忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
115  114  113  112  111  110  109  108  107  106  105 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このブログを始めて丸2ヶ月が経ちまして、気がついたら記事が100を越えてました。
アドレナリン大放出で書きなぐった勢いが表れてます。
単純計算で、一日平均2記事って、結構なハイペースですよね。

ファンになってから、数ヶ月経った頃、
嵐について色々書きたいことが溜まって来てしまって…と
始めたブログですが、もともと根拠のない分析が好きなこともあって、
完全主観で色々書かせて頂きました。今日は自分なりに嵐ファンになってから
どんなことを考えて記事を書いてきたかを振り返ってみたいと思います。
自分の中の整理のためっていう意味合いが強いかも知れません。

お時間ある方はどうぞ、お付き合いください。

どのグループにおいても、きっとそうなんだと思いますが、
ファンのスタンスって、人それぞれなんだなあと色んなブログさんを
拝見させて頂いていて、思います。

嵐に関して言えば、デビュー当時から応援していたファンの方々は
ジュニアの頃の彼らをリアルタイムで知っているはずなので、
最近の嵐を見て「成長したなあ」と思ったとしたら、それは本当に重みのある
言葉だと思うし、ちょっとお母さん的な目線もあるのかなと思ったり。

嵐の何が好きかによってもやっぱりスタンスは様々で、
彼らを可愛い男の子たちとして好きだったら、あのキラキラしたアイドルっぷりや、
単純にビジュアルだったり、いちゃいちゃする感じだったりが好きとか。
くだらないことをやっている嵐が好きだったら、バラエティで彼らが真剣に
おバカ実験をしているのが好きとか。とにかく嵐特有の雰囲気が好き、
コンサートが好き、はたまた全部好き! とか、
まあ、挙げてくとキリがないんですが、それぞれ嵐にはこうあって欲しいみたいなのが
少なからずあると思うんです。しかし、そういうスタンスの違いがあれど、
結局はみんな「嵐大好き!」ってなってるのが、すごいなあと思います。
そういうファンの色んな要望すべてに、そこそこ答えを出していってるところが、
彼らの賢いところなんだろうなと、思うわけですが。

私はこのブログで記事を書くときに「一般的に」とか「世間からみたら」
とかいう言葉をよく使うんですが、私にも嵐のこういうところが好きーみたいなのは
もちろん普通にあって、こんな嵐が見たいっていう要望もあるんですが、
それを求めると同時に、でも、嵐のためにはこうあった方がいいのかも。
という考えが過ります。それが先述した言葉に表れているんですけれども。

例えば『宿題くん』について。
『C→D→Gの嵐』に続いて、次は『Eの嵐』とかにしちゃえばよかったじゃん。
5人でうだうだと固まって面白いことしてればよかったじゃん。
と正直に言えば、思うわけですよ。だいたい、◯倉さんキライだし。
でも、もっと嵐をたくさんの人に知ってもらうには、
ゲスト形式にして、◯倉さんの人脈や経験も利用して、嵐もいつまでも5人で
固まってないで、幅を広げた方がいいんじゃないかって、もしスタッフが
考えたのなら、それもありなのかしらって納得する自分がいるんです。
実際、以前の『宿題くん』にお笑い芸人の「高田コーポレーション」って人たちが
出演したときに、彼らのブログを拝見する機会があったんです。
書いてるんですよね、「嵐の宿題くんに出ましたー」って。
そしたら、彼らのファンの方々は「宿題くん初めて観たけど面白かったです」って
言っているわけですよ。嵐ファンの視点だけで正直に感想を言えば、
「芸人がたくさん出ると、嵐が全然映んないからつまらん!」ってなるんだけど、
その分、嵐を初めて知る人が増えてる事実を思うと、私はなんだか黙ってしまう。

『まごまご』も然りなんですが、「お江戸発見伝」は面白くない。
相葉さんが街を駆け巡るよりも、子供と楽しそうにしているところを
観てる方が、よっぽどいいんです。
でもね、『まごまご』の放映枠は土曜13時っていう、
休日のなんともまどろんだ時間帯で、何気なく情報番組を観てる、嵐ファンとは全然
関係なさそうな世代の人たちがテレビを付けている可能性が高いじゃないですか。
そこへ「歴史」みたいな、わりと万人に通用するようなテーマを設けとけば、
結構上の世代の人でも、そのままチャンネルを変えずになんとなく観ちゃうのかな、
とか考えたり。その延長で「孫」や「こども」はすでに鉄板だと思うし。
実際、会社の人とかに嵐いいよねって誉められると、大抵きっかけは
『まごまご』を観てって言われるんです。
そうやって、『まごまご』みたいな番組は自然にファンではない人たちの
懐に入り込めるものなのかな、ってことは、必ずしも嵐ファン目線じゃなくても、
もっと普遍的な番組になった方がいいんだろうな、と考えている自分がいるんですよね。

