忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
809  808  807  806  805  804  803  802  801  800  799 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

半年くらいに一回のペースで当選奇跡を起こせる友人、
というのが私の近くにはおります。
ただ、それ以外ではほとんど運を使えない人です(アラシゴト的に)。

最初は2008年FREESTYLE表参道が抽選に切り替わったとき、
次は2009年5月宿題くん番協、その次は2010年5×10コン名古屋オーラス。
そして、今回のMusic Lovers番協です。折に触れてやってくれる子です。

まあ、こんなの入れるとは思ってもみなかったですよ。
応募したのは自分たちだけれど、その日は「嵐にしやがれ」の番協募集もあって、
応募する側に選ぶ権利がなかったんです。当たった方へ行くという。
当たっただけでもすごいことだけれど、Mラバの方へ行ってと言われたあたりが、
まさに奇跡だったと。ねえ、みんな!30歳でもあれ行けるんだよ〜!
後学のために恥を忍んで年齢をまずは書き残しておきます。

収録は8月10日だったので、わりと撮って出し的なところもあり。
彼らは本番直前のコンリハ真っ最中でした。
アルバム曲を人前で歌ったのも初だということで、
お互い探り合い感のある収録でもあったと思います。

今更、ネタバレということもないのですが長くなりそうなのでたたみます。


収録は日テレ麹町スタジオ。
番協女子チームは140人くらい。
男子チームと合流するのかと思っていたら別撮りでがっかり。
一緒に盛り上がりたかったんだけれど、ああいう企画なら仕方ないですね。

ライブステージとトークステージは同じ会場内にあって、
ライブが終わったあと、後ろへ向き直すとトークステージといった感じです。
特別にセッティングを変えることもなく、嵐の人たちさえ着替えたら準備完了。

えーと、何から書こう。まずはライブの方か。
まあ、歌ってるところはもちろんノーカットなのでオンエアを参照して頂くとして。
オンエアと収録ではセトリの順番が違ったので、
流れに沿って収録順で書かせて頂きます。

1.Movin'on

来ると思った! そしてキタ!!
私はメインステからはかなり後ろの方にいたので、
さすがにちょう近い! という感じはなかったものの、
よく考えたらドームアリーナAブロ最前よりもきっと近かったのであった。
でも、みんな腕を高く挙げて手拍子するので隠されてしまって。
オンエアでは音声に編集が入っていたので口パクのように聴こえたかも知れませんが、
ばっちり生声だったことをここにお伝え致します。
だから、キャプテンのフェイクは本当に格好良かったんだって! 参ったね。
友人はずっと「叫ぼう My Lifeのとこで腰を一回転するところがあった!」
としきりに訴えていたのですが(Rumyはよく見えず覚えていなかった)、
Mステでは確認することが出来ず、22日国立で「やっぱりやってた!」
と幻じゃなかった腰振りを相当推していました。

1曲目のあとにちょっとMC。
翔くんからコンサート同様、こんにちは〜嵐です〜的な挨拶。
翔くん「みんな、緊張してる?」
松潤「なんかそういう感じがするよね」
会場から近過ぎるからー!との声があがる。
まあ、最近小さいところではやってないもんねというような会話。
翔くん「俺らがちゃんと振り出来るかどうか心配で緊張されてんのかと思った(笑)。
お母さんじゃねえんだからって話だよね」
思い返すと、翔くんばっかり喋ってた記憶があります。
翔くん「なんか俺らも久しぶりに会うよね?」
あーそうかもねと頷くメンバー。
ちょっと意外そうに驚く会場のリアクションを受けて、
翔くん「あ、言っても俺らの久しぶりって一週間ぶりとかそんなもんだから」

OSAMNの話(オトノハ音声バージョン)。
翔くん「最近ね、ずっとコンサートのリハーサルをやってるんですけど、
松潤はドラマの撮影で、ニノも映画のプロモーション
(ウソ!ドラマだったのよホントは!)
で忙しくて、大野櫻井相葉の三人になることが多くてですね。
でも、松潤が帰ってくるとOSAM(オサム)になるわけですよ。
で、最後にニノが来るとOSAMN(オサムン)になるんだけど、その時点で」
ニノ「嵐でいいじゃん!って話ですよ」

他に、リハーサルはずっと地下でしかも夜中にやってるし、
人前で歌うことも久々なので楽しいです的なことを言っていました。
アルバム曲も初披露だしね、と。

2.リフレイン

この曲やるんだ! しかも地上波で!! と驚いた曲。
となると、コンサートでも絶対に外さないなと確信致しました。
ステージ上でも結構、照明の演出が効いていて、
テレビの印象とあまり変わらないものを生で拝見しました。

2曲目のあともちょっとMC。
いつものごとく相葉さんが汗だくで大変な件。
最初の衣装の相葉さんの胸元あたりを思い出して頂きたいのですが、
ニノ「なんか固めるテンプルみたいになってますけど?」
相葉さん「俺の衣装ね、暑いんですよ。3枚も着てるんだよ」
それぞれの衣装枚数を確認するメンバー。
松潤「俺も3枚だよ」
相葉さん「あれ?」

*追記(書き忘れていたことがあった!)

