忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
372  371  370  369  368  367  366  364  363  362  361 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自分の仕事が忙しくなるのと、アラシゴト加速度が比例してます。
ファンとしてはつまり完全なる反比例!
主に松潤なんですよね、最近めまぐるしいのは。
全部追えるとはハナから思ってないですけれども、
とりあえず、鉄板の「CUT」と「SWITCH」、
他は迷ったけれど「MORE」を買いました。あれはよかった。

書きたいことは色々あるけれど、ひとつ上げときたいのが、
「weekly ぴあ」嵐特集。これは色んな意味で面白かったので。

これ取材した人、すごく客観的に語ろうとしてるけど、
完全に嵐ファンなんだろうなあ。
結局は、嵐すごいんだぜって言いたくて仕方ないみたいな。
語りかけはあくまで読者側で、もうちょっとこんな意地悪な
質問しちゃいましょうか? どう出ますかねえ?
っていうスタンスがツボ。もっと素直に質問すればいいのに。
嵐キテルフレーズをここまで全面に持って来たテキストは
久しぶりのように感じました。
去年の夏をピークにもう今更使われないのかと思ってました。
この煽る感じ。

嵐が念願の初ドームを達成したときに、
「僕らの8年間は間違ってなかった」という合言葉が誕生したと
記憶していますが、それはつまり自分たちでも、このままでいいのかな? 
という迷いが、どのタイミングでかは分からないけれど確かにあったわけで、
その揚げ足を取るかのように、ハワイであんなに華々しくデビューしたのに、
その先は思ったようにうまくはいかなくて、
いまだに名刺代わりとなるヒット曲がないという、
ちょっと失敬な質問をしちゃうところがチャレンジャー。
翔くん曰く「A・RA・SHI」は名刺代わりの曲なのにね。
でも、私もファンになったときは思ったものです。
嵐といえばって、曲があんまり思いつかないなあと。
だからこれは、あえての一般目線なんでしょうか。
にしても、「Love so sweet」はヒット曲と認めて貰えないんですね。

で、それに対して心から真面目に答えてる嵐が面白い。
自分たちの音楽カラー好きですんで! つって。
国民的ヒット曲が狙って出せるなら出しますよって、
松潤が答えてるけれど、
今の嵐なら出そうと思えば出せるんじゃないかと。
抜群のタイアップを組んで、そういう路線を選べば、
絶対とは言えないけれど、そこそこいけるんじゃないかと、
漠然とですが思いました。
ただ、そこで狙っていっても面白くないからJストがしないだけで。
「Step and Go」はあえてはずした感があったように思えるけれど、
(でも、本当はもっとはずして欲しかった)
あえてはずしたにしては、なんかえらい売れてるので。
PV付きとはいえ。そして単にファンが増えてるにしても。

嵐がもし本当にこのまま国民的アイドルになるのだとしたら、
それはきっと、嵐ファンが感じている嵐の良さが、
なんかよく分からないけどこいつらは少なくとも敵にはならなさそうだ、
という風に、人の動物的心理(?)に訴えかけることで、
一般の人たちにも浸透していくような気がします。
それに加えて、成功まで一筋縄ではいかなかったという苦労感が
より一層親しみを持たすじゃないですか。
苦労人は広く受け入れられるんもんですよね。
そんな風に国民に受け入れられていく、
付けなくてもいい傷までつくったアイドルグループ(笑)。

私は嵐ファンになった最初の頃、
国民的アイドルが誕生する軌跡を生で見れるんだろうなあ
という興味本位があったので、そういう面白さが
ファンを続けるきっかけになったと言えなくもないのですが、
実際に色々見ていると、面白いって言えることばかりじゃなくて、
面白かったものが確実につまらなくなっていく、
無駄なものが淘汰されていく、
という場面もあったような気がします。

ただ嵐は、その波にひたすら抗っているように思えなくもない行動や発言、
このインタビューでもそうだけれど、とにかく自分たちは変わらないのだ
ということを懸命に唱ってきていて。それが本当に変わってないとしても、
それを判断するのは見ている側の方で。
今のところそのバランスが成り立っているような気もするけれど、
いつか崩れたりするのかなあ、どうなのかなあ。
というのも、新たな見どころのように思っています。

バカにアイドルは務まらないんですもんね。
きっと彼らはやってくれるんでしょう。

何にせよ、嵐はいいグループだなあと思います。
なんたって、目次のとこにちょこんといるだけでいいもん。

ところで、私がファンになってから相葉さんの代表作が一向に
変わらないんですよね。それはある意味凄いことなんだけれど、
なんかこう…。という何とも言えん気持ちになるのは、
きっとみんな同じなんだろう。うん。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ はるばるやってくる、ぴあ♪
Rumyさん、こんばんは〜。

早く読みたいんですけどね『weekly ぴあ』。
私がそのテキストを目にするのは2か月ほど先になりそうですよ。
南に住んでる私のために、嵐友ちゃんが運んできてくれるんです。6月のドームに♪
東京からあちらに飛んで、それから飛行機ではるばるやってくる、ぴあ。
おとなしく、楽しみに待つとします。

「変わらないオレたち」と「確実に変化していく状況」。
確かに今はまだ、こちらがとまどってしまうような、そんな急変はないのかもしれないけれど、
絶妙なところでバランスが取れているようにも思えるけれど、
これは私の感じるところで、
その受け止め方って、嵐を見つめてきた年数によっても違うんじゃないかな?