自分の消化不良を我慢してでも、嵐をもっとファンじゃない人たちにも
知って欲しい。それが、私のファンとしてのスタンスなのかなって、
最近、すごく思います。
なぜそんなに自己犠牲を払った精神なのかが自分でもよくわからん(笑)。
もちろん、嵐をもっと知って欲しいって気持ちでいる方は
たくさんいらっしゃるとは思いますが、なんか、私はそれが特に強い気がします。

嵐は他のグループに比べると、ファンの年齢層が幅広いとよく言われるようですが、
確かに彼らはそういう結果を招く要素をたくさん持っていて、
最近ではニノの大活躍により、アルドルっていう概念が覆されて、
より注目を集めるようになったのは、素晴らしいことです。
それもまた、嵐をたくさんの人たちに知ってもらえて嬉しいという点で。

さらには、ジャニーズアイドルにも関わらず、コンサートでの男性ファンが
着実に増えているというのも、また興味深いことです。
多分、そのファン層を獲得できる所以はやっぱり『D→Gの嵐』で繰り広げられた、
「あのうだうだな感じ」から来ていると思うんですが、嵐のくだらないおバカな部分は、
もはやファンとかファンじゃないとかは関係なく、単純に面白いんですよね。
くだらなさって意味では、タモリやみうらじゅんが好きそうな雰囲気に通じるものが
ある気もするし。男性の目をひくのも納得出来る。
そこからコンサートへもってくには、またちょっと壁がありそうですが、
そこを越えるきっかけってどこにあるもんなのか、考察出来るといいなと思ってます。

もしも、コンサートの男女比が半々に近くなる日が来たとしたら、
ジャニーズアイドルとしては、かなりの革命ですよね。
本当の意味で新しいアイドル像が実現されたって言えるかも知れない。
でも、嵐はそれがまんざら不可能でもないって気にさせるところがすごい。

とにもかくにも、私は嵐のよさがもっともっと世間に広まればいいと思います。
ファン歴の浅い強みとも言えますが、彼らがメジャーになることに対する、
寂しさみたいなのは全然ないんですよね。
ただ、嵐の良さのひとつにマイナーな中でこそ、最大限に発揮される魅力という点が
あるので、嵐に下手にゴールデンの冠番組をやらせても、コケる可能性は高いですが。
そのへんが難しい。『宿題くん』と『〜の嵐』が別枠だったらどんなによかったかと
思うことがありますよ。
まあ、それはスタッフの力量なので、私はただ勝手に考察するだけなんですが、
ともあれ、どんな形であれ、嵐がもっと色んなことに挑戦出来るといいなと、そして、
そういう環境がどんどん用意されていくといいなと、そんな風に思います。

…というわけで、私のファンのスタンスを振り返ってみました。
もっと単純に嵐のこういうとこが好きだぜいえーい! ってブログになんないかな、
って自分でも時々思うんですが、以上のように、つい嵐ファン獲得のための考察を
してしまう癖があるもので、こんな根拠のないことを勝手に語るブログが
ある程度の形を成そうとしておりますが、
それでも楽しんで頂ける方がいらっしゃれば、嬉しく思います。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ はじめまして
Rumy様はじめまして。きゆさんにこちらの「アイバノデンゴン」さんのご紹介を受け、数日前からお邪魔させて頂いておりました木ノ村 一飛 と申します。ご挨拶が遅くなり大変申し訳ありません。

きゆさん同様私も「ファンのスタンス…とか、色々」にとても感動したのでこちらにコメントしてしまいました。
嵐ファンの目と世間一般の目をこんなに分かりやすく綴っていらっしゃってかなり驚きました。嵐さんのこと凄く考えていらっしゃるんですね。素敵。Rumy様の考察力・探求力には目を見張ってしまいます。すごく。「アイバノデンゴン」さんのどこがどう素晴らしいか語りたいくらいなんですが、如何せん、長くなってしまううえ迷惑極まりないので止めておきます;

きゆさんが私について何やら仰っていたみたいですけれど、悩んでいるとかそんな深刻なものでは全然ないです。なんかすみません…。ただ私の中でちょっと疑問に思っている事があるのは本当です。
Rumy様………もしお嫌じゃなければお暇な時にでもこちらのブログにお越し頂けませんか?1月6日の「謎」ってタイトルの記事について、Rumy様のご意見お聞かせ願えたらとても嬉しいです。内容薄すぎてお恥ずかしいのですが、出来たらでかまいませんので宜しくお願い致します。

長々と失礼致しました。
木ノ村 一飛 URL 2008/01/21(Mon)15:42:47 編集
・ Re:はじめまして/Rumy→木ノ村一飛さん
木ノ村一飛さん、はじめまして。
きゆさんのお友達の方ですね、ようこそいらっしゃいました。

