ…ニノ、あんた公衆の面前で相葉襲ってどうすんだよ!
と見ていましたら、カメラがアップで潜入。
相葉さん、パンツ破れたー!!
足を大きく振り上げたときにビリッてなったそうです。
それを見て見てっ、と嬉しそうにカメラに向かって指差すニノ。
ちょう得意気。相葉さん、されるがままでした。
ここでキャプテンがいた記憶がないなーと思ったら、
次のソロのためにはけてたんですね。

13 Take me faraway(大野ソロ)

こちらも衣装、演出ともにドームツアーと同じ内容。
メインモニタに映る映像も同じでした。

14 虹(二宮ソロ)

ニノが大満足で終えた「Gimmic Game」をまたやるとは思えなかったので、
勝手に「秘密」を所望してたんですが、「虹」!
でもそうね、国立で歌上げるには良かったと思います。
衣装、演出ともにTimeコンと同じ。白いピアノにメガネ。
メガネをはずすとこも、最後にありがとうも一緒です。
しかし、Timeコン後、全然弾けなくなっちゃったって言ってましたが、
見事な復活でしたね。
ラララはもちろんみんなで合唱。
おっと、私ってば肝心なことを書き忘れていました。
鍵盤をかなでるニノの手がまんまるハンバーグだったです!
よくあの手でピアノ弾けるよな〜(笑)。

15 スマイル

この曲、コンサート向きと楽しくていい曲ですね。
わ〜いってなって、あんまり覚えてないんですが、
メモによるとトロッコ稼働となっています。
誰が乗ったかさっぱりなんですが、
アリーナの一部はかなり近かったはず。

16 WAVE

またWAVEをやるのは正直ちと面倒だったんですが(笑)。
国立でWAVEしたかったんだよね、きっとね。
二回やりましたが、二回目はアリーナの手前あたり?
で、自然消滅。

17 CARNIVAL NIGHT part2

踊った!!
最後に紙吹雪が凄い勢いで舞いました。
凱旋ドームコンの「Love so sweet」以上の迫力でしたよ。

MC

翔くん「国立いえ〜い!改めまして、嵐でーす」

*アンラッキーマン
ニノ「相葉さん、ケツ破れてましたよね」
相葉さん「おまえ、言うなよ!」
にのあい、国立のど真ん中で仲良くおいかけっこ☆
松潤「どの衣装?」
相葉さん「パステルのやつ。あの親父の腹巻きみたいなやつね。
ずっとパッカパカだったんですよ。(パンツ見えちゃうから)こんなんなって。
(と、腰が引けてるポーズ)」
翔くん「ニノも転んでたよね」
ニノ「ちょ、言い訳させて!今日ね、東山さんいらしてるじゃないですか。
成長したところ見せたくて、張り切ったの!」
松潤「あ、ひとり死んだって思ったよ(笑)」

*24時間テレビ
松潤「たくさんの人に参加頂きまして、ありがとうございました!」
翔くん「相葉くんさ、18時半に始まって1時間後にはもう
泣きわめいた人みたくなってたよね」
相葉さん「ちが…いや、そうですけど。涙腺弱くなったよね」
松潤「正直、4年経って歳とった感じするよね」
ニノ「俺、ジャンプ読んでてさ、最後の投稿みたいなページで、
Q『こんな24時間テレビは嫌だ!』っていうのがあって。
A『始まって1時間で号泣』って書いてあったよ」
相葉さん「(爆笑)」
翔くん「今回はみんなそれぞれ色々やらせて貰いましたね」
松潤「相葉ちゃんのイルカのやつ、チョー良かったよね!」
ニノ「そう、おまえいいヤツだな! マジック天気予報もよかったでしょ」
翔くん「お客さん、笑ってるけど(笑)」
ニノ「マジック天気予報観た人〜」
会場「はーーい!」(大多数が手を挙げる)
ニノ「タネ分かった人〜」
会場「はーー…」
ニノ「下げろ下げろ!」

