忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
121  120  119  118  117  116  115  114  113  112  111 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行って来ました! 夏コン初参戦!

観ているそばから忘れていく感じがしたのは、気のせいではなく、
本当にもう忘れかけてます。でも、一生懸命思い出します。
誰がどこから出て来たなんてのは、もう…わかりません。

本編についてはつづきにまとめるとして、まずは雑談というか、
特にネタばれにならないことから書きます。

行く直前まで仕事をしていたので、グッズ並びは友人に任せたんですが、
平日ということもあり、難なく買えたようですよ。一部が始まってから並んだことも
あり、一時間くらいでゲット出来たそうで。買ったのは、バカコンビうちわ
(キャプテンは彼にお土産)、パンフ、ペンラ、バングル、缶入りステッカー、
Tシャツです。Tシャツって、買ったの初めてでした。
ライブでTシャツはサマソニくらいかも。
本来、最終日が2回公演参加の予定だったので、その日は嵐祭りだっ! 
って思って気合い入れて、そのために買ったようなもんだったのに…。
いや、東京ドームでも着ますよ! 
バングルが思ってたよりも目立たなくて。まあ、よく考えたらあんなもんかな。
あと、今回のペンラは光に強弱があるせいか、ときどき点いてんのか? と思ったり。
でも、他の人のを遠くから見てる限り、キレイだったです。
ただ持ってるだけでも、光が勝手に動きを出してくれるから、楽だった。

私は始まる10分前くらいにのろのろと会場入りしたのですが、
グッズ売り場で並んでる人がまだいたり、チケット譲ってくださいって子達も
パラパラいて、たまたま、私の後ろを歩いていたお父さんが
「俺なんかが入っちゃっていいのかな、あの子達、あんなに並んでるのに」
ってつぶやいていたので、笑いました。いや、お父さん、そんなこと考えなくて大丈夫!
嵐はきっと、そういうお父さん大歓迎だから! 

横浜は今は住んでないけれど、私の地元です。
横浜市民は成人式の会場が横浜アリーナなので、20歳のとき以来でした。
まさか数年後、嵐のためにここへ足を運ぶことになろうとは、
あの頃の私には想像も付かない未来がやってきたもんだ。

席に向かうまでに色んな人たちを観察してみましたが、
私が見た限り、やっぱり男の人、結構いましたね。
カップルでっていうのが、一番多かったかな。あと、小さい子供もたくさんいたなあ。
そんな風にキョロキョロしてると、たまに開いている扉から会場の景色が見えて、
あれ、凄いですよね。壮観。ドキッとします。中に入っちゃうとそうでもないんですが、
外からちらりと見える会場って、なんかモヤがかかってて、迫力があって好きです。

私の後ろの席に、3人連れの女の子たちがいたのですが、中学生くらいかな?
でも、小学生にも見えるくらい、すっごく若くて、えらい叫ぶんですよね。
「黄色い声援」って、まさにこれだよっていうような、高くて可愛い声で。
私はどうしてもあれが出せなくて、自分の声がワントーン低いことが分かる。
『ファイトソング』のときくらいですかね、自分の声が声援としてぴったりハマッてると
思えるのって。「オイオイ」言ってるとき。
で、その女の子たちは誰が通っても楽しそうに名前を叫ぶんですが、
「まつじゅーん」「ニノー」はいいとして、
バカコンビは「あいばー」「おおのー」って、なぜか呼び捨て。
「あいば」はなんか分かるけど、キャプテンを「おおの」って呼び捨てる中学生の心理が
よくわからん。「リーダー」じゃないんだね。
あと、翔くんに限っては「さくらいくーん」なんですよ。
なぜ? 実はそこが本命なの(笑)?
「あらし、ありがとー」って叫んでたのも、印象的だったな。可愛いです。
でも、ときどきタイミング間違えてうるさいときもあったな。
少なくともMC中は叫んじゃダメだよ。