木ノ村一飛さんの「謎」拝読しました。きゆさんから話を頂いたときから、なんでそんなに感動してもらってるんだろう…?って疑問だったのですが、ちょっと分かったような気がします。眠れる獅子の扱いについてですね。一時期、キャプテンファンの方々とそのへんについては色々語り合ったこともありました。経緯はキャプテン関連の記事のコメント欄などを覗いて頂けると幸いです。最初は木ノ村一飛さんの仰っているような憤りみたいなとこから始まってるんですけれど、徐々にその在り方もアリだという結論に至っているはずです。コメント欄で発展したことなので、飛び飛びになっているかも知れませんが…。

でも、最近の快進撃には目を見張るものがあるでしょう。まだまだ世間の人には伝わりにくいかも知れませんが。

>嵐さんのこと凄く考えていらっしゃるんですね。

嵐大好きですから(笑)!う〜ん、確かに探求力はあるかも知れないけれど、考察力はないですよ?根拠がないものばかりですし。でもお誉め頂いてありがとうございます。

木ノ村一飛さんのブログ、近いうちに改めてお邪魔しに伺います。
2008/01/24 20:17
・ 無題
どうしよう、食いついたとこ朝寝さんと同じだ…!

わたしはけっこうなーんも考えず嵐さんすきだーっ!タイプの人間なので思うことは多少あってもRumyさんみたいにきちんとした文章が書けないのでがっちり納得!ってときは代弁してくれてるようで嬉しいです(勝手に)。
チョビ URL 2007/07/25(Wed)08:44:04 編集
・ Re:無題/Rumy→チョビさん
チョビさん、こんばんはっ。

>どうしよう、食いついたとこ朝寝さんと同じだ…!

キミタチをタモリ倶楽部コンビと名付けよう!
活動内容は嵐の楽曲から空耳アワーを発見すること。

>がっちり納得!ってときは代弁してくれてるようで嬉しいです(勝手に)。

今回は代弁出来てました?
きちんとした文章なんか書けてないですよ。ホントに(泣)。
私も色々書くくせに、結局はすきだーってとこに落ち着きます。
これはもう仕方ないですね。だって大好きなんだもん。
2007/07/25 19:43
・ スタンス
私、タモリとかみうらじゅん好きです(笑)
朝寝 URL 2007/07/25(Wed)03:06:13 編集
・ Re:スタンス/Rumy→朝寝さん

この長文の中であえてのピックアップはそこか!
ゆるキャラ選手権とかね。
2007/07/25 03:46
・ またまた来ました
Rumyさん、またまた来ちゃった。こんにちは〜。

私、ほかのジャニーズはよく知らないんですけど、確かに嵐は、ファンの年齢層や性別は幅広いと思います。例えば亀○クンのいるグループなんて、ちょっと近寄れない気がする(笑)。でも、嵐はそこが welcome してくれている気がするんだなあ。でも、男性ファンの比率が高いとは意外! うれしいことですね。

私自身、なんでこんなに惹かれてるのか…自分でも驚きなんだけど、私の場合「楽曲が好き」ってのが大きかったですね。きっかけはベタに花男の松潤だったんですけど、CDをいろいろ見てたとき、「嵐の『ラキラキベイブ〜♪』って、あのCMの曲、なんかよかった気がする」と思い、そのタイトルすら知らなかったから、当てずっぽうにレンタルしたんですよ。家に帰ってPLAYを押したら、流れてきたサクラップ! BINGO !! そ、そして、かっこいい〜!!! あのときから、今のドキドキが続いているんです。

話がそれましたが、嵐って本当にいろんな魅力が溢れまくりなのに、世間にはあまりそれが認知されていない気がする。だって、みんな幅広い才能を持っていて、すごい活躍でしょ。第一、パイオニア揃いだし。ハリウッド俳優にキャスターを務めたアイドルっていましたっけ? めちゃくちゃcuteで動物にも愛されまくりだし、道明寺キャラがあれだけ似合う男って見たことない。そして、あの方はジャニーズきっての才能人だと思うのです(相葉さんブログなのに、いつもすみません…)。

だから、春に江原さんと共演した「明日への扉」でしたっけ? あれはすごくうれしかったなあ。「嵐、いいでしょ!」と、いろんな人に言えたようで。相葉ちゃんの人柄のよさもすごく出てたと思います。ジャニーズのアイドルっていう枠にとらわれず、彼らにふれると、その良さが分かると思うんですけどね。ファン歴が長い方とは感じ方が違うかもしれませんが、これからもいろんな活躍を見せてほしいものです。

なんだかとりとめのない、長々コメントでした。

最後に、Rumyさんの書いているパワーって、すごいと思う。だって、何かを発信していくって、エネルギーがいりますもの。1日平均3本って、なかなかできませんよ。でも、それだけ「嵐愛」があふれてるってことで! そして私も、いつもここに楽しみに遊びにきている、たくさんのあいばば&嵐ファンの一人でっす♪
ノコ 2007/07/24(Tue)18:03:24 編集
・ Re:またまた来ました/Rumy→ノコさん
ノコさん、こんばんは〜。
ここをあなたの帰る家にしちゃってください!
ウェルカム!

