忍者ブログ
ハイケイ、アイバマサキサマ。ソシテ、シンアイナルアラシノミナサマヘ。
3  4  5  6  7  8  9 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コンビ萌えって言葉がありますけれど、私はそういうのはあんまりないんです。
ないっていうか、そして萌えっていうか、全部好き。どのコンビも好き。
相葉軸で言えば、泣き虫さんも櫻葉もバカコンビ(←勝手に呼んでます)も
それぞれ、よろしい。見ていて楽しい。

でもね、なぜかにのあいは別格って思えるのはなんなんでしょうか。

彼らがひとくくりにされる理由のひとつにジュニア時代から仲が良くて、
ふたりの間には歴史があるっていう点が挙げられると思うのですが、
そういう意味では長年ファンでいらっしゃる方々が
「やっぱりにのあいだよね」って言うのなら納得が出来る。
なのに、そうではない、最近はニノといえば隣にいるのは絶対にキャプテン
っていう光景しかほとんど観ていないファン歴の浅いわたくしなどでも、
なぜか、大宮をさしおいてニノといえばやっぱり相葉さんという視点を
持ってしまうのは、どうして。

この話をしようと思ったきっかけは本日のゲームニッキ931なんですが。
ニノが相葉さんと「ご飯を食べに行った」という話を聞くだけで
なぜかテンションが上がる。
でも、もし相葉さんが「昨日、ニノとご飯食べに行った」と発言したとして、
テンション上がるかって考えると、多分そうでもないんですよね。
ニノ発信なところにポイントがあるのではないかと思って。

もしかしたら、にのあいって、ふたりそのものがいいっていうより、
相葉さんを好きなニノが可愛いのかな。相葉ありきの、実はニノ萌えなのか?
いや、それよりもニノと自分が同じ位置にいるっていうことの面白さがいいのかな。
アイバカ同士だから(笑)。

普段、ニノは誰よりも相葉さんに対して厳しい。突っ込みも態度も。
でも、あの厳しい突っ込みが何よりも相葉さんを輝かせている素晴らしさ。
それが歴史と愛があるゆえだと思うと、ちょっと感動すら覚えます。
歴史とか勝手に言ってますけど、付き合いが長いからって、
本人たちにとっては別に意味ないかも知れないのにね。

これはカンペキ妄想ですが、ニノとキャプテンて熟年カップルみたいに見える。
お互い大人になってからの付き合いだから、簡単にケンカとかもしないの。
でも、ニノと相葉さんは幼なじみだから、他愛もないことですぐケンカする。
だから、今でもちょっと素直になれない感じがある。
(実際は別にケンカなんかしてないだろうけれど)
その素直になれない感じがニノの「相葉さん」て呼び方に表れているような
気がして、だから私はニノの「相葉さん」が好きなんですよねえ。

あら、この記事はどちらのカテゴリにしよう?
結論から考えて「二宮和也」の方だな。うん。
「どれだけ居ても足りない」ニノのアイバカに一票!
PR
ニノどーん、CUT表紙。
もはや、この雑誌で嵐をみかけることにそう感動も覚えなくなったこの頃。
ジャニーズファンという視点では、ちょっと珍しい感覚です。
普通は出ないって。

ひっぱります。『硫黄島からの手紙』まだやるかって。
映画館で観たのは、果たして何月のことだったか。DVDがレンタルされ始めて、
何ヶ月が経ったのか、忘れてしまうくらい。

もう『硫黄島からの手紙』のニノがよかったとかじゃないんですよね。
世間は二宮和也そのものに関心を抱いているから、いまだに特集が組まれる。
そして、そうなる種となる発言を吐いたのは二宮さん本人ですから、
こりゃ、頑張るしかないです。

相葉さん舞台に踊らされて、すっかり買い忘れるところだったのを
ちゃんと思い出した自分、えらいぞ。

「アイドルって何?」というテーマが様々なメディアで持ち上げられたのもすべて、
ニノがベルリン国際映画祭での記者会見で発言した、今となっては名セリフが
端を発したことだと、私は思っていますし、多分そうなんだろうと思います。

私もニノの『情熱大陸』には相当踊らされたクチですので、
あんまりえらそうなことは言えませんが、アイドル論はこのへんでそろそろ
終わりにしてもいいかなあ、という気分になってきた。
いや、相当燃えたんですけどね。嵐で展開されるアイドル論って流れは好きでした。
そのときブログをやっていたら、色々書いただろうな。
でも、その結論もいよいよ今回の『CUT』で明確に提示されたようです。
「こんだけ普通の人たちがこんなことやるなんてすごいな」って思ってもらうのが
最終目標だって。よし、それで決まりだ!

今回の記事で面白かったのは、ニノに対する質問の答えがすべて「嵐」に
帰結していること。インタビュアは今回はあくまでニノの特集だということで、
ニノがばんばん投げつける「嵐」攻撃を、全部スルーで返していること。
そして、そのインタビュアは実は「嵐」の大ファンだということ。
なんか、二人とも本当は『硫黄島』の話はもういいよねー、てアイコンタクトしてそう
とか勝手に想像してしまって(笑)。

ニノ個人の仕事で垣間みれる、嵐の宣伝切り込み隊長っぷりが大好きです。
いいぞもっとやれ、と思って見ている。
本人も言っているけれど、ニノがこうやってたくさん評価されればされる程、
例え、単語だけだったとしても「嵐」を知らざるを得ないっていう、
素晴らしいルートが出来上がっている。その点において本人も満足しているようで、
私はこういうときに、ニノってなんて可愛いやつなんだと思うんですよ。

ところで「一般的な人が、ある時、ある場所になると神格化される…それがアイドル」
って件で、真っ先に思い浮かんだのがキャプテンだって人多いと思う!
今日はニノが bay fm に一日中出ているらしい、ということで。

早く帰宅出来たので、ちょっと聞いてみるかと
ラジオを付けたところ、ちょうど「BAY LINE 7300」
という番組の終盤で、嵐の曲リクエストNO.1 を発表する瞬間でした。

私の予想は「Love so sweet 」一番メジャーだから。
だって、普通のラジオのリクエストですから、
ファンでない、一般の方もたくさん聞いてますもんね。
しかし、結果は「ファイトソング」おう、一番マイナーだ、そしてマニアック。
いや、マイナーっていうか。もちろんいい曲ですけれど、
他にもなんかあったんじゃないかって思って。NO.1 て、ねえ。

この番組は16時からやっていたみたいで、
他にもたくさんの嵐の曲が流れたみたいですよ。
宣伝ラジオって大変だなあ、数が半端ないですよね。
キャプテンなんか、これから狂ったようにラジオ出演あるし。
さすがに追いきれません。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
■管理人:Rumy
■メールフォーム
■「アイバデンゴン」Twitter版

<今後の予定>
あなたにとってどうかな。
カテゴリー
最新コメント
[12/31 雪粉]
[12/29 takako]
[12/29 雅愛]
[12/26 みほ]
[12/26 さゆり]
[12/26 夏利]
[08/20 Roxie]
[08/09 雅愛]
アクセス解析
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
"Rumy" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2020-011 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 12 next 02