忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
335  334  333  332  331  330  329  328  327  326  325 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観てきました。キャプテンの舞台はもちろん初観劇。
色々あります、良かったところもそうでなかったところも。
でも、とりあえず言えることは、
めっちゃくちゃ格好良かったですけど!!!!

感想は後日、ゆっくり書こうと思います。

*追記
『転生薫風』DVDを観る前に、書いとこうと思います。
やっぱり、混ざる前にこそ書けることがあるような気がしまして。
以下、ネタばれ含みます。

青山劇場は数年前に一度、行ったことがあるのですが、
そのときの印象にしても、座席図を見ていても、
なんか広いなって思っていたのですが、
今回行ってみたら、すごく狭く感じてビックリしました。
席は真ん中ちょい上手寄りでした。

相葉さんのときと違って、今回は本当に何にも考えず、
出されたものを美味しくいただこうの精神で臨みました。
もちろんキャプテンの舞台が観れるというワクワク感はあったものの、
でも、普通に芝居を観に行くという感覚の方が強かったかも知れないです。
だから妙な客観性もなく、心から楽しめた舞台でした。
そのため、ホント楽しかった! って感じで、
正直、あんまり細かいところは覚えてないんですよね〜。

最初に幕が上がったとき、まず思ったのが、
アトラクションみたいな舞台だなあというものでした。
流れにも動きにも勢いがありました。
最初に多分、一幕分ちょろっと芝居があって、そのあと、
ほぼ冒頭で、音楽に合わせてひとりひとり出て来る流れで
キャスト紹介があったのですが、あれがね、ハナから激しかった。
客としてはまだ何も準備が出来てない状態でバンバン出て来るので、
紹介してるってことを理解するのに少しだけ時間がかかったのですが、
振り返ると、なんか冒険モノアニメのオープニングみたいで
ワクワク系だったんだなあって思います。

テイストとしては、結構王道の、いわゆる舞台! って感じでした。
分かりにくいですよね。ええと、例えば、声の張り方とか、
リアクションの取り方とか、動き、フォーメーションなんかが、
全てオーバーリアクション系の。分かりやすいやつだったということです。
ああいうの、久々に観たなあ。好んでは行かないテイストの舞台でした。

私はキャプテンの舞台を観るにあたっては、まず全体。
表情より動きを捉えられれば充分、と思っていたので、
真ん中らへんの席はちょうど良かったんですが、
隣で一緒に観ていたキャプテンファンのお友達がですね、
時折、私にオペラグラスをよこしてくるんですよ。
いいから見ときなさい! って(笑)。
なので、要所要所覗かせて貰ったんですが、
いやあ、よかった!! オペラグラス万歳!!!
キャプテンの殺陣は素晴らしく格好良かった! というのは、
言うまでもないことだと思っているのですが、
表情もね、素晴らしかった。
あんなに立ち回りの激しい芝居をしていていたら、
役のセリフや感情以外のことも考えることがいっぱいあって、
大変だろうと思っていたのですが、失礼極まりなかったです。
見事だったんだよなあ。

ストーリーぶっ放して、いきなり細かいところを突いて申し訳ないんですが、
凪が洪水を作って村を流してしまった場面、自分のしてしまったことに気付き、
感情を爆発させるとこの表情は圧巻でしたねえ。

全体を振り返ってときに、いい舞台だったなあって思ったんですが、
それはキャプテンの芝居が良かったからっていう理由はもちろんのこと、
どのキャラクターも愛すべき人たちだったところに幸福感があった、
というのが理由かなと思っています。
演出のきださんは大野智という役者にとっても惚れ込んでいるようですが、
出来上がった作品は、どのキャストにもちゃんと見せ場が用意されていて、
最後に凪の印象だけが残るというよりは、終わってから、誰が好きだった?
なんて、投票が出来そうなくらい、
脇役にもちゃんと感情移入が出来る作りになっていました。
最後、凪以外はみんなそれぞれの愛する人のために死んでいくんですが、
そこに説得力があったのも、きださんの演出が脇のキャラクターひとりひとり
まで行き届いていたことが功を奏していたのかなと思っています。

私が大好きだったのは、多分かなりのファンを獲得したんじゃないかと
思うんですが、陽炎役の松本まりかちゃん!
めっちゃ可愛かったなあ…。
一貫して物凄い勢いで凪様ラブ! なんですけれども、
その潔い姿が陽炎の見せ場、凪様のために体を張って敵を封じようとする場面
に活かされていたと思います。私、不覚にもあそこで涙が出そうでしたよ。
傷だらけになった陽炎と凪の別れの場面も良くてですね。
ずっと陽炎に冷たかった凪がそっと頭を抱き寄せるんですよ。
「誰にも見つからないように隠れてろ」
「私を誰だと思ってるんですか…。忍びですよ」
キャプテン、素敵なラブシーン(?)出来るんじゃん!
って、バカみたいに感動してしまったけれど。ドキッとしましたもん!
あれはやっぱり凪と陽炎の関係性が良かったんだろうなあ。
私、相当ベタなところでやられてるなあ(笑)。