KA○○UNのコンサートはファンをぐいぐい引っ張って
いってくれる感じなのに対して、嵐のコンサートはファンと
一緒に作っていく感じなんだって、どこかで読んだ気がします。
どこだっけ…。ああ、忘れちゃった。
私も嵐以外はなんとなくしか知らないのですが、
それには妙に納得しました。KA○○UN は尖ってる感じが
しますよね。それが魅力なんだろうけれど。
やっぱり、ノコさんの仰るように嵐のwelcome な感じに
私たちは安心しきって懐いてるんでしょうね。

>「嵐の『ラキラキベイブ〜♪』

神楽坂さんもそうだって言ってましたね。
やっぱり『きっと大丈夫』効果って、あったんだろうなと思います。
自分も含め、嵐ファン歴が半年前後の人って、よく見かけるんですが、
半年前、そんなに一斉にファンを獲得した地雷って
どれだったのかしら、と考えることがあるんですが、
この楽曲もひとつその役割を担ったんでしょうかね。
あとは、やっぱり『花男』かあ。

>あのときから、今のドキドキが続いているんです。

なんか素敵! 恋だね。ヒューヒューだぜ。

先日、KInki さんが十周年記念を迎えたそうですが、
それを知って、まだ彼らはそんなもんなのか?
と率直に思いました。そう考えると、8年目の嵐は
本当に歩みがのろいんだなあと、改めて思います。
でも、実力が備わっているってことは、いつ大脚光を浴びても
準備万端なわけですから、それが頼もしいですよね。
いや、今だって脚光は浴びているんだと思いますけど。
彼らの魅力を思うと、まだまだ足りないですもんね。

>春に江原さんと共演した「明日への扉」

ありましたねー。なんか遠い昔のような感じ。
あれをやるって知ったときは、びっくりしたなあ。
江原さんに支持されるって人によっては否定もあると思うんですが、
私も素直に嬉しいなあと思いました。
嵐の良さをすごく保証された感じがしたというか。

>1日平均3本って、なかなかできませんよ。

私も気付いて、自分にびっくりしました。
どうでもいい記事もたくさん紛れてるんですがね。
やー、まさに愛だね。

>そして私も、いつもここに楽しみに遊びにきている、たくさんのあいばば&嵐ファンの一人でっす♪

ノコさん、泣けますよ。
私はノコさんのモジ子卒業に加担出来ただけでも、
このブログを立ち上げてよかったと思います(笑)!
これからもよろしくお願いします。

*追記
ノコさん、大変。私、一日3記事って書いちゃったけれど、
実は一日2記事ですよ。間違えちゃいました。
でも、ハイペースはことに変わりはないんですが。
文面訂正させて頂きましたー。
2007/07/25 19:22
・ 無題
はじめまして。いつも大変楽しく拝見させていただいております。

実は、「嵐のびっくり玉手箱」を読んで泣いたことがあります。Rumyさんのやさしさに大感動です(大野くんふぁんです、またまた、すみません)。
今回の文章にも激しく同意させていただきました。
いつかミリオンセラー!とって欲しいなあ。


これからもブログ楽しみにしています。相葉ちゃん舞台、楽しみですね!
パグ 2007/07/24(Tue)07:37:50 編集
・ Re:無題/Rumy→パグさん
パグさん、初めまして。

>実は、「嵐のびっくり玉手箱」を読んで泣いたことがあります。

って、ええっ!? な、泣かないで?
大感動してくださるなんて、恐縮です。
私は相葉ファンですが、あの記事を書いたときの気持ちに
偽りはありません。
キャプテンは素晴らしい才能をお持ちの方ですよね。
相葉にキャプテンはもはや付き物みたくなってるので(笑)、
キャプテンファン大歓迎です!

>今回の文章にも激しく同意させていただきました。

かなり身勝手な文章になったので、ちょっと心配でしたが、
同意して下さる方がいてくださると、少し安心します。
あんな長文を読んで下さって、ありがとう。

>これからもブログ楽しみにしています。相葉ちゃん舞台、楽しみですね!

お優しい言葉、ありがとうございます。
相葉舞台に関しては、浮かれまくってます。
記者会見がチョー楽しみ♪
また遊びに来てくださいね。
2007/07/24 20:43
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09