忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
501  500  499  498  497  496  495  494  493  492  491 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それは2日前、突然上司に言われたのです。
「今月も残業かさんできてるから、休めば?」って。
嵐イベント以外で自ら休みを申請したことは、
ここのところありません。急に休めって言われても。いつ…?
来週は忙しいのが目に見えているのでした。
となると、今週か。あと2日しかないじゃん。
いや、待てよ。今週!? それなら10日だよ! 絶対に10日!
おまえ、4連休にする気かよ! と散々文句を言われつつ、
私は4連休にしたいから10日に休みを取るわけじゃないのです(真顔)。
と言い張り「ではまた来週。御免遊ばせ♪」と会社をあとにしたのでした。

なぜ、10日か。
それは恵比寿ガーデンプレイスの「花男F」上映が10日までだから!
落ち込むな、先週のあたし! 
ということで、リベンジ花男、行って参りました。
ギリギリセーフとはまさにこのことです。ぶらぼう!

でも、また満席だったらどうしよう。
今度こそ川崎行きだ…(関東で残る上映館はそこのみ)。
カウンターへ駆け寄り、おそるおそる尋ねました。
「花男はまだ席ありますか?」
*先週は「花男、チケット1枚ください!」でした(強気)。
「はい、もうすぐ上映時間なのであちらへどうぞ〜」
あるって! 席空いてるって!
振り返って誰かと喜び合いたかったけど、誰もいませんでした。
まあ、仮に誰かいてもおまえが悪いんだろって突っ込まれるだけですよね。
いいんです。なんかこのドラマティックな展開で、
自分のモチベーションがすごく上がったんです。

で、せっかくなので本編の感想を少し。
多分、嵐ファンの中で今この時期にこれだけ新鮮な気持ちで
感想述べられるのは自分くらいだという自信がありますよ。
ちょうフレッシュ。もぎたてです。
ただ、注意して頂きたいのは、私が「花男」シリーズをそんなに真剣に
観ていないことと、正直このドラマに興味がないことと、
でも、松本さんが大好きだということを前提として欲しいことです。
ではでは、続きは隠します。

物語の導入部であるラスベガスの荒野を走る画がまず良かったです。
わりと静かに始まるじゃないですか、あの有名な景色が。
いきなりコテコテの花男調で迫られたらどうしよう…と構える身としては、
ちょっと警戒心がほぐれるのです。
やー、映画スケールだなあ、すげえなあ、としばし傍観。

番宣や雑誌はそこそこ追っているわけですから、
だいたいのことは掴めているつもりなので、
そんなに新鮮味もないのですが、
まず最初に驚いたのが、松本さんのアクションシーン。
あんなに激しいことをしていたの、松本さん!
最近、よくニノが言うじゃないですか。怪我だけはしたくないって。
松本さんがあんな怪我して当然なことをしていると、
ハラハラして仕方ないのです。とっくの昔に撮り終えていて、
今、元気なのは充分承知の上で。
エスカレーター トウ エスカレーターとか! 
もう、やめてええ。でも格好良いい。みたいなよくわからんテンション。
やーでも、格好良かった。
松本さん、誰よりも真剣に注意深く、そして大胆に取り組んだんでしょうね。

ストーリーはさすが。突っ込みどころ満載で。
でもそれは突っ込むところじゃないのは分かってるのですが、
私は韓国ドラマも趣味じゃないので、
やっぱり、あの学園ドラマ調の至るところで痒くなってしまうのです。
ハマる、ハマらないの分岐点のひとつって多分そこでしょう。
だから、道明寺とつくしが何をどうしようとあんまり感情が揺れない。
分かってないな〜と言われても仕方ない。だって分かんないんだもん!
花男の何にきゅんとするのか、分かんないんだもん!!

けれども、ちょっとホロリとしてしまったのが、
あの壮大な仕掛けの黒幕がつくしの両親だったと分かったとき。
あれはずるいよね。

私は「花男」って、披露宴みたいだなって思うんですけど。
苦手なんです、結婚式とか披露宴って。
幸せそうな新郎新婦を眺めてるのは好きなんですけど。
本気で良かったねえって思うんですけど。
自分がやることを想像すると本気で嫌悪するんです。
あの形式的な感じとか、クリスチャンじゃないのにカタコトの神父の前で
愛を誓うのとか。どうしてもやらなきゃいけないのなら、
日本式にしようと思う、私。というのは、どうでもいいんですけど。
「花男」もね、似た感じがあるんです。
ザ・乙女心と秋の空、ケンカもするけどやっぱり大好き!
やっぱり恋愛は生きるエネルギーだよね、きゅん。
っていう、まあいわゆるベタな価値観とでもいいましょうか。

前置きが長いですが、
例えば、披露宴の終盤で口数少ないお父さんが述べる娘への愛、
子育てに苦労した母親が述べる娘への優しさ、
そこは無条件に涙を誘うのです。そこには例え形式的だったとしても、
それを超える真実が溢れてしまうので。
だから、つくしの父母が「ごめんね」と駆け寄るシーン、
楓が道明寺とつくし二人をしっかり抱きしめるシーン。
思わず涙がホロリなのです。