ニノ「大野さんは、リフレインはどうですか?」
キャプテン「好きだね。ベスト3に入るくらい好きかも」
ニノ「他には?」
キャプテン「えとねえ、2位は翔くんのソロ」
ニノ「T.A.B.O.O!!(すげえ嬉しそう)」
二宮さん、T.A.B.O.Oを全力で推してますからね(特にベイストで)。
キャプテン「あとねえ、1位は相葉ちゃんのソロ」
相葉さん「ありがとう」
キャプテン「最高だよね。すごい相葉ちゃんっぽい」
松潤「Magical Songでしょう? あの出だしふざけてるのかと思った」
相葉さん「ふざけてないよ! 真面目にやってますよ!」
ニノ「相葉さん、最初のあの、ひえええいって何なんですか?なんか奇声みたいなあの、
ひえええいって何言ってるのか全然よく分からなかったんですけど、
何なんですかあの、ひええいって。(←しつこい)」
相葉さん「うるせーな! Yeah!だよっ」
ニノ「え、あれって、Yeah!って言ってるんですか!」
翔くん「コンサートでどうなるか楽しみだよね」
ニノ「まあ、もしかしたらやらないかも知れないですけどね。
なんだっけあれ。ああ、いつかのSummerとかやっちゃうかも知れないし」
相葉さん「おいっ」
いいにのあい。

とにかく暑いですし、ちょっと衣装替えに行ってきますねということに。
え〜行かないで〜的なリアクションをする会場に対して、
まあまあといった感じで下手へはけていくメンバー。
松本さんだったかな、が一番最後をついて歩いていたキャプテンを突き返すようにして、
ふらふらとされるがままになった大野さんがひとりオンステージ。
キャプテン「…ちょっと待っててね〜!」
ゆるい。

3-4.Mラバメドレー(Happiness〜Believe)

花道が使われるとなると後方にいたわたくしの出番です。
しかもHappinessだったので、ここは全力で踊るぞ! と思った矢先、
目の前に来たのは相葉さんです。ビバ!相葉さんとがっつりHappiness!!
でも、あの人あんまり客席見ないんだぜ。
見ているようでどこ見てるか分からないのはコンサート同様なのであった。
でも、たーのしかったなあ。
サビのところで一緒に胸のとこでグーの構えをしたときが最高潮でした。
あまりに全力でBelieveあんまり覚えてないんですよね(バカ)。

5.Troublemaker

オンエアでもあったように、いわくのキャプテン除け者の件ですが、
実はオンエアよりもう一回くらいかな? 多くあの件を繰り返していました。
最後に、間に入ろうとするからいけないんだよってことで、
また山の「輝きを秘めたハートビート」から始まり、
今度は両サイド入り込もうとするも、なんとなく居場所が得られず不完全燃焼。
どんだけ繰り返すんだってくらい何度もやるものだから、
是非オンエアも! と願っておりました。ほぼノーカットでやってくれて良かったです。

6.Summer Splash!

この曲にいく前に、確か松本さんの煽りがあったのかな?
まだいけんだろー! いえー!的な。
けれども、ふてくされて黙ってしまう松本さん。
翔くん「えー、解説しますと、まだ足りないってことです」
という、よい翔潤。

この曲の振りを観たとき、国立前にネタバレ出来ない自分が悔やまれて地団駄踏みました。
みんなでちゃんと予習出来れば本番もきっとより盛り上がる! と思ったので。
こんなキャッチーで可愛い振りならすぐに覚えられるのに。
耳元で手首を回して、頭の上で一回転、ピースして前へ持っていく。
そのあとは、右から左へお手振り。
9月国立参加の方々は是非とも盛り上がって欲しいですね。

まあ、そんな感じで全6曲のライブだったわけですが、
メンバーがはけようとすると、会場からアンコールの声(嵐コールではないさすがに)。
翔くん「えっと、さっきのが一応アンコール用だったんだけど…(笑)」
このあとトークもありますし、再びお着替えに行って参りますということで、
メンバーが下手にはけていく中、また最後に突き返されて残されるキャプテン。
キャプテン「…ちょっと待っててね〜!」
1度目とまったく同じトーンでした。さすがです。