以下、ネタばれ含みます。


セットリスト
01 Everybody前進 
02 Di-Li-Li 
03 きっと大丈夫
04 Oh Yeah!
05 Friendship(相葉ソロ)
06 Can't Let You Go(櫻井ソロ)
07 時代
08 Yes? No?
09 CARNIVAL NIGHT Part2
10 虹(二宮ソロ)
11 太陽の世界
12 WAVE
13 Love Situation
14 a Day in Our Life
15 ハダシの未来
16 うらあらし企画
17 LIFE
18 HERO
19 Yabai-Yabai-Yabai(松本ソロ)
20 Song for me(大野ソロ)
21 Cry for you
22 言葉より大切なもの
23 君のために僕がいる
24 PIKA★★NCHI
25 A・RA・SHI
26 サクラ咲ケ
27 Be with you
28 Love so sweet

アンコール
29 We can make it!
30 ファイトソング
31 Happiness

ダブルアンコール
32 Future


ステージの構成とかは、他でも書いている方いますので、割愛しますよー。
というか、説明出来るほどの把握能力もなければ、記憶力もない。

アリーナDブロック15列より

会場入ったときから、思っていましたが、とにかく近いよ。どこに座っても近いよ。
1万5000人って、案外少なく感じるもんなんですね。何列か挟んではいるけれど、
外周が目の前!  

「Everybody前進」
「Di-Li-Li」
スタートは、テンションがいきなりマックスなのと、まずは相葉探しに必死で、
早くもあんまり覚えてません。メインステから嵐登場で、会場も大盛り上がりなわけ
ですが。まずは、5人を一目で見ただけで認識出来たのが嬉しかったです。
ハードル低いんです。ドームのトラウマ(笑)。
ニノの「いらっしゃいませ〜」は、本当に嬉しい。

「Di-Li-Li」は、あの可愛らしい振り付けを踊ってくれなかった…。
他の方のコンレポ読んでいて、知ってはいたのですが。やっぱり残念だったな。
踊ってくれなくて残念って曲はこれだけじゃないんですが。

このへんだった気がするのですが、登場したときの赤い衣装の上着を脱いで
ステージ下に落とすんですが、そのとき相葉さんが下でキャッチしたであろう人に
向かって、口パクで「ごめん」って、手を合わせてました。
タイミングが合わなかったのかな?
その姿が新鮮でした。すっごいガン見しながら、相葉さんて本当に実在してるんだーって
思ってたときだったので、余計に(笑)。

「きっと大丈夫」
ここで、いきなりミラクル起こりました! この曲は5人が各方面へ散って、
それぞれ高く上がったステージの上で踊ってくれるんですが、
なんと、私の席の目の前に相葉さんキタ!
やー、本当にすごかった…。これだけで行った甲斐があったというもんです。
相葉さんの生ラキラキベイブ♪ があんなに近くで見れる日が来るなんて思ってません
でした。チョー可愛かった! サビのとこの振りが超絶! 
「朝までっ♪」って、最高の笑顔! なんなの、あの人!
これは全編において言えることですが、さすが笑顔の宝石箱というだけあって、
相葉さんの笑顔の破壊力は半端じゃない。
テレビで観ていても、相葉さんの笑顔は素敵ですが、生はもう輝きがケタ違い! 
普通の顔から笑顔に変わるときに悩殺ビームみたいなのが出てる気がする。
松潤ファンの私の連れも、「コンサートで相葉さんに落ちる人多いだろうな」
とつぶやいてました。

MC 
センターステで5人、スポーツ新聞を持ち出してきて、昨日の記者会見の記事を読む。
最初にニノがあぐらをかいて新聞を広げ、「ちょっとみてよ!」と、横アリのど真ん中で、
5人がぎゅって集まって、スポーツ新聞を覗き込んでる姿が可愛かったです。
各誌、注目の話題は松潤の「MJウォーク」で、写真の扱いも一人だけデカいので、
ニノ「なんか松潤と愉快な仲間たちみたいになってんじゃん」

メインステへ移動中、
相葉さん「僕、ちょっと宣伝してもいいですか? 舞台やるんですよ」
松潤「あなた今、ひとりのCMも流れてますよね?」
とかいう流れで、相葉が調子乗ってるみたいなことを言われていたような気がする。