カーテンコールは拍手喝采。
初日にカーテンコール7回って聞いていて、
そんなにやれるもんなの?? って疑ってたんですが、
なんか勝手に緞帳上がるし、意外と自然にやってました。
徐々にキャストの人数を減らしていって、
最後に残ったキャプテンはもう完全に大野智でした。
「まだ2回。まだまだこれからですけれど、頑張ります!」的なことを
言って、コンサートのときと同じように会場を覗き込むようにしてお手振り。
芝居のカーテンコールでそれはどうなの? という気持ちがなくもないのですが、
キャプテンの場合はそれもアリかなって思える不思議な感じがありました。
だってキャプテンがそれを許してるんだからいいでしょうみたいな。

ああ、ろくな感想が書けなかったですけど。
私、キャプテンに相当甘いんじゃないだろうか。
結局ね、キャプテン格好良かった! っていうのがつまるところです。
というか、凪がね、相当格好良かったんですよ。
と言えるのは、キャプテンがちゃんと凪を演じ切っていたということ
だと思うんですが。

細かいところで言えば、妹のりんがなんで最後あんなになっちゃうかな
っていうのが最後まで理解出来なかったんですけど、
あれは芦名さんの演技力の問題だろうか。
でも、まあいいや。ってなるのも、やっぱり私、キャプテンに甘いなあ。



*追記2
『アマツカゼ』2008.04.04マチネ

キャプテンファンの方の温かいご厚意により、
観させて頂きました。2回目。
初回のときに、味をしめたオペグラスで、
2回目はがっつりばっちり、至近距離鑑賞をしてきました。
キャプテンに限らず、全キャストの見せ所全部、
表情をよ〜く捉えさせて頂きました。
前回も思ったことですけれど、そして当たり前のことですが、
抜かり無かったです…。凄いですよね、あれだけ動いていて。
大満足でした。
キャプテンも男前超でした。
私ねえ、この舞台に関しては結局それしか言えないんです。
凪様が格好良くて仕方ない!
もうそこは潔く!

*追記3
千秋楽、しゃがみこんで泣いちゃったそうですね。
キャプテン、自分のイメージした千秋楽の姿、
きっと越えたんじゃないかしら。
大好きなカンパニーと作り上げた見事な舞台、
キャプテンの真骨頂、しっかり目に焼き付けました!
お疲れさまでした。素敵な舞台をどうもありがとうございました。

青山劇場前。とっても素敵。



以下、JR渋谷駅宮益坂口入って右曲がったところのコインロッカー。
に、ポスター掲示中。*追記 もう撤去されてるようです。

PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ あった・・・!!
Rumyさん、こんにちは。
アマツカゼのRumy's語りが読みたくて、まだかな~と待っていたら・・・発見!
追記でエントリしていたなんて♪

キャプテン、素晴らしい!!
なんかね~いろいろ思うところはあるものの、この一言に尽きる。
一応ネタバレ厳禁を己に課していたため、妄想!?ばっかりが大きくなってまして・・・相当ヤバイ!かっこいい!というキーワードだけがぐるんぐるんに渦巻いておりました。
だから私だってね、オペラグラス持参したんですよ。ちゃんとピカピカに磨いてね。ヤバイ大野智をガッツリ観ようとね。
でもね、始まって・・・もうすぐですよ。彼の存在感というか、オーラに圧倒されて・・・オペラグラスちゃんは出番なし。
あ~でも観ておけばよかったかなぁ・・・。

陽炎とのシーン、私も好きです。ええ、泣きましたよ。
私の場合、物語に入り込んで泣いたのはココくらいかな。
あとはキャプテン・・・凪の気迫というか、演技力にただただ脱帽でした。こみ上げてくるものがありました。

舞台初心者にとってはわかりやすい内容で、おもしろかったです。
でも…私は手放しで「素晴らしい!!」と思えなかったのがちょっと残念。

凪様、カッコイイ。
(→結局ソコです、笑)
キャプテンに甘いRumyさん、大歓迎でございます。
クロワッサン 2008/04/11(Fri)13:23:12 編集
・ Re:あった・・・!!/Rumy→クロワッサンさん
見つかった・・・!!
クロワッサンさん、こんばんは。

なんだ、せっかく見つかりにくいようにしてたのに(笑)。まだ書こうかなあなんて思いながら放っておいてあるんです。見つかっちゃったっ。気が向いたらまた読んでやって下さい。何か足してるかもなので。あんまり書けなかったなあって思っててね。

>キャプテン、素晴らしい!!