嵐にはこの波に逆らい続けてほしいような、
逆らえなくてもその気概だけは持っていてほしいような、
でも、波に乗ってもっともっと大きくなってほしいような、
かと言って、つまんない路線での国民的大ヒットだけは勘弁してほしいような。
なんか、いろいろ交錯しますね。
でもね、いつまでも嵐を好きでいたいと思う!

でもって、嵐の取材! 立ち会いたい…。
冷静にインタビューできる自信はまったくもってないんで、
出版社の営業のアシスタントくらいで、現場にこそっと紛れ込みたいです(笑)
ノコ 2008/05/01(Thu)21:42:48 編集
・ Re:はるばるやってくる、ぴあ♪/Rumy→ノコさん
ノコさん、こんばんは。

ノコさんがこの記事を読む頃は嵐コン真っ只中ですねえ。今読むよりも何か違う気持ちで読めるかも知れないよね。

この手の話題はどうしてもファン歴の関わってくるところがありますよね。嵐人気がどの程度のものかというのも、それぞれのデフォルトがあるだろうから、差の感じ方も違うでしょうし。もはや嵐は変わってしまったと感じる人だって当然いますもんね。

ヒット曲を持つことそのものに意味はないというようなことを、このインタビューでも語ってましたよ、嵐さん。色んな気持ちの交錯はこれからどんどん出てくるんだろうけれど、そこも含めて楽しめるといいなと私は思うわけですよ。言っても嵐ファンはそう簡単には辞められそうもないですしねえ。

嵐の取材なんか機会があってもまともに出来るわけがない!横で黙って記録でも付けていたいもんです。そしてたまに隠れてダブルピースします。
2008/05/03 01:27
・ LLS
Rumyさん

こんにちは。まだお仕事はお忙しいのかしら?

LLSはヒット曲だけど、代表曲ではないんじゃない? 名刺代わりにならないのはラップがないからだよ。

読みたいなぁ、その記事。・・・本屋さん行こうかなぁ。
rox URL 2008/05/01(Thu)04:01:53 編集
・ Re:LLS/Rumy→Roxieさん
Roxieさん、こんにちは。

飛び石のGWに入ったので、ちょっと余裕が出始めてますよん。

>名刺代わりにならないのはラップがないからだよ。

おーなるほど!そりゃそうだ。そりゃ当たり前だ!

本屋行っておいで。相葉さんのソロショットもなかなかイケメてたよ。インタビュアの記事にも注目だけど、何より嵐さんの受け答えがよかったからね。
2008/05/01 18:22
・ 好きですw
Rumyさんの真摯な発言に、なんとなく読みに来てしまう3年目ヲタ(ニノ担)です。私も彼氏をゆっくり洗脳してるとこですねー。まあコンまでぜってー来てくんないけどw

ぴあ特集に関しては、「あー(インタビュアーの感情が)ダダ漏れてんなー」と思いつつも、最近興味を持ち出した周囲にさんざん勧めておきましたw 最近読んだ嵐関連で一番泣ける記事だよと。提灯記事だろうと、一般誌の影響や買いやすさも踏んでの推薦ですw ある意味、ビギナーにはとっつきやすいとこあると思いませんか?

嵐キテルフレーズは、個人的には10周年までの布石だと思ってるので、これからなんぼでも使って欲しいと思ってます。問題はその先だから。

あーそれにしても、5人の男子の成長過程をがっつりかぶりきで見て行こうという気持ちは変わらない。10周年突入というタイミングも心底うれしいけど、いま居合わせる事が重要〜。ほんとこんなに楽しいカルチャーないわーww
私たちは幸せですよね。
3年目嵐ヲタ 2008/05/01(Thu)01:58:25 編集
・ Re:好きですw/Rumy→三年目嵐ヲタさん
三年目嵐ヲタさん、初めまして。

彼をアラシゴトに巻き込むと色々楽しいですよ。早くコン参戦までもっていけるといいですね。私彼の場合、決め手はアルバムを聴かせたことでしたよ。

今回のぴあ記事はジャニーズアイドルの根源から切り出して、嵐というグループの凄さを語り倒したところが良かったですね。一般読者の興味を引く文章として、説得力があったように思います。嵐ファンとしてはやりすぎじゃね?と思える部分もあったわけですが(笑)。

私もこの過渡期の嵐をリアルタイムで見ていられることが本当に面白いし、幸せなことだなあと思いながらファンをやってます。がっつりかぶりつきで(笑)見ていかないとですね~。

コメントありがとうございました。よかったらまた遊びに来て下さいね。
2008/05/01 18:17
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11