「Oh Yeah!」
だー、もう。予想通りの大盛り上がり。誰がどこで何してたかなんて、
全然覚えてないですけれど。

「Friendship」(相葉さん)
相葉さんはあの手の服が似合いますね。あの手っていうのはー、えっと。
なんか、可愛い系のパンクみたいな。おっ、説明出来る程覚えてないぞ…。
上はピンクのベスト? 下はサスペンダーを垂らしたパンツで。
意外と踊ったんですよね。軽快にステップ踏む感じの。
ジュニアの子達がミッキーの手袋みたいなのしてて、その中心に立つ相葉さん。
今までのソロ曲の中では一番、ちゃんと歌って踊って♪ をしていた感じがしました。
メインステだったからそういう印象だったのかも知れない。
アイドルって感じだったです。

「Can't Let You Go」(翔くん)
バックステでのパフォーマンスだったんですが、
私の席はメインステよりもバックの方が近かったので、翔くんがよく見えました。
赤いソファでの登場。生で観るのもよかったですが、たまにモニタを確認すると、
映像の方がソファと翔くんが画になってましたよ。

「時代」
このへん、記憶が曖昧…。

「Yes? No?」
今回、実は一番楽しみにしていたかもしれない、この曲。
『One』コンのまんまやってくれると聞いていたので。実際、生で観れてよかったです。
千手観音、格好よかったなあ。キャプテンの手の動きが好きなんです。
でも、やっぱり一番テンション上がったのは、サクラップ!

「CARNIVAL NIGHT Part2」
あの振りをばっちりマスターしてる人が多くてびっくりしました。
すみません、次までにちゃんと練習しときます。
これも確か、5人散っていて、目の前に来たのはさくらいくん。…多分。
キャプテンも来てくれた気もする。

「虹」(ニノソロ)
これはピアノ弾き語りなんですが、結構博打ですよね。
ニノだから出来たっていうのはあると思うんですが、音源の完成度があまりに高かった
から、それを聴き込んで行っているだけあって、聴く側としては、ハラハラした人も
多かったんじゃないかと。ニノの音の取り方がまた不安定で。
でも、下手なんじゃないはず。
なんか、耳のいい人って逆にああなってしまう気もするんだよなー。

「太陽の世界」
「WAVE」
このへんは、残念だったところ。
「太陽の世界」は次世代「Lucky Man」って印象があったので、5人並んで欲しかった
という期待があったのだけれど、散ってしまったので、残念だったのと、
「WAVE」では、振り向けばそこに松潤が! ち、近いよ。相葉は? と思って探したら、
反対側の一番遠い席担当だった。そう、私の席は松本さんが担当。
一緒にWAVEしてくれます。
でも、みんな松潤があまりに近過ぎて困惑してるので、曲が始まっても、
もうそれどころじゃない。松潤しか見てない(笑)。
松潤はアメリカ人のごとく、手を振ったり、投げキッスしたり、もう大変。
2階席最前列の人なんて、目の前どころの騒ぎじゃないから、
目がもうどっかいっちゃってるっていうか、放心状態でした。
印象的だったのが30代後半くらいかな? の女性の方が松潤を終始見守るように
見つめていたこと。お母さんかってくらい、温かな眼差しで。
私は松潤よりもその方に釘付けでした。
なので、この曲はまともに聞けなかった。いい曲なのでもったいなかったな。
会場中でWAVEをやるんですが、意外にしつこく何回もやるので、途中で疲れた。
松潤がはけるときは、脱出扉みたいなのが近くにあって、
華麗にさっと消えていったんですが、ふとバックステ側を見ると、
キャプテンがお客さんの中でもみくちゃにされながら、
自力で降りてる姿を発見! あれはサービスですか? 
それとも、本当にあれしか退場方法がなかったのかな。
スタッフの人が横について一応守ってはいたけれど、あんまり意味なくて、
一生懸命、人をかきわけて降りて行くキャプテンをずっと見てました。
この曲、残念だったとか文句で始めたわりに、書くことは意外とあったな。

「Love Situation」
2つのムービングステ−ジがメイン側とバック側からセンター方向へ近寄って行く。
メイン側からは、ニノ、相葉さん、翔くん。バック側からは松潤とキャプテン。
私はちょっとバック寄りだけれど、ほぼ真ん中みたいなもんだったので、
困ったことに両方を同時に見れない! 当然、相葉さんを見たいんですが、
松潤とキャプテンの踊りがあまりに素敵だったので、そっちに釘付け。
あの二人が一緒に踊るとすごいんですね。感動しました。
でも、目の端で片方を見ると、そっちはそっちで結構よくて、
さりげなく、足を前後に開脚して床につけるなんて技も披露していたのが見えた気がする。
(翔くんはちゃんと出来ていたんだろうか?)
けれど、やっぱり松潤とキャプテンばっかり見てしまいました。
いつもは『宿題くん』のオープングで箱の上に乗っかって、ぽよんとしているくせに、
格好いいじゃないか!