以上がライブ収録で、次がトーク収録。
嵐の人たちを待っている間にトータライザーが配られたのですが、
全員分はないとのことで、前列周辺にいる人たちだけ持たされました。
ライブでは後方だったわたくしはトーク側に振り向くとつまり前方になるので、
トータライザーを持っておりました。手元に5つのボタンがあって、
座り順、つまり、櫻井、大野、松本、二宮、相葉の順に、
それぞれの名前シールが貼ってあるボタンを押しましたよ。

トークはやたらと長くて、1時間弱は喋っていたかと思います。
ただ、質問数は変わらず、回答部分が省かれていましたね。
さすがに細か過ぎて全部は思い出せないのですが、
番協ならではのエピソードをひとつお話します。

ライブはご覧の通り距離が近いし大熱狂のひとときだったわけですが、
それ以降もずっと立ちっぱなしだったので、大変だったことは確かです。
そんな中、いよいよトークが始まろうとしているとき、
会場の後ろの方で、お客さんの一人が貧血になってしまったんですね。
たまたまその隣にいた私の友人がスタッフを呼んだそうですが、
気付いたらトークステージの方から嵐全員が自分たちの方を見ていたので
ビビッたと言っていました。
一方、その嵐の人たちの様子を目の前で見ていたRumy視点をお送りします。
(なぜ友人と席が離れていたかはこの際置いておきましょう、ええ)

誰よりも早く異変に気がついて立ち上がったのは翔くんでした。
次の瞬間、立ち上がった翔くんにすぐさま反応したのが松本さん。
まず、二人が立ち上がる形になりました。会場の奥を心配そうに伺う二人。
次に立ち上がったのがその二人に挟まれる格好となった大野さん。
その次に二宮さん、そしてそれに合わせるように立ち上がったのが相葉さんです。
五人全員が立ち上がるのにそう時間はかかっていないのですけれども。
反応の仕方がまちまちで興味深かったです。
立ち上がるタイミングは別として、とにかくずっと奥の方を心配そうに見ていたな。
彼らから「大丈夫ですか?」などの直接的な声かけをすることはおそらく出来ないようで、
会場の雰囲気を和ませてくれたのは司会の赤坂さんだったんですけれども、
そのあと、松本さんが側にいたスタッフに「冷房はこれでマックスですか?」
と聞いたりしていました。その気遣いに、優しい…! と前列者の方々は、
感嘆の溜め息を漏らしておりました(笑)。

「彼女を胸キュンさせるひと言」で相葉さんがメイサちゃんと組んでやっていましたが、
相葉さんがジャンケンに負けてやるとなったとき、本当はニノが相手役になりかけたん
ですよね。相葉さんがふと視線をニノの方にやってニノも立ち上がりかけてたんですが、
スタッフからメイサちゃんへ指示が入ったのか、メイサちゃんが相手役をやることに。
その直後からがオンエアされてましたけれども。
ちなみに、相葉さんは胸キュンひと言をやることになったとき、
サイドのこめかみを叩いて「10秒待って!」と言いながら
本当に10秒くらいで「よしっ」となったんですけれども、出来の善し悪しは置いといて、
相葉さんのやることはいちいちスタッフの受けが良かったです。
他が笑ってなくても、スタッフの人たちがよく笑っていました。
あのポジションに座っていることからして、ボケて落とす役割を担っていたんだと
思いますが、とにかく相葉さんに対する評価が高いことに、
すごく関心したのを覚えています。ちなみにメイサちゃんにはどん引きされていた
「泊めて♪」に関して、私は迷いながらもトータライザーを押しました。
確かに引いたけど、でもだって、可愛かったんだもん! 22点しか入らなかったけど。

「仕事で失敗して落ち込んだときの胸キュン」でまず翔くんが披露したとき、
雨降って地固まるのところまでは、わたくし、ないなと思っていましたが、
最後に「ガンバです!」と言われた瞬間、全力でトータライザーの櫻井ボタンを
押したことは言うまでもありません。なんなら連打しましたからね。櫻井櫻井櫻井…! と。
そのあとのキャプテンの「釣り行こう!」は押しませんでしたよ。
だって、ずるくね? 全部釣りで片付けるの。と真面目に受け取っていたのですが、
93点も獲得していましたよね。私は残り7点の少数派でした、はい。