そうなのね、結局はそれしか言えないのね。結局オペラグラス使わなかったの?もったいない!でも圧倒されたのもよく分かるからなあ。

>陽炎とのシーン、私も好きです。ええ、泣きましたよ。

ね、あそこはね。ズルかったですよね。ベタなんだけど、陽炎が可愛くていじらしくて。凪様がより一層格好良く見えた素敵な場面でした。

手放しで素晴らしいって言えなくても(結局は言ってるけど)、クロワッサンさんにしては素直に感動しちゃってる感じがちょっと意外に思えたんですけど(笑)。
2008/04/12 01:54
・ 同じく
Rumyさん、こんばんは。
22日の13時の回、私も青山劇場にいました。
見終わった後、帰るのが嫌で仕方なかったです。
かなわぬ願いですが、もう一回 見たいと思いました。
Yuko URL 2008/03/24(Mon)23:28:10 編集
・ Re:同じく/Rumy→Yukoさん
Yukoさん、こんばんは。初めまして。
と思ったら、朝寝さんとこで見かけたとこのある方ですね。

同じ回を観劇されていたんですね。帰るのが嫌で仕方なかった気持ちは分かりますよ。みなさん、会場を出たときの顔が高揚感に満ちていたのが印象的でした。あの会場の前に佇んでるだけでも結構いいですよね。次の日、別件で通りかかったので性懲りも無く眺めてました(笑)。
2008/03/26 21:02
・ 私も!
Rumyさん、こんあいば♪

ひゃ~です!私も昨日青山劇場にいました。ニアミスです~

今回も時間がない上京だったのですが
時間がないのに観劇の前に慌ただしくKDDIでひみつを確認し、妙な余裕の社長の腕をつかんで青山劇場まで必死に走り
ふだんの運動不足がたたり心臓とまりそうでしたがここで気をうしなってはいかんと頑張りました。

青山劇場の雰囲気もステキだったし
初めて観る舞台の大野くん
もう、超かっこよかったです!!
今度は別の意味で倒れそうでした!

一度でいいから!と思ってたのに
もう一度観たい…

DVDだしてほしいなぁ♪

渋谷駅、嵐さん祭りから妻夫木さんたちにかわっちゃってて残念でしたがコインロッカーに並ぶ凪さまを発見し
東京ってすばらしい♪
と興奮して帰ってきました!

嵐会、参加したい…
超絶に思った今回の上京です。
あめ 2008/03/23(Sun)21:54:22 編集
・ Re:私も!/Rumy→あめさん
あめさん、こんあいば♪

あめさんまで…。一緒にいた嵐友達さんと話題に挙げてたんですよ?あめさんはいつなのかなあって。私も特に告知しなかったのですが、悔やまれます。しかも社長も一緒だったなんて。なんか相変わらず愉快そうじゃないですか(笑)。次こそは是非…!と言いながらすれ違ってばかりいそうですね。

青山劇場、観やすくて良かったですよね。入ってみて安心しました。プーシリーズをいっそBOXで!というのが私の周りのキャプテンファンの意見でしたが、私もそう思いましたよ。は…明日はクンプーの発売日だ!

渋谷は今ドコモウィークなんですよ。残念でしたね。もうちょっとタイミングが早ければ祭りもいいとこだったのに。

只今、携帯の待ち受けが凪様です。かなりいい。
2008/03/25 12:57
・ いざっ
お久しぶりです、個展の一件以来再びジャジャジャジャーン。

なぜか大野くん絡みになるとRumyさんのところにきてしまうんです。

いよいよ私もこれから拝んできます。

生きて帰ってこれるか不安です。

また来れますように!

*HN、なんでこんなしちめんどくさいのつけちゃったんだって思うことがままあるのはヒミツちゃんです
I love captain URL 2008/03/23(Sun)14:34:11 編集
・ Re:いざっ/Rumy→I love captainさん
I love captainさん、こんにちは。

なぜでしょう。ここにはお得なキャプテン情報なんてたいしてないですよ(笑)。マニアックな感想も書いてないなあ。でも遊びに来て下さることは嬉しいです。

I love captainさんも観劇は済んでるんですよね。どうだったのかな。良かったに決まってるけど。生きて帰ってきてくれるのかしら。

HNに何か意味がおありのようで。単にキャプテン愛なんじゃなくて?
2008/03/25 12:50
・ 私もです!
マジですか~
大ちゃん個展初日に続いてまたまた、偶然で驚いています。
私もマチネに入っておりました。
智くん舞台は初です。
もの凄かった!
もう、衝撃的でした。
幕間になり、しばらくは身体がワナワナしちゃって(伝わりづらいね)!
お話解り易く、凪の気持ちが痛いくらいでした。
Rumyさんにお会いしたかったです。
その後ファスナー下げに行き、1時間程総武線にゆられ、中華食べて大満足な嵐Dayでございました。
Rumyさんは、どんな感想もたれたかな?!
楽しみにしてますね。
まだ、興奮さめやらずで、寝れないかなぁ。
改めて、いつも想像を超える才能と感動を感じさせてくれるリーダーに感涙。
パール 2008/03/23(Sun)03:21:44 編集
・ Re:私もです!/Rumy→パールさん
パールさん、こんにちは。

え~またニアミスですか。前もって観劇日を告知しておけばよかったかも。貴重な機会を逃してしまったみたいですね。休憩入った瞬間、ふうって感じでしたね。あ、ワナワナか(笑)。勢いのある舞台でした!

昼公演の人は青山劇場→ひみつポスター巡りという順路を辿った人が多かったみたいですね。ちょうどいいタイミングでよかったです。中華を食べに行った人は少数かも知れないけど(笑)。有意義な一日素敵です♪

感想なんて書こうかなあ…。
2008/03/25 12:46
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09