「a Day in Our Life」
「ハダシの未来」

このへんはもう、いつもの感じというか。

MC/うらあらし企画 
まずは相葉さん、キャプテン、松潤が着替えにはけて、山田太郎コンビがMC。
ドラマの話をするんだけれど、翔くんがノリノリでニノが絡みづらそうだったな。
嵐はどんだけ「Yeah」が好きなんだって話になって、今回のアルバムにはついに
「Oh Yeah!」なんて、そのまんまのタイトルの曲も入っちゃったしね、という話から、
嵐の曲で「Yeah」って言ってるのって、他に何があったっけ? と言うと、
客席から色んな曲のタイトルが叫ばれて、
それぞれ歌ってみて「Yeah」が入ってるかを確認。
最後に「時代」って言ったファンの子がいて、歌ってみるも、
なかなか「Yeah」が出てこない。
翔くん「本当に入ってる?」なんて言ってるうちに、
勝手に「Yeah」を入れて歌ってました。
それまでに確認した曲も「Yeah」は大抵、サクラップだったりして、
ニノ「結局あなたが好きなだけなんじゃん」みたいなツッコミをされてた。

着替えを済ませた3人が登場し、MCは相葉さんが今朝コンビニに寄ったときの話。
相葉さんの行くコンビニは感じのいいおばちゃんがいるところだそうで、
夏休みなので、子供たちがたくさんレジに並んでいたので、
おばちゃんは、「はい、おつりね」とか「まあ、ぴったりね」とか、
子供目線になって対応してあげていたらしい。
その流れで並んでいた相葉さんがマンガと一緒に5000円を出したら、
「まあ、あなた5000円も持ってるの」と子供が出したと思っておばちゃんがびっくりして
顔を上げたら相葉さんだったので、すごく恥ずかしそうにされてしまったと。
そこで自分もうまいことリアクションがとれなくて、申し訳なかったみたいなことを
言ってました。
松潤「ちゃんとリアクションしてあげないと」
キャプテン「まあ、朝だしね」

先に戻ってきたのはニノ。3人の話を聞きながら、脚の長い椅子の上に足まで乗せて
小さくなって座ってました。うらあらしが始まる直前に翔くんも帰ってきて、
椅子の背を前にして座ったので、「逆ですよ」とツッコまれ、「この方が座りやすい」と
言ってました。

で、うらあらしは「素晴らしき世界」
「ONLY LOVE」じゃなかったー。
就活で大変だったときに、ノートにこの歌詞を書いて、励みにして頑張りました。
というエピソードで。
ちゃんとフルコーラスで歌ってくれると思ってなかったので、嬉しかったです。
「This is a little song, a tiny song この手高く高く今舞い上がる〜」ってとこがね、
生で聴けてよかったなあと。

「LIFE」
僕たちの今を表した歌ですって言うので、ちゃんとモニタで歌詞を見ながら
聞いてたんですが、ニノが歌い上げるとこで歌詞間違えましたよ、多分。
上を見て手を顔で覆ってました(笑)。

うらあらしから座ってたんですが、「LIFE」もそのまま座って鑑賞。
うちわでパタパタあおぎながら、ふんぞり返って、なんか妙にリラックスしてしまって、
家でテレビ観てる感覚でした。コンサートって最初から最後まで突き抜けるイメージ
だったので、こんなゆるい場面もあるもんなんだなと関心してみたり。

「HERO」
歌った!