*魔王
翔くん「今日魔王だね。さすがにみんな録画でしょう」
キャプテン「いや、22時までに帰宅して下さい」
翔くん「いや、今日は無理じゃない」
キャプテン「(カメラアップ)早く帰って下さい!」
ニノ「ここでリアル魔王やればいいじゃん」

後半戦開始の合図は相葉さん。
相葉さん「じゃ、そろそろ行きますかっ」
会場、のろのろと立ち上がる。
相葉さん「あれ、なんか腰が重いよね?」
翔くん「おまえ失礼だろ!」

18 風の向こうへ
歌い終わったあと、「この夏はこの曲をたくさん耳にしたと思います」
と、翔くんの北京オリンピック語り。
ここ国立霞ヶ丘競技場でもかつてオリンピックの開会式が行われました。
僕たちはそのことを知らないけれど、当時をよく知る人に、
メッセージを頂きました。ということで、オグさんVTR登場。
「黄色い涙」みたいな感じで、当時の映像とオグさんによる、
東京オリンピックの解説。そして今日ここから、ひとつのグループが、
新たな挑戦をしようとしている的な前振り。

アジアツアーに向けての5人挨拶VTR
ニノ→翔くん→キャプテン→相葉さん→松潤
松潤「嵐はこれからもみなさんと一緒にいることを誓います」
会場「キャーーーー!」
メインステに聖火を持った人たちが現れて、
その火をきっかけに花道に次々と火が灯るイメージ。
聖火台に向けて火がどんどん進んでいきます。
(聖火台はてっぺんにあるので、坂道を火が駆け上がっていく)
最後に聖火台に火がついたー!!
うお、それアリなんだ!って思いました。許可出るんですね。
あの聖火台って、親子2代で作ったやつですよね。
職人の親父が途中で亡くなって息子が跡を継いだっていうエピソード、
読んだことがあるんですが、数十年後、まさかアイドルのコンサートに
使われるとは親父も天国でビックリだろうなあ。

19 Re(mark)able

国立競技場の一番高いところで、聖火台の火を前に嵐5人が現れた様は、
神降臨って感じでした。そんな凄い演出でこの曲が始まっちゃったもんだから、
会場がてんやわんやなわけですよ。うぎゃあああってなるわけですよ。
WSを観た方は分かると思うんですが、あれ半端ない迫力ですよ。
この曲を初めて聴いたとき、翔くんの中の国立のイメージが
注ぎ込まれてるんだろうなとは感じましたが、その想像を遥かに超えました。
翔くんだって、当初あそこまでのイメージあったんだろうか。
翔くんのセリフ部分、天の声みたくなってましたからね。
コンサートの演出が曲に付加価値をつけるって意味でこれ以上のことはないんだろうなと。
凄いもん見ました。ありがとうございました。

20 truth

「 Re(mark)able」が終わった後、騒然とした中で間髪入れずにこの曲。
会場中が照明で真っ赤になり、センターステで踊る嵐。
めちゃくちゃ格好良かったです。

21 Step and Go

この流れすごい好きです。テンションMAX!
翔くんのラップ後半「日々をこうして過ごす中に〜」部分、
他の4人が流れるように踊るところがあると思うんですが、
その部分を花道を使って一方向に踊ってました。
軽くスキップをするようにステップ踏みながら前に進むんです。
確か、その後今度は逆方向の花道に行って、
前から順番にずらしでカクカクするやつ(うまく言えない)もやって。
色んな場面、映像で観たいなっていうのあるんですが、
ここはそのひとつですね。格好良かったです。大好きでした。
ちなみに最後の「いつまでも消えない輝き両手に」のとこで、
キャプテン、カメラアップ「両手に!」って手を広げるポーズ。