とはいえ、やっぱり井上真央ちゃんのつくしは可愛い。
松本さんの道明寺はおちゃめで男前。
F4の結束力はカッコイイわけですよ。
さすが、素晴らしきチームワークと自画自賛するだけのことは
あるんですよ。あの世界観がまさにありえないのに、
それを成立させる説得力がありました。
だから、なんかとても小気味良いというか、
単純にいい作品だなって思えました。
最後はちゃんと花男ワールドにどっぷり浸かってましたからね。

ところがですね、エンドロールで「One Love」が流れて、
んー満足満足♪となっている中、
中盤、耳に飛び込んで来たのが相葉さんの声。
急に我に返ったような感覚になりました。
相葉さん…? はっ、翔くんの声も聴こえる…。
嵐だ、嵐!
なんだか無性に嵐に会いたいような気持ちになりまして。
瞬間的に遠のいていた人たちに帰ってくるよう言われてる気がしました。
よくあるあれですよ。友達と楽しく遊んでいるときのお母さん。
「ごはんだから早く帰ってきなさーい」
「はーい」ってやつ。
嵐の元に帰らなくちゃ(盲目)。
そして私は颯爽と映画館をあとにしたのでした。
あ、ちゃんとパンフレットも買いましたよ。
キラキラ。

これで恵比寿ガーデンプレイスでの上映はすべて終了です。
平日の朝にも関わらず、6〜7割は埋まってたでしょうか。
最後は拍手が起きてですね。そういえば、花男ってそうなんでしたっけ。
ちょっとビックリしました。
でもホント、恵比寿で観れて良かったです。
だって、自分がまさにいる場所が画面に映るんですよ。ちょっと感動。
元々、1回しか観る気がなかったですが、その1回がなんだか凄く濃かったので、
本当に良かったです。

松本さん、改めましてお疲れさまでした。
あなたの心意気、しかと受け止めだぜ。



帰りはもちろん「One Love」を聴きながら。
そういえば、結婚式のキスシーンが可愛かったなあ。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ たまたま
Rumyさんコンアイバ。
嵐に呼び戻される,ってグッと来ました。結婚式は和風が良いですね。相葉ちゃん、羽織袴似合いそうだもん。私、10日仕事でたまたま恵比寿に居て。帰りに「恵比寿の最終上映って何時ですか?」ってバカな電話をかけちゃいました。そしたら、「あ、あああれは10時半で終わりましたよ」って、言われちゃいまして。「エーーー!テ、手型はどうなったんですか!」って大声出した恵比寿の路上。「19時きっかりに撤収します」と大急ぎで子どもも呼び寄せ、馳せ参じました。18時52分着。撮影厳禁のティアラ、箱、手形を観て、同じ目的で駆けつけたと思われる可愛い女の子と、おずおずと眺め、ちょっと手形に触ってみたりしました。10回には至らなかったけれど、家族で10枚以上はクリア。もう一回アクション観たかったな。
バジル 2008/10/13(Mon)07:49:24 編集
・ Re:たまたま/Rumy→バジルさん
バジルさん、こんばんは。

あの日、恵比寿にいらしてたんですか。私が去った6時間後くらいにバジルさんはてんやわんやしてたんですね(笑)。ティアラやらもろもろは失敗時にじっくり拝見してたので、成功時はふふんといった感じで横目で見てました。でも、やっぱり本編観てからだと感慨深いですね。19時撤退だったのか。私みたいなのがいたり、最後までティアラ見たい人がいたり、恵比寿ガーデンシネマの人も会期延長をかすめたろうなと思いますよ。

家族で10回かあ、ほえ〜。
2008/10/13 23:59
・ 無題
長い素敵な感想ありがとうございます。 私は公開と同時に あまり乗り気ではない旦那を連れて行きました。 何かやはり私位の年齢になると つくしのご両親の話あたりで かなりぐっときてしまいましたね。 うちには28と25の息子いますから 何かいろいろ考えてしまいましたよ。 まあノンビリ主人はF4 はホンマにカッコイイだの あの噴水みたいだの(笑)言ってました。
さゆり 2008/10/12(Sun)13:01:11 編集
・ Re:無題/Rumy→さゆりさん
さゆりさん、こんにちは。

そんな素敵な感想ではない気が。どうしても熱くは語れないのです。いやでも、年齢関係なくつくしの両親にはやられますって。ぐっときます。両親の前の道明寺は別人のようにまともなんですね。

噴水を見て、今更改めてなるほど~って感心しました。私にとってあれは国立でしかなかったです。
2008/10/12 18:33
・ 無題
Rumyさんこんばんは☆
花男みれてよかったね!
今日は姪っ子の幼稚園の運動会を見に行ってきまして、「父兄に嵐の面々が混じってたらどうする?」という妄想をremiとして楽しかったです。(←アホとか言わないよ~)
よく運動会に嵐の曲が使われると聞いていましたが、ここでもHappiness流れてました。
ami 2008/10/11(Sat)19:58:53 編集
・ Re:無題/Rumy→amiさん
amiさん、こんにちは。

ありがとう、ひとりで大騒ぎ!

>「父兄に嵐の面々が混じってたらどうする?」という妄想

アホっていうか、その突飛な発想に敬意を表します。確かによく聞きますよね、嵐の曲が流れるって。やはり「Happiness」は偉大だ。きっかけはこの曲からじゃないですかね。
2008/10/12 18:09
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09