「Yabai-Yabai-Yabai」(松本さんソロ)
これは、タイミングというか、失敗したんですが。
その日の朝、記者会見観ちゃったんですよね。ネタばれもいいとこですよ。
なので、もっとびっくりしたかったんだけど、出来なかったー。
でも、松潤が落ちて来るところはやっぱり凄かったですわ。
「ヤバイヤバイ」いっぱい叫びました!

「Song for me」(キャプテンソロ)
印象は「Rain」や「TOP SECRET」とそんなに変わらないんですが、キャプテンの
ソロはなんか見逃さないようにというか、食い入るように真剣に観てしまいます。
私、今回気付いたんですけれど。キャプテンてやっぱり格好いいんですね。
あの、なんていうか。テレビではぽよんとしてるのに踊る姿を観たら度肝抜かれたとか
じゃなくて。普通に手を振りながら歩いている様を見ていて、
「この人、大人なんだなあ」と妙に納得しました。なんかね、貫禄があった。
落ち着きっぷりとか、身のこなしとか。
もしかしたら、単に疲れてただけかも知れないけど。
だからこのソロも見応えがありました。去って行く後ろ姿なんて、クールとしか言えん。

「Cry for you」
最初に出てくる仮面ふたりがにのあいだって知っていたので、最初からにのあいが
踊ってる姿を楽しんで観てました。しかし、火の出方が半端じゃなかったですね。
あれ、髪の毛がちりちりって焼けたりしないのかしら。
演出として、一番クオリティが高かったです。暗くなって緑色のビームがぶあーって
会場中に放射されて、かなり幻想的な感じもあったので、夢心地。
完全にのまれてしまったので、印象としてしか残ってないんですが、格好よかった。
多分、踊りも相当格好よかったはず。でも、全然覚えてないです。わー。
欲を言えば、全体的にこれくらいの演出のものが、
もう少しあったらよかったなと思います。

「言葉より大切なもの」
キャプテンの歌い出しがやっぱり「ん切り取ったー」ってなってたのだけ確認。
あとは大盛り上がり。翔くんが来て、たくさん煽ってくれたので、楽しかったー。

「君のために僕がいる」
基本的にいつもの感じで、途中、相葉さんがMADを紹介。
4人がはけて最後の方は相葉さんのソロ曲かのように歌うんですが、
この曲を相葉さんがひとりで歌うとイメージが全く変わることにびっくり。
違う曲とさえ言えるかも。新鮮だったなあ。サビの相葉さんの振りは最高。
あれはもう本当に最高。「頑張るさ♪」で腕が横になるところも、
「負けないのさ♪」でガッツポーズみたいにするところも、
あの人がやるといちいち可愛いのは、なぜ。
あと、いつもの振りをやる反対の手が斜めにまっすぐ伸びていているのもよかったな。

「PIKA★★NCHI」
「A・RA・SHI」
「サクラ咲ケ」
やっぱり、新曲に比べるとお客さんのレスポンスの完成度が違う(笑)。
「PIKA★★NCHI」はやっぱり踊って欲しいんですよね。なんで手振っちゃうかな。

MC 
コンサートの締めの挨拶。バカコンビはいつもの感じでコンサートスキスキ!
というような挨拶。翔くんが覚えてないんですが、ニノがやたらと長かったです。
嵐のコンサートでいっぱい笑顔になって楽しくなればいいみたいなことで、
来れば綺麗になれるよという流れで会場に向かって
「綺麗にしてやるよ」を何度も言ってました。
そのあと松潤がそれを受けて「今でも綺麗なんだよ?」と。湧かせてましたね。

「Be with you」
「Love so sweet」
ここからピンクスーツ。「Love so sweet」はまた大合唱でよかったなあ。
そうだ、多分「Be with you」のときの相葉さんが前髪を耳にかけてた!
今の相葉さん、髪の毛がモップみたいなんですよね。もうロン毛って言ってもいい。
それがこのときはちょっとぺたってなってたんですよ。

