忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
75  74  73  72  71  70  69  68  67  66  65 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『PIKA☆NCHI』と『PIKA☆☆NCHI』をまとめて語ろうとしたら、
タイトルがこうなりました。誤字ではないですよ。

先日の記事の続きになりますが、関連記事「『H』2004年4月号」を参照
雑誌に載っていた『ピカ☆☆ンチ』ロードショー(当時)
の広告を見て、レンタル屋へ走った私。
まとめて2本レンタルしたんですよね。
思い返すと、嵐に興味を持って本当に間もない頃です。
ハマるとまではいってなかったかもしれない。
「アタシ、完全に嵐にハマっちゃった…」と言える境目はここにあったのかも
と思います。映画に音楽にとダブルパンチでしたからね。

当然、『ピカ☆ンチ』の方を先に観たわけですけれども。
まずは『PIKA☆NCHI』のイントロのフレーズ。
今でも聴くたびに、この映画を観たときの空気を思い出します。
いつのまにか、寝ちゃうんですよ。観てると。
で、朝目が覚めると、チャプター画面になっていて、あのフレーズが
エンドレスで流れている…。夢に出てきそうです。

実は、『PIKA☆NCHI』は私が嵐の曲で初めてまともに聴いたものです。
もちろん『A・RA・SHI』は知っていましたけれども、それ以外はまったく知らず。
嵐がどんな曲調のものを歌うかなんて、考えたこともなかったので、
オープニングで『PIKA☆NCHI』が流れたとき、
「へえ、嵐主演の映画なのに、主題歌は違うバンドが歌うんだ」と本気で思いました。
第一印象で、どっかのインディーズバンドかな? と思った記憶があります。
でも、よくよく見ると「主題歌:嵐」って書いてある!
なんか、すごい驚いたんですよね。嵐にラッパーがいることをすっかり忘れていて、
しかも、ジャニーズの歌といえば、甘ったるい声で下手っていう偏見があったので、
こんな歌は歌えないって、思い込みがあったんですね。
だから、本当にびっくりした。
テレビに近づいて確認したくらい(「主題歌:嵐」って文字を)。

『ピカ☆ンチ』はご存知の通り、相葉さんが主役でして、
それが不思議で仕方がないんですが、当時は相葉さんをもっと売れ線で
推そうとしていた傾向があったのでしょうか。
確かにビジュアルで言うと、いわゆる「イケメン」という感じに
見えるんですけれどね。当時の事情やファンの方のリアルタイムでの
反応を是非知りたいものです。相葉主役は当然の流れだったのか、
はたまた、やはり意外性があったのか(笑)。

テイストは当時、こういうの流行ったよねと思い出させる、
映像効果満載の演出。あれは役者殺しですよね。芝居が上手くても下手でも
関係ない。そこそこ面白い感じになる。でも、当時の嵐さんたちの演技力を
見ると、良い方に転んだ感じです。
しかしね、ぐだぐだなんじゃないかと。映画としては。
アイドル映画と言われても仕方ないですよね。
でも、観ちゃう。なぜなら嵐に興味があるから。内容は関係なし。

あの高校生姿の相葉さんはすごい。実際にいそうな、ちょっとモテる感じの
男の子。今の相葉さんが制服着ても絶対にもうあれにはならない。貴重です。
今じゃ似合わない、とかじゃなくて。リアルさが、あの年齢ならではのもの
だろうなあと思うんです。素朴さと、独特の空気。
そう思うと、相葉さん、今ではずいぶん大人の男になりましたね。
あと、恋のお相手の女の子がまた強烈。彼女は今活躍なさっているんでしょうか。
青山ラバーズ。なんでほっぺにチューだったの。
ニノがあんなに意味のない、しっかりキスシーンをやっているのに。
やっぱり、相葉さん。売れ線だった?

屋形船襲撃のあたりから、大学入試へ駆けていく件が好きです。
一体感もあったし。卒業式終わりのシーンも好き。

そして『ピカ☆☆ンチ』、こちらもまた…。
でも、映画としてのまとまりは感じました。
キャプテンのキャラがよかったですしね。
相葉さんはもう、転げ落ちていますが。嫌いじゃないです。
毛糸でぐるぐるになりながら、一生懸命編み物をする姿は可愛かったです。
あと、翔くん。彼が唯一まともに芝居をしなきゃいけなかった役柄で、
ちゃんと出来ていたので、よかった。
がしかし。やっぱり、アイドル映画感が否めないのはこちらも同じ。
映画として面白かったかと言えば、嵐じゃなければ別に観なかったと思います。
なのにね、なんと最後に落とし穴があったんですよ。

エンディングです。
あ〜やっと終わった〜、なんて気分でいたら、
『PIKA☆☆NCHI』のPVが流れるじゃないですか。
嵐のみなさんが屋上で華麗に踊っていらっしゃる、あの。
なんかね、これはもう、完全に個人的な感想になるんですが、
ぐだぐだな映画を見せて、相手を油断させておきながら、
今まで身につけていた小汚いマントをガバって脱ぎ捨てて、
「でも俺たちの本当の姿はこれなんだぜっ」て言われたような気がしました。
もう釘付けです、あのPVに。
で、エンドロールに八塩団地のリアル少年たち? の姿も映ったりして。
完全に引き戻されるわけです。さっきまで鼻で笑っていた世界観の方に。
『PIKA☆☆NCHI』の、あの素晴らしいストリングスが、
急に青春の儚さと切なさ、みたいなものを訴えてくるんですよ。
ずるいっ! なにそれっ!