えーと、こんなもんですかね。
「失恋したときにそばにいて欲しいのは?」で松本さんを押したお客さんに
松本さんがどうして? と直接聞いたりがあったくらい、
本当に参加型の番協でした。とても楽しかったです。
最後の『嵐にとってライブとは?→笑顔』はトーク席で五人並んで、
サイン入りのボードを持ちながらの撮影でした。
はけていくときは全員、客席と赤坂さんによくお礼を言って丁寧に帰ってゆきました。

男性ライブは本当に楽しそうでしたね。見ていると涙が出そうになるくらい。
ああ、これは嵐の人たち相当嬉しかっただろうなあと。
収録は同日の深夜だったそうで、体力的にも大変だったかと思いますが、
それを吹き飛ばすくらい幸せな時間だったんじゃないかと思います。
男性ファンを増やすことも、彼らの夢のひとつだもんね。

そんなわけで、つらつらと書いてしまいましたが、以上です。
なんか聞かれたら思い出すかも知れないので、
気になることがあったらどうぞご質問くださいませ。

ツアーがアリーナクラスに戻っても、こんなことはもうないと思います。
本当に貴重な経験でした。ありがとうございました。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ 無題
TO Rumyさん

倒れられた方がいたときのエピソード。貴重ですねー。ますます5人を好きになりますよね。それにしても、相葉くんがどこ見てるかわからないっていうのは私も頷けます。
なんででしょうね?少しさみしい・・
でもでも、相葉さんが目の前なんてー!!うらやましい!!よくご無事で(笑)
mego URL 2010/09/09(Thu)12:38:26 編集
・ Re:無題/Rumy→megoさん
megoさん、こんばんは。

相葉さんはいつも全体を見ているんですよね。ひとりに視点を絞らないというか。だから目が合った!なんて思えるときはコンサートで言うと相当近い席かいいポジションのときくらいでしょうか。

Mラバの近さですら、目線はふわふわしてたもんな。歌いながら誰かを見るという技がないのかも知れません(笑)。移動しているときか挨拶で他の人が喋っているときが期待出来る瞬間だと思っています。
2010/09/17 20:43
・ 無題
Rumyサンこにちは。

Mラバ番協のお話、おすそ分けありがとうございます。とっっっても楽しく読ませて頂きました(≧ω≦)

そしてRumyサンのエントリーを読みながらMラバを見返し、また違った楽しみ方をしました(笑)超超楽しかったです!!

そうそれでHappiness~Believeの件を見ていたら、相葉サンとHappinessした後のBelieve…さっきまで相葉サンが居た場所に松本サンがしゃがみ込んでいるではありませんか!!Rumyサンは全力でBelieveで覚えてないみたいですが(笑)松本サンどんなだったのかなぁって。コンサートのパンフで「今日はこの人!!」って決めて?%E:647%#キるって言っていたのを思い出し、Rumyサンが松本サンのこの日の?%E:647%#フお相手ではなかったのか!?と密かに疑っています(笑)真相はいかに!!(笑)

追求の件、超面白いっす(≧ω≦)パンフの座談会でもニノはしつこく「ひえぇぇぇ」言ってますもんね(笑)

男子限定LIVEは私も見ていて泣けました。5人がと―――っても嬉しそうで楽しそうで。私も幸せでした。

おっと、いつも長々とすみません…Rumyサンの幸せを分けていただいて感謝です、ありがとうございましたm(_ _)m
2010/09/01(Wed)23:44:20 編集
・ Re:無題/Rumy→杏さん
杏さん、こんばんは。

楽しんで頂けて良かったです。

Believeの件、松本さんのしゃがみ込んだ位置は残念ながらちょっと違ったんですよね。さすがにあれが目の前だったら、正気を取り戻してがっつり記憶に刻み込んでいたと思うんですけど(笑)。松本さんの「今日はこの人」になりたいですよね!

男性ライブはとても貴重でしたね。本気のファンの人もたまたま来ちゃった人もみんな楽しそうで、嵐の人たちも楽しそうで良かったです。
2010/09/13 21:48
・ 心待ちにしてました
Rumy さんの今後の予定にMusic Lovers番協とあって、
スゴイ凄いすごい~と興奮してUPされるのを楽しみにしてました。
20代しか当たらないと聞いていたので、
VSを申し込んだ弱虫ですが希望の光が(笑)
胸キュンのくだりは是非ともニノで見たかったです。残念。
暇さえあれば(なくても)リピってるので、
次からはRumy さんどこかな~と探しながら
堪能したいと思います。
ありがとうございました!
sa0r1 2010/09/01(Wed)02:28:58 編集
・ Re:心待ちにしてました/Rumy→sa0r1さん
sa0r1さん、こんばんは。