アンコール
黄色いTシャツで登場。
「We can make it!」
東京ドームの凱旋コンを思い出させる大きい旗振り。
「ファイトソング」
これが、5人の空中パフォーマンスで。5色のロープにひっかかって、
ぴょんぴょん跳ねて「痛い!痛い!」言いながら、熱唱。
相葉さんと翔くん、キャプテンとニノが天秤みたいなのの両端にぶら下がってて、
松潤はひとり。5人で楽しそうに「オイオイ」言いながら跳ねてる様が滑稽。
大宮が軽くて、ちょっと飛ぶだけで、結構上まで跳ね上がっちゃってました。
これが終わったあとだったと思うんですが、センターステから降りるときの大宮が
手を繋いでせえのでぴょんって降りてたのが可愛かったです。

「Happiness」
楽しかったことしか覚えてません…。

ダブルアンコール
「Future」
これも生で聴ける日が来てよかったですよ。翔くんちゃんと高速ラップ出来ててすごい。
ダブルの方だったかと思うんですが(いや、最初のアンコールか?)、出て来た松潤が
「まだやれんのかっ?」って客席を煽ったので、
みんな一生懸命「やるー」って叫んでるのに、全然伝わらん! 
みたいな感じでキレてました。
相葉さんに「悪役レスラーみたい」って言われてた。

これは絶対ダブルで出て来たときなんですが
松潤が「俺らこれからうたばんのトーク撮りなんだよ」って言ってました。
コンサート2回公演終えたあとに、下克上コントやるってキツそうですよね。

あれ、どこだったっけ。最後らへんで、キャプテンがセンター席に
勢い余って自分が巻いてた白いタオル放り投げたんですよね。
あれ、サイン色紙やボールなんかより、よっぽど貴重だったんじゃないかと。
私も見てて、なぜかテンション上がりましたもん。


あ、最後まで書けた! 

終わってから思ったことは、やっぱり横アリもう一回観たかったなあ、です。
私の夏、これでいったん終了ですよ。2ヶ月丸々空いて、次はドームです。
全部参戦し終わると、私の嵐コン経験は全部で4回になるんですが、
そのうちの3回がドームって一体…。でも、こうなったら嵐見れるなら何でもいいです。
早く10月になれーー。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
・ 無題
ようやく落ち着いてレポ読ませていただきました~!

>松潤ファンの私の連れも、「コンサートで相葉さんに落ちる人多いだろうな」
とつぶやいてました

ハイ!落ちました!姉妹で!WAVEのとこできてくれたのがあいばさんだったんですよ~。いやはやときめき過ぎて死ぬかと思いました実際。Rumyさん、ラキラキベイブなあいばさんを間近で見られたなんて!わお!!ですね。
キャプテンはことごとく逆方向だったんですよ…。アハ…。

Cry for youの最初のふたり(あれ仮面だったんですね)ってにのあいだったんですね~。ふむふむ。

ドームでは「太陽の世界」がもっともっと盛り上がるといいなーと思います。

チョビ URL 2007/08/03(Fri)17:33:21 編集
・ Re:無題/Rumy→チョビさん
どうも〜。
チョビさんのコンレポも読ませて頂きました。
大興奮のチョビさんに笑った。お疲れさまでした〜。

「WAVE」が相葉さん担当だったんですね。すごい羨ましい!
結構、滞在時間長かったですもんね。ああ、本当に羨ましい。
ときめき過ぎて死ぬかと思った? 
あの人の本領発揮にはビビりましたよ、私も。
妹さんにもよろしくお伝えください。相葉は凄かったデショ?って。
キャプテンが客席を降りて行く様は壮絶でしたね(笑)。

東京ドーム、きっと当たりますよ!
あれ、ファンクラブって入ったんでしたっけ?
私も席によっては、うちわ作りを真剣に考えようかな。
あれ、近ければ効果抜群なんですね。
でも、踊るときは邪魔なんだよなあ。置いたり持ったりが面倒くさい。