22 a Day in our Life

これはいつものノリ。

23 Tell me what you wanna be?(松本ソロ)

出ましたよ! 松本さんが散々リハを繰り返していたソロ曲。
メインステ上段から颯爽と登場した松本さん。
機関銃みたいなのを抱えて炎を吹かしておりました。
向かうところ敵なし! 俺全身凶器!!
って、言ったわけじゃないですけど。イメージです。あくまでも(笑)。
ロック全開、練り歩いてました。てーみわっちゅわなびー。
二日間真似しまくってましたけど、松本さんが八の字を描くように腕を振るって、
それに合わせてギターが鳴るというキメが最高でした。
二回繰り返してましたからね。ジャンッジャンッジャンッジャン!
最後にジャンプしてジャン! つって、もう松本さん最高です。
ギターソロの間、ネックに顔を近づけて恍惚とした表情をしていたのも印象的でした。
色んな意味で今回のベストオブソロ曲でしたよ。

24 イチオクノホシ

まさかこの曲がコンサートで聴ける日が来ようとは!!第三弾。
でも、まさに夜空の下、メインモニタには星みたいな映像が映って、
本物の星は見れないけれど、ペンライトの光はまさにイチオクノホシ☆
そういうコンセプトなんでしょう。そうなんでしょう。
綺麗だったなあ。

25 シリウス

続イチオクノホシ。まだまだ続く、星空にうっとり。
やはり見どころは最後の松本ソロだと思うんですが、
高く上がったセンターステの上で歌い上げる松本さんの姿は
ハラハラしながらも、美しくうっとりなのでした。
やっぱりここの松本さんは好きだな。

26 Hip Pop Boogie(櫻井ソロ)

センターステに登場、翔くん。
冒頭でラップ詞を朗読する翔くん。
みんなちょっと動揺します。翔くん、朗読してる…。
「Somebody Everybody」のところにあたるのかな? を、
「俺なら 俺らなら いま時代が手の中に」と歌詞替え。
そのあと音が鳴って手拍子とともに盛り上がるという流れ。
衣装も変わってました、ちょい秋物風。
私、ソロの中ではこの曲が一番テンション上がります。
血が騒ぐ感じがします(笑)。とにかく頑張ろうと思う。
途中、「put your hands like this! 手ぇあげろ〜!」
と言われるので張り切るのですが、その後、
「うっあーうっうっあー」って言わされました(笑)。
翔くん、ナニソレ、新しいじゃない!! そんなの知らない。
最初、翔くんが何て言っているのかが聞き取れなくて苦労しました。
翔くんのソロで印象的だったのは、
「こんな景色まで見られるなんて、こんな…こんなとこ来てたなんて」
というセリフですね。ドームツアーのときもここで翔くんの心が動くのが
分かるのですが、国立の空の下ではさらに臨場感が加わった感じがしました。
本当にこんなとこに自分が立っているなんてねえ…すげえや! って、
翔くんが思っているのがダイレクトに伝わる。格好良かったです。
ちなみに「このメンツで!いえい!」のとこは分割画像ではなく、
他の4人が横並びで「いえい!」ってやる新しい映像。
相葉さんの私服は大好きな虹色グレーパーカー。

27 theme of Dream _A_ live

松潤→バンド紹介
ニノ→ジュニア紹介
相葉さん→メンバー紹介 松潤/ニノ/キャプテン
松潤→メンバー紹介 相葉さん/翔くん

この流れはドームツアーとほぼ同じです。
一発芸(?)もほぼ一緒。でも、相葉さんだけバック転じゃなくて、
右肘を90度に傾けて、ふう〜っと息を吹くと腕が振り子のように揺れる。
という文章にすると全然伝わらないどうでもいい芸を披露していました。
でも最後に、はろぐっばい☆ってぶりっこするから結果オーライみたくなる。
しかし、そのあとのさ。踊るのがさ、大好きなので!
また見れて本当に嬉しかったです。最高です。