急にすべてのものが愛おしくなりましたね。
なので、私は今でも時々、無性に『ピカ☆ンチ』および『ピカ☆☆ンチ』
を観たくなるときがあります。レンタル屋で見かけると、借りたくなります。
(この前観たばっかだよ、と自分に言い聞かせて手をひっこめる)

もし、いつかこの2本がBOX売りなんかしたら(『青の炎』みたくお買い得で)、
買っちゃうんだろうなあ…。言うまでもないですが、『PIKA☆☆NCHI』は
本当にいい曲ですね。泣いちゃう。

*追記 『PIKA☆☆NCHI』PVの相葉さんの衣装が大好きです。
水色のトレンチに茶色のバンツ、白いショートブーツの合わせを
あんなに素敵に着こなすなんて、さすが。
スタジオバージョンのパンク系衣装も男前だ。全然バカに見えないぞ。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ 主役の雅紀
こんにちはーーー!
ここ最近Rumyさんの過去記事を読んでいるのですが、どれも興味深く思わずコメントしたくなるものばかり。というわけで、なんかタイムリーではないコメントになりますが。

なぜピカンチで主役だったのか。
確かになんで?って思いますよね。
「新宿少年探偵団」はご覧になりましたか?雅紀くん、ジュニア時代の作品なのですが、これも主役なんですよね。

われらが相葉くん。
ジュニア時代は結構な人気だったようで、過去番組とかみていてもかなり優遇されていたのがわかります。その流れでの主役だったのかもしれませんね。でもその後のピンの仕事を見ていると、事務所的には押していたのに、結果があまり出せなかったという感じでしょうか(苦笑)

ピカダボは私も最後のPVが大好きです。本編飛ばしてあの歌だけ見ることも多いです。比較的長い(笑)雅紀ソロもあるし。

でもニットの王子様、シュンくん大好きです。あんなティアラつけて、もう可愛すぎじゃないですか?

という訳で、最初の待遇がよかっただけに最近の雅紀の位置に不満があったので、今回の舞台主演が決まってほんと嬉しかったんです。頑張ってさらに次の仕事へと繋げていって欲しいものです。
kyoko URL 2007/07/26(Thu)18:32:27 編集
・ Re:主役の雅紀/Rumy→kyokoさん
kyokoさん、いらっしゃいませ〜。

>ここ最近Rumyさんの過去記事を読んでいるのですが、どれも興味深く思わずコメントしたくなるものばかり。

ありがとうございます!
過去の記事をいかに埋もれさせないようにするか、
結構頑張ってるつもりなので、そう言って頂けると嬉しいです。
報われたっ!って感じです(笑)。

>「新宿少年探偵団」はご覧になりましたか?

観てないんですよねえ。
私の関心が持てる相葉さんは2003年あたりが境目で、
あんまり幼い頃のものは、もういいかなあという気がしていて。
『青木さん家の奥さん』は古いわりに今の相葉さんの面影もあって、
観れてよかったなあと思っているのですが。

kyokoさんの仰るように、ジュニアの頃の相葉さんは
相当人気があったようですね。他のメンバーもそうみたいですが。
きっと、王道で売る気まんまんだったんでしょうね。
それが、数年後、バラエティで活躍出来る日が来ることに
なろうとは、当時の相葉さんを観ていると、想像がつきません(笑)。
『相葉雅紀@AAA』という記事でちょっと書かせて頂いたんですが、
それでも根本は変わってないんだと思います。

>事務所的には押していたのに、結果があまり出せなかったという感じでしょうか(苦笑)

あいやー。そんな気はしていましたが。
kyokoさんもそう思われましたか。まあ、仕方ない。

>ピカダボは私も最後のPVが大好きです。本編飛ばしてあの歌だけ見ることも多いです。

絶好調超です☆

>でもニットの王子様、シュンくん大好きです。あんなティアラつけて、もう可愛すぎじゃないですか?

相葉さんの、いやシュンくんの路線変更ぶりにまず笑いましたが。
黒髪も新鮮ですし、可愛かったです。
ニノと偵察中に店の看板みたいなの(でしたっけ?)に頭をゴンて
ぶつけるシーンが好きでした。あれ、うまかったと思う。

>という訳で、最初の待遇がよかっただけに最近の雅紀の位置に不満があったので、

やっぱりねえ、もったいないですよね。
一気に全員にいい仕事を、というわけにもいかなかったんだろうし、
それぞれ役回りというものもあるんだろうけれど、
ニノも松潤も大活躍して、ここらでそろそろという意味では、
すごくいいタイミングで舞台の話が出てよかったなと思います。
今までコツコツ積み重ねた努力もきっと実る舞台になるだろうと
思っています。絶っっ対に観に行きたい!
そして、次の仕事に繋がることを切に願いますわ。

チケット取れるといいですね。
あ、そういえば、kyokoさんのお住まい、私の地元なんですよ。
2007/07/26 20:59
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11