確率的にも年齢的にももうないだろうなあとは思うのですが。最後の大博打に勝ったといった感じでしょうか。もちろん、厳密な年齢制限はないだろうし、年上っぽい方もいましたけどね。

残念ながら私は映り込んでいないですが、全力で盛り上がっているところを想像して頂ければ光栄です。
2010/09/13 21:32
・ ありがとう
大切な思い出のおすそ分けありがとう!
すっごい幸せになりました。

いろいろお伺いしたいけれど、とりあえずにのあい担としては、メイサちゃんじゃなくてにのみや氏がなりかけた相葉の相手役についてwwwwww
あのひと最近隠さないわね・・・

こんどガッツリ飲みましょう。9月コンあけにでもぜひ。

PS るみ姉さん探したんだけど見付からなかったのよね。。。
どっか映ってる??
ゆわ 2010/08/31(Tue)22:44:45 編集
・ Re:ありがとう/Rumy→ゆわさん
ゆわさん、おはようございます。

あの日の二宮さんは相当なデレだった気がするのよね。それを惜しみなく表現していたもの。そのほとんどがオンエアで拾われていたので良かったです。ずっと相葉さんとコショコショ喋ってたもんなあ。

まあ、今度お会いしたときにまだ新鮮味を持って聞いて頂けるのなら(笑)いくらでも話します。ちなみに私はクレーンカメラの真下にいたので映っていません!トークのときもきれいに隠れてましたね。ナイスポジショニング。
2010/09/11 09:31
・ 初めまして
時々拝見させてもらっています。Mラバの番協レポが読めてとても嬉しかったです。私は一昨年?のMラバに参加したので、その頃のスタジオの記憶も混ぜながらリアルに想像して読ませていただきました。

貧血の方がいらっしゃったとのこと、大変だったと思うのですが、それに対するメンバーの反応が知れて、言葉が適切でないのかもしれないのですが、なんだかとても嬉しかったです。彼らも人間なんだな、と。彼らも同じ空間で、同じ時を生きているんだな、ということが感じられました。このエピソードを書いてくださって、ありがとうございました!

これからもまた、おじゃましたいと思います*
おむすび URL 2010/08/31(Tue)22:00:07 編集
・ Re:初めまして/Rumy→おむすびさん
おむすびさん、こんばんは。初めまして。

一昨年のMラバというと初登場のときでしょうか。あれは感慨深いものがありました。参加されてたんですね。あのときの方が舞台構成的にもっと近くなかったでしたっけ。こんなことあるんだ!と目を丸くして観ていた覚えがあります。

あとはあれだ。書くのも何ですが、いざこざがあった時期でしたよね。あのときの観覧の人たちが温かい声援を送って下さるようにと祈るような思いだったことを思い出しました。

貧血の件は私も興味深いとかいう表現が適切なのか迷いましたが、伝えるべきエピソードなのは間違いと思ったので、書いてみました。翔くんの反応が本当に早かったので、細かいところをよーく見てるなと感心しましたしね。

ありがとうございました。またどうぞお越し下さいませ。
2010/09/09 20:03
・ うれしいです!
楽しいレポありがとうございます。相葉ちゃんが可愛くてスタッフさんにも受けがよくてうれしいです!できたらニノ相手にやって欲しかったです。
相愛 2010/08/31(Tue)18:26:30 編集
・ Re:うれしいです!/Rumy→相愛さん
相愛さん、こんばんは。

バラエティの人とされてきた証というか。私は相葉さんに対してそういう風に思ってないんですけれど、些細なところであの人の頑張ってきた軌跡みたいなものが垣間見れたことは新鮮でした。

結果的にやらなかったですけど、にのあいが反応したという事実だけでもね、見れて良かったです。
2010/09/09 19:56
・ 細かいレポありがとう!
こんにちは、Rumyさん。一気に読ませていただきました。まだ三回位しかリピしていないMラバの映像を脳内再生しながら… お家に帰ったら もう一度このレポを読んで しっかり画像を見直そう。 そんでもって一々解説しながら あの男性軍みて 羨ましい!を連発した身近なファンにもう一度録画を見せよう。

本当にすごい奇跡の時間でしたね。重ねてレポサンキュです!
さゆり 2010/08/31(Tue)16:39:22 編集
・ Re:細かいレポありがとう!/Rumy→さゆりさん
さゆりさん、こんばんは。

さゆりさんの身近ファンの方にとって、あの男性ライブは相当羨ましいですよね。そうだよなあ。お気持ち、察し致しますとお伝えくださいね!
2010/09/03 20:27
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09