28 A・RA・SHI

久々に来ましたね。歓喜の声が上がっていました。
これはもう全力で。

29 PIKA★★NCHI DOUBLE

これも絶対にはずれないですね。
大好きな曲ですが、どうせやるなら踊って欲しいです。
そう、ここで「ありがとう〜」って言われるので、
え、もう終盤なの!? と信じられない気持ちになりました。
ほぼ30曲目ですけど、そんなに時間が経った気がしないんです。
ここまで本当にあっという間。

30 明日に向かって吠えろ

凱旋ドームコン以来ですね。古い曲だからだと思うんですが、
こうやって盛り上がるんだよってちゃんと指導してくれるという印象がありました。
古い曲も掘り起こしてみんなで盛り上がれる曲にしていきたいっていう
心意気みたいなものを感じました。

31 One Love

最初はセンターステで5人背を向けて円になって歌っているのですが、
後半は花道を5人横並びになってずんずん歩いて行きます。
ちょうどそのときの歌詞が、
「どんなときも支えてくれた笑い泣いた仲間へ」なんですよ。
これはちょっと感動します。5人、肩を組んで微笑み合って歩く姿が、
すごく象徴的で。ずるい。
曲の一番盛り上がるところで白い風船がぶああって空に舞い上がりますし。
壮観でした。あれは何百個あったんだろう。
(*追記 何百なわけないですよ、五万個ですって。すーげー。
実は裏で一生懸命風船にヘリウムを注入するスタッフさん見かけてました。
本当にお疲れ様でした!!)
夜空に舞う無数の風船がどんどん小さくなって、雪みたいに見えるんです。
「こなーゆきー♪」って思わず脳内にかかってしまうくらいの。
あれは本当に凄かったです。ずっと見てました。
新宿方面へ飛んで行く風船たち。街を歩く人たちが気付いたらビビるだろう。
そして、環境問題的には大丈夫なんだろうかと心配もしたけれど(笑)。
最後、メインステへ戻った5人の前に再び噴水放射!
放水全開で何も見えないっ、すごいことになってました。
松潤「嵐のファンは最高だーー!!」と言いながらはけていきました。

すぐさま嵐コール。

アンコール
ここからはツアーTシャツで登場。
32 感謝カンゲキ雨嵐

曲とは関係ないですけど、メインステに再び登場して、
花道へ歩いて行くんですが、メインステ→花道はちょっと坂になってるんですね。
なので、噴水の影響でそのへんびっちょびちょになっていて滑るわけです。
まず相葉さんがするするっと降りて行くのですが、その後ろを躊躇する大宮。
「わ〜滑るう〜」と言わんばかりに手を繋いで恐る恐る滑り降りてました。
一瞬、心配して振り返る相葉さん。

33 ファイトソング/罰ゲーム→相葉プール

イントロ中に5人でじゃんけん。相葉さんが負ける。
何をやるのかは明かされてないんですけれど、
崩れ落ちた相葉さん、メインステでうつぶせになって足をジタバタさせて、
しばらく駄々をこねるほど嫌がっていたので(珍しい〜かわいい〜)、
どんな罰ゲームなんだ? でも吊り下げられるような屋根もないし…と思いつつ、
腰のマイク電源(?)をはずしながら走り去って行く相葉さん(その様が妙に男前)。
残りの4人が大盛り上がりでファイトソングを熱唱する中、
しばらく出てきません。
曲も後半、メインステ上手側に水着姿の相葉さん登場(WSのアレですね)。
プールが用意されていて、そこへ飛び込むという渋い罰ゲーム。
松潤「相葉ちゃん、どうですか?」
相葉さん「風邪ひく!風邪ひく!」
プールから上がった相葉さん、でもずっと汗だくだったし風呂代わりに
気持ち良さそうに見えたんですけどね。
ツアーバスタオル(松本リクエスト)をかけて貰って、
そのまま次の曲へ(笑)。