>ドームでは「太陽の世界」がもっともっと盛り上がるといいなーと思います。

本当に、そうですよね。「太陽の世界」があのままじゃ、
もったいない。アルバム曲も増えるといいな。
でも、まだ2ヶ月もあるう…。長い。
2007/08/03 23:45
・ よかったね!
渾身のコンレポ、お疲れさま&ありがと〜! すごい楽しませてもらった。読んでる私もわくわくしちゃいましたよ☆
生相葉ちゃん、至近距離で見られてよかった! そっか〜、半端ない破壊力の笑顔、最高ですね〜。メンバーはみんなキラッキラしてるんだろうなあ…。ほかのブログで読んだけど、相葉ちゃんの髪の毛はダス○ンのモップみたいだったって(笑)本当にそんなカンジ?
Rumyさんの「本当に存在してるんだー」ってとこ、おもしろいなあ。ライブ経験者でもそう思うんだ。私は実物見たことないから、私こそ本当にそう感じるかも。
生キャプテンも相葉ちゃんの次にカッコよかったでしょー! なんか、ライブDVDとか見ても、普段見る姿とまったく変わる気がする、あの方は。水を得た魚的な? 決して単に疲れていたわけじゃないはず(笑)
「太陽の世界」「WAVE」って、ライブで聞いてみたい曲だったけど、まだまだ進化中ってところでしょうか? でも、この曲にかぎらず、ドームまでにどう変わってるか、それも楽しみのひとつですね。

でも、コンレポ読んでると、こんなに近くで見られたかもしれない嵐が、ドームでは豆粒になっちゃうわけで、やっぱ複雑。でも「嵐見れるなら何でもいい」っていう前向きさ、Rumyさんいい! 前のコメントにあった「嵐がこれからどんな風に羽を広げていくのかな楽しみ。ちゃんとファンを抱きかかえて飛べるといいなあ」って、ホントいい表現。
ノコ 2007/08/02(Thu)18:39:00 編集
・ Re:よかったね!/Rumy→ノコさん
ノコさん、こんばんは!

無駄に長くてツボを書ききれないコンレポになりましたが、
読んで頂けて嬉しいです。
他のブログさんはもっとかいつまんで、嵐の良さを伝えてるので、
改めてすげえなあと思いましたよ。

>ほかのブログで読んだけど、相葉ちゃんの髪の毛はダス○ンのモップみたいだったって(笑)本当にそんなカンジ?

あ、そんな感じ。まさに。
伸びていく過程をみているので、そんなに違和感はないけれど、
いきなりあれを見た人は、もっと格好いい髪型にすればいいのに
と思うかも知れないですね。アダムはあれでいくのかなあ。

>「本当に存在してるんだー」

って、この先、何度見てもそう思うような気がします。
あまりにテレビで見過ぎているので、会場のモニタに映っている
彼らの方が親しみがあったのが面白かったです。

キャプテンの佇まいは新たな発見でよかったです。
分かっているつもりだったけれど、改めで肌で感じたというか。
コンレポにも書いたけれど、本当に貫禄があったんですよ。
ただ歩いてるだけのときにね。

>「太陽の世界」「WAVE」って、ライブで聞いてみたい曲だったけど、まだまだ進化中ってところでしょうか? 

どうなんでしょうね。でもそう思ったファンの方がきっと
多いはずだから、その声が反映されるといいなと思います。
ドームに期待!

ノコさんは京セラ、チャレンジするんですか?
例え、豆粒だったとしても、絶対に楽しいはずですよ。
2007/08/03 02:25
・ アメリカ人
お疲れ=!!
松潤、アメリカ人発言に爆笑です!
一気に書き上げたRumyさんに賞賛の嵐(!)を贈ります!!
そういえば北でも「うらあらし」の時、櫻井君、椅子の背を前にしていましたよ〜やっぱりレポ読むと思い出すね。でも「うらあらし」はもう書いちゃったから追記しない(笑)
相葉さんは、素直にカワイイって言えるからいい。ホントにカワイイもの。彼を見ると幸せになります。
近くで見れてよかったね!!
次はドームだ!!
朝寝 URL 2007/08/02(Thu)00:44:34 編集
・ Re:アメリカ人/Rumy→朝寝さん
朝寝さん、ありがとう!
私、コンレポ書けました(泣)!
完成度とかはともかく、書けた奇跡に満足!

>松潤、アメリカ人発言に爆笑です!

そんな感じするでしょう?
ちょっとくねっとした感じとか、リアクションが。

>相葉さんは、素直にカワイイって言えるからいい。ホントにカワイイもの。彼を見ると幸せになります。

改めて、あの人の笑顔はひとつの才能として
認めてやりたくなりました。すごかったもの。
2007/08/03 01:54
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09