34 風

キター! ああもう本当に嬉しかったです。大好きなので。
熱唱する。

35 言葉より大切なもの

熱唱する。ここは確かムービングで移動です。
上手より松本さん&キャプテン、下手よりニノ&相葉さん&翔くんでおお手振り。

最後にまたメインステへ戻って
松潤「俺らの名前はなーんだ? せーのっ」
会場「あらしー!」
とここで、メインステ上から花火。
横移動でズババババババと行ったり来たりで、
最後にドカンとすごい迫力でした。
5人も客席に背を向ける格好で「すげー」って見てました。

ダブルアンコール

挨拶

相葉さん「やっとTシャツ着れた…」
ニノ「相葉さん、俺らの名前は? って言ってたとき、上半身裸でしたからね」
挨拶はちょっと忘れてしまったけれど、すごく印象的だったのは松本さんが
「祭りとしては大成功だったんじゃないでしょうか」と言ったこと。
こんな大きな会場でやることをよく思わない人もいるかも知れないけれど、
あくまでこれは祭りで、そういう意味ではみんなで盛り上がれる、
いい時間になったでしょう? 楽しかったよね? って聞こえました。
そしていつものように松本さんが「まだやる〜?」みたいなことを言って、
そこに相葉さんが絡んでたんですよね、確か。
会場は一生懸命「やる〜」って言ってるんですけれど、
全然足りない! 的な松本さんを指して、
相葉さん「ほらっ、松潤怒ってるよ?」
松潤「怒ってねえよっ」
と、松本さんが相葉さんの指に噛み付いてました(笑)。ビビる相葉さん。
相葉さん「噛まれた! 動物以外に初めて噛まれた!!」

36 サクラ咲ケ

イントロがかかり、5人は花道を通って聖火台へ上がって行きました。
ホントにすごいなって思うのが、「Re(mark)able」然り、
あの位置にいるお客さん、まさかあんな近くに嵐が来るとは思ってなかった
と思うんですよね。ビビったと思います。

37 WISH

いつものように松本さんに求められて歌う。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ 納得!
噛まれたエピソード追加、どうもありがとうございます!!
そういういきさつでしたか・・・凄いものご覧になりましたね!7万人の皆様。
DVDに・・・入らないですよね(苦笑)。
そうそうラストのWISH、ばっちり声揃ってて綺麗でした。
あんなに揃って聞こえたのは06コンDVD(AAA)のオーラス以来か!?って位でした。
(DAL札幌初日しかリアルコン経験がないので)
長々失礼しました!
メルティー♪ 2008/09/12(Fri)00:44:47 編集
・ Re:納得!/Rumy→メルティー♪さん
メルティー♪さん、こんばんは。

そういう流れでした。思い返せば松本さんはあらゆる場面でいつも以上にテンションが高かったのです。

あーそっかあ、収まらないのかも。でもどこかで流れたり、ちょこっと収まったりするといいですね。

嵐ファンは合唱上手。
2008/09/12 01:00
・ 感激
初めまして、私も、五日、同じゲートでした。同じ目線だと思うと、一層臨場感溢れてまたまた感激です。特攻の熱さも肌で感じました、あの構成は松本さん中心に考えたんでしょうか、ニノ君と相葉さんの、セットリストは、即ダメだしされたけれど、イズムは残っていると、D誌に載ってましたけれど、ほんとうに幸せな時間でした。オトノハ見て、またうるっと来ています。詳しいレポありがとうございました。
sizukomama 2008/09/10(Wed)22:42:52 編集
・ Re:感激/Rumy→shizukomamaさん
shizukomamaさん、こんばんは。初めまして!

同じブロックだったんですね。そこそこ距離あるはずなのに、あの熱さはビックリでしたよね。

実はまだ雑誌を追えてないんですよ。にのあいが考えたってとこまでは知ってるんですが、結局ダメ出しされたのね(笑)。

オトノハ良かったですよね!心が溶けるかと思いました。いっそ翔くんの写真で商売すればいいのに。

こんなレポでもお役に立てて良かったです。読んで下さってありがとうございました。
2008/09/12 00:41
・ 空と風
やっぱりRumyさんのレポは最高!!なんかテンション上がるんですよね。
グッズ並びにはまって、会場に入れたのは開演10分前。埋もれも覚悟だったアリーナE。花道脇から5番目位のまさかの神席でした。(レポ通り横の花道はCとDの間でした。)さらにオープニング中央のステージがせりあがって・・・最初から本当にテンションMAXです。
Rumyさんが言ってた、「経験値」で、今度こそ記憶にとどめようと思ってたのに、しょっぱなからぶっとびました。

空と風が本当に心地よく、移り行く時間も十分に計算された、素晴らしい構成だったと思います。まさか生で聞けるとはシリーズも最高!!泣けました。新規ファンもね、大好きですよ。

でもやっぱり何よりね。嵐のみんなが本当に楽しそうで、
あんなに大きい会場なのに
スタンドのてっぺんまで届け!!っていう気持ちが伝わって・・・超楽しい!!(って松潤いってませんでした?)夢のような空間でした。

おかげで2日目も3歳のちび連れて外から「魔王コール」聞いちゃいました。(笑)

私もOne Loveの2番で肩組み合う5人の後姿すごく印象的。とにかく合間合間で、やたらじゃれあってて、可愛かった。

Rumyさんのおかげで、まだ当分浸れそうです。何にも手に付かなくってヤバイんですけど・・・
たいがーまむ 2008/09/10(Wed)20:36:24 編集
・ Re:空と風/Rumy→たいがーまむさん
たいがーまむさん、こんばんは。

長いだけでたいしたこと書けてないなあって思うんです。でも喜んで頂けるのは嬉しいです。グッズ並びお疲れさまでした。暑かったよねえ。

後ろ過ぎるアリーナは逆に前になるんですよね。私も去年そういうことがありました。ホント度肝を抜かれますよ。

あんなん記憶ぶっ飛びますよ~。私も書きながら、もっと覚えてたはずなのに…!って悔しいですもん。

空の移ろいを想像しながら作ってもぴったりハマるとは限らないのに、計算バッチリでしたよね。雲も少し晴れていたし完璧でした。

嵐の楽しそうな笑顔が成功の秘訣かもですね。松本さん色んな言い方で楽しいって言ってた気がしますよ(笑)。

まむさんもピクニックしたのね!とらちゃんも一緒かあ。私、3歳くらいからの記憶があるんですけど、とらちゃんの記憶に残るといいですね。

浸って下さい。雑誌媒体のレポはこれからが本番ですしね。
2008/09/12 00:31
・ お疲れ様でした!
おはようございます!
Rumyさん、レポありがとうございます。
嵐の5人も参加された方も最高に楽しく盛り上がったようで、お留守番の6人めの嵐もうれしいです。
レポから楽しさが伝わってきて、にこにこしながら読ませてもらいました。あ~楽しかった!
図も参考になりました。感謝!です。

「イルカに会いに行くぜ!」観ました。良かった、すごういよかったです。相葉さんにしか成しえなかった企画というか、映像だったと思います
。たまたま観た息子が「あれは放送せんとなぁ。相葉雅紀がちょっとかっこ良く見えたで。」て!「ちょっとだけなっ!」て言ってしまいました。なぜか照れた。






buko 2008/09/10(Wed)09:54:39 編集
・ Re:お疲れ様でした!/Rumy→bukoさん
bukoさん、こんにちは。

ちゃんと伝わってますか(笑)?読み返すと結局、ステージ構成とすごいとか格好いいとかばっかりで、本人たちの様子をもっと伝えられればなあと悔やみました。でも、そういうとこに限って覚えてないんですよね。6日レポも残ってるので、良かったらまた読んでやって下さい。本当に最高の二日間でした!

bukoさんの最後の件に笑いました。気持ちがすごく分かった。照れるよね(笑)。私も「まあまあだな!」とかえらそうに言います。
2008/09/10 12:53
・ 野外凄かった
こんにちは♪
見事にセットリスト追えてますね。尊敬します。
私は大どんでん返しで参戦出来たので、それだけで胸一杯でラブソの次何だっけ?何て言うマヌケ状態でした。
お蔭さまで記憶を呼び起こす事出来そうです。
野外ならではの特効がフンダンで楽しかったですね。
流石嵐君!思っていたほど広さを感じませんでした。
mina 2008/09/06(Sat)17:35:51 編集
・ Re:野外凄かった/Rumy→minaさん
minaさん、お久しぶりです!どんでん返しでしたか、そういうのすごく嬉しいですよね。喜びもひとしお。おめでとうございました。

ええ、今回は頑張ってメモしてみたんです。携帯でメールを打つように。メモをとる素晴らしさに目覚めました!

今回も相葉バカ団扇持っていきました。ほとんど手に持っていなかった気もするけど。連れていきたかったので。
2008/09/10 09:03
・ 噛まれた!?
お疲れ様でした!
こちらに初お邪魔です。
夜お目にかかれて嬉しかったです☆嵐ファンでよかった。

・・・で、噛まれたって!?
チューじゃなくて!?
どういうシチュエーションですか!?
無茶苦茶気になります!
メルティー♪ 2008/09/06(Sat)03:01:36 編集
・ Re:噛まれた!?/Rumy→メルティー♪さん
メルティー♪さん、どうもいらっしゃいませ。メルティー♪さんて、音符がつくんですね~。

レポにそのときの状況を書いてみましたが、松本さんが噛みつく(まさに言葉通りの)なんて珍しいなって思いました。相葉さんもさぞビックリしたと思います。会場もふぎゃってなって、私も泣き虫サンの絡み大好きなので、うおおって喜んでました。あの瞬間をまた見たい。
2008/09/10 08:56
・ ぱんつ
・・・ラキメンで破けたんですか?! ラキメンで破けたんですか!

なんてことだ。

まったく追えてないですが、野外って物凄く長いんですか?ひょっとして。いいなぁ、私はStillが聞きたいぞ。
Roxie URL 2008/09/06(Sat)01:54:16 編集
・ Re:ぱんつ/Rumy→Roxieさん
Roxieさん、おはようございます。

ラキメンでパンツ破けちゃいました。WSでもそこは注目されていたので、観れますよ。ズームインがさすがバッチリです。

国立競技場はめちゃくちゃ広いよ~。でもその広さを全然感じさせなかったのよ、あの人たちは!
2008/09/09 09:35
・ ありがとうございます
久しぶりにおじゃまいたします。
いつも拝見しておりました。
国立、素晴らしかったのですね?
私はお留守番だったので、セットリスト、すごく嬉しいです。ありがとうございます。
ぐちゃぐちゃなんかじゃないですよ、Rumyさん楽しかったんだなって伝わってきました…。
明日も晴れますように。いっぱい楽しんで、またレポを読ませていただけたら嬉しいです。では、また。おじゃましました。
ふっちゃん 2008/09/05(Fri)22:24:55 編集
・ Re:ありがとうございます/Rumy→ふっちゃん
ふっちゃん、おはようございます。お久しぶりです。

あのひらがなはっかりのメモでも役立ちましたか(笑)?アップするの迷ったんですけど、テンションで上げちゃえって。コン終わりの勢いに任せました。国立、素晴らしかったですよ!本当に楽しかったです。

天気にも恵まれて嵐汚名返上です。レポもようやっと初日上げました。良かったらどうぞー。
2008/09/09 09:31
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-111 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